映画情報どっとこむ ralph 前回YIDFF 2019では、8日間で176本の作品が上映され、のべ2,2000人以上の観客が訪れました。世界の最新長編ドキュメンタリーを集めたインターナショナル・コンペティションでは、中国のワン・ビン監督による8時間を超える大作『死霊魂』がYIDFF史上初めてロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)と市民賞(観客賞)をW受賞し話題を呼びました。

『死霊魂』を始め、『セノーテ』(監督:小田香/アジア千波万波)、『アリ地獄天国』(監督:土屋トカチ/日本プログラム)、『さらばわが愛、北朝鮮』(監督:キム・ソヨン/特集プログラム「二重の影 2」)など、多くの作品がYIDFF上映を機に全国の劇場で公開されています。

山形国際ドキュメンタリー映画祭は、山形市で隔年開催されるドキュメンタリー映画に焦点を当てた国際映画祭です。1989年の開始以来、世界最先端の映像作品を国内に紹介するとともに、日本をはじめアジアの新進作家を世界に輩出してきました。世界中から集う人と映画の交流の場を作ることにより、映像文化が持つ新たな可能性の開拓と作り手の支援を目指しています

山形国際ドキュメンタリー映画祭2021
2021年 10月7日[木]~10月14日[木]【8日間】
www.yidff.jp

映画情報どっとこむ ralph メインプログラムとなる2つのコンペティション部門について、2020

年11月1日より作品募集を開始いたします。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、例年より2ヶ月遅い募集開始となりました。
 募集するのは、世界の最新長編ドキュメンタリーを対象としたインターナショナル・コンペティションと、長短編問わずアジア圏の新進作家および作品を対象としたアジア千波万波の2部門です。 前回2019年の開催では、2部門合わせて130の国と地域から2,371作品の応募があり(応募国数・作品数ともに過去最多)、その中から選考の結果、インターナショナル・コンペティションでは15作品、アジア千波万波では21作品が上映されました。 この度、YIDFF 2021 の開催と作品募集を告知するためにティーザーポスターを製作しました。ポスターのデザインは、東北芸術工科大学の3年生有志65人が制作に取り組み、そのうちの6作品について映画祭事務局と当法人理事によって審査を行った結果、グラフィックデザイン学科3年の高山珠名(たかやますずな)さんの作品に決定いたしました。
 このデザインはポスターの他、公式サイトなどでも使用されます。ポスターは800枚印刷され、国内外の映画館、映画祭、文化施設等に発送されます。

【山形国際ドキュメンタリー映画祭 2021 作品募集】
◆日程
インターナショナル・コンペティション
2020年11月1日~2021年4月15日
アジア千波万波
2020年11月1日~2021年5月15日
◆応募方法
映画祭公式サイト(http://www.yidff.jp)よりオンラインでエントリーフォームを提出
※応募規約・フォーム、応募方法の詳細は11月1日より公式サイト上で公開

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ