映画情報どっとこむ ralph 10月2日(金)より公開中の『劇場版BEM〜BECOMEHUMAN〜』の公開記念舞台挨拶が10月9日(金)、東京・新宿の新宿バルト9にて開催され、TVシリーズから引き続きヒロインのソニア役を演じた内田真礼、劇場版オリジナルキャラクターでベムの親友・バージェス役を演じた宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、そして同じく劇場版オリジナルキャラクターでベムとバージェスの上司であるマンストール役を演じた山寺宏一が登壇。さらに、アニメ声優初挑戦となった宮田さんを指導した“師匠”である浪川大輔さんからの手紙が届けられるというサプライズもあり、会場は大きな盛り上がりを見せた。
映画情報どっとこむ ralph 久々の生の観客を前にしての舞台挨拶とあって、宮田さんはゴキゲン。
新型コロナウイルスの影響で声援を送ることはできない中で、名前入りのボードを掲げるファンの姿に「僕の姫たち、ありがとう︕」と満面の笑みを浮かべる。実は、宮田さんは数日前にこのバルト9に観客として足を運び作品を鑑賞したそうで「初めてアニメに携わって、僕の声がアニメから聞こえてくることに、まだ違和感があって、恥ずかしくなって、一人で顔を隠してました…(笑)」と照れ臭そうに告白。「ちゃんと作品の一部になれていましたか?」という宮田さんの問いかけに観客は大きな拍手で応え、これには宮田さんもホッとした様子だった。山寺さんは、「まず無事に公開を迎えたことをうれしく思います」と喜びを口にし「本当は今年、ドームツアーをする予定だったんですけど…」とボケて、宮田さんから「それ、キスマイです︕」と突っ込まれるなど、息の合った掛け合いで会場を笑いに包む。

内田さんは自身が演じたソニアについて「妖怪側の主人公がベムだとしたら、ソニアは人間側の主人公だと思って歩んできた」と強い思いを口にし、劇場版の“結末”について「まさか、その感情で交差するとは…」と自身にとっても大きな驚きであったことを明かす。そのシーンでソニアが口にする「はい」というセリフについても言及し「(監督から)『プロポーズを受け取る気持ちで言ってくれ』と言われて、そういう気持ちなんですねと衝撃を受けました。妖怪人間と人間の道――ひとつの正解を描けたのかなという気もしていて、幸せのような、もどかしいような気持ちです」と心情を語った。宮田さんは、「戦いのシーンがすごく難しかった」と述懐。特に最後に“親友”のベム、に対して発するセリフについて「バージェスが一番軽薄に見えるポイントだなと思って、あのひとことはどのテンションなのか︖監督にも相談して、やった結果があれでした」と振り返ったが、山寺さんは「素晴らしかったです︕すごく印象に残っています」と激賞する。

また宮田さんが“変身”したバージェスについて「股間がツルツルで…(笑)」と語ると、山寺さんは「実写化する可能性もあるからね。宮田くん、やるでしょ︖」と振り、宮田さんは「なるほど、僕もツルツルにしないといけないってことですか(笑)︖」と返し、会場は再び笑いに包まれた。また、山寺さんは自身の演じたマンストールというキャラクターが果たす重要な役割についても「びっくりしました︕僕は最初に『妖怪人間ベム』を見たのは小1でしたが、まさか……。あの時の僕には知る由もなかったです」と感慨深げに語っていた。

改めて、アニメ声優初挑戦となった宮田さんの演技について尋ねると、内田さんは「最初にPVでお声を聴いて、『これが宮田さんなんだ!?』と上手でびっくりしました。ナチュラルにこの『BEM』の世界になじんでいらして、すごいなと。バージェスという軽薄なキャラクターを、真面目で誠実な宮田さんがやられているということが、本当に勉強されたんだなというのが感じられて感動しています」と絶賛。宮田さんは最初に内田さんのアフレコの様子を見学に⾏った際の様子を明かし「うわ、本物の“まれいたそ”だ︕って思った(笑)」と完全にアニメファンの顔で語りつつ「アフレコ姿を見て、この人はプロだ、職人だ、すげぇ︕って思いました」とプロの声優の演技に圧倒されたよう。また山寺さんは、宮田さんについて「バージェスのあのノリってすごく難しいと思うんです。裏にいろんなものを抱えていて。でも宮田くんは明るさと二面性を軽やかに出していて、素晴らしかった」と称え「実写はやっぱり本人でやってほしい(笑)︕」とリクエストしていた。

映画情報どっとこむ ralph さらに、この日は完全サプライズで、宮田さんが収録前にレッスンに通い、師事していたという声優の浪川大輔さんからの手紙が届けられる。

手紙の中で浪川さんは「宮田くんは、常に真面目で素直で好奇心が旺盛で、そして笑顔がかわいい︕アフレコにとって、キャラクターを生かすことは大事なことです。まさに自我を消すこと。これは難しいのですが、宮田くんの本気のアニメ愛で難なくクリア。吸収力がすごかった。その取り組む姿勢にこちらがたくさんのことを教えてもらいました」
と称賛の言葉を並べる。

嬉しいプレゼントに宮田さんは驚きと喜びの表情を浮かべ「去年の12月ごろ、浪川さんのところに通わせていただいたんですが、キスマイも忙しい時期で、わがままを言って『23時からお願いできませんか︖』とか言っても『いいよ、いいよ』と夜中まで付き合ってくださっていろいろ教えてくださいました。いつか師匠ともアニメで一緒にできたらいいなという話をしてたんですが、こんな形でコメントをいただきありがとうございます」と感謝の思いを口にした。

山寺さんは「この売れっ子が初めてやるからってそこまで…そんなエピソード聞いたことないですよ︕」と宮田さんの真摯な姿勢を絶賛する。宮田さんは「『宮田がいない⽅がよかった』と言われるくらいなら、無理してでも作品の一部にならないといやだなと。頑固なんです」と照れ臭そうに語る。そして「みなさんが劇場に来て、見てくださることが嬉しいし、スタッフさん、内田さんや山寺さんが良かったと言ってくださることが本当に幸せです。あとはこの『BEM』という作品が大ヒットして、もっともっと日本中のみんなが見てくれたら何より幸せです︕」としっかりと作品をアピール。温かい拍手の中、舞台挨拶は幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 壮大なスケールで描かれた”妖怪人間最終章”

映画『劇場版BEM~BECOME HUMAN~』

ストーリー
リブラシティの事件から2年。行方不明となったベムたち妖怪人間の行方を探し続けていた刑事・ソニアは、目撃情報を元に「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのは、逞しく成長し、たった一人で悪と戦い続けるベロ、戦いを拒み、普通の女の子としての暮らしを望むベラ、そして、ベムにそっくりな姿の”ベルム”という男だった・・・。ベルムは、自分のことをベムと呼ぶソニアとの接触以来、毎夜、悪夢にうなされることになる。愛する妻と子どもに囲まれた暖かい家庭。優しい街の人々とのいつもの交流。気の置けない同僚と、やりがいのある仕事。そんな自分にとってごく普通の、変わらないはずの日常が音を立てて崩れ落ちていく―。「俺は一体、誰なんだ・・・?」 彼らの運命はすれ違い、交錯し、やがて妖怪人間誕生の秘密へと繋がる。長年抱いていた夢の答え。果たして妖怪人間が選び取った未来とは・・・!?
劇場版BEM~BECOME HUMAN~

***********************************

【キャスト】
ベム:小西克幸/ベラ:M・A・O/ベロ:小野賢章/ソニア:内田真礼/ウッズ:乃村健次/Dr.リサイクル:諏訪部順一/ドラコ:高木渉/グレタ:伊藤静/エマ:水樹奈々/バージェス:宮田俊哉(Kis-My-Ft2)/マンストール:山寺宏一

【スタッフ】
原作:ADK エモーションズ 監督:博史池畠 脚本:冨岡淳広 キャラクター原案:村田蓮爾
キャラクターデザイン・総作画監督:松本美乃 モンスターデザイン:関川成人 色彩設計:竹田由香
美術監督:金子雄司 CG ディレクター:磯部兼士 ビジュアルエフェクト:森川万貴 編集:村上義典
音響監督:亀山俊樹 音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS 未知瑠
主題歌:「unforever」 歌:りぶ 作詞・作曲・編曲:TK(凛として時雨)
音楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G
配給:クロックワークス

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ