映画情報どっとこむ ralph この度、『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』の公開に先駆け、TV アニメ『BEM』振り返りPVを解禁。

10/2 に公開となります『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』は「妖怪人間ベム」生誕50周年を記念し、原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも全く新しい解釈を施し、舞台設定やキャラクターを大胆に変更して、2019年に制作・放送されたTVアニメ版から2年後の世界を描いています。

今回の劇場版は、冒頭にTV アニメ版の内容を簡単に振り返る部分があり、TV アニメ版をご覧になっていない⽅でも⼗分に楽しめるものとなっておりますが、TV アニメ版を知れば、より深く劇場版をお楽しみ頂けるのは間違いありません。そのため、約2分で、TV アニメ全12話分を振り返ることができるPVが解禁。

振り返りPV︓

1968年にテレビ放送が開始された「妖怪人間ベム」は、ダークで不思議な世界観と個性的なキャラクターで圧倒的なインパクトを残し、怪奇アニメの金字塔として人気を博しました。劇場版では第一作でベム役を務めた小林清志氏がナレーションを務めており、PV の冒頭でも「それは、いつ生まれたのか誰も知らない」から始まる、妖怪人間が誕生し形成されていく様子を語ります。

TV アニメ『BEM』の振り返りでは椎名林檎さんプロデュース、坂本真綾さんが歌うジャズアレンジのOP主題歌、および降谷建志さんプロデュース、JUNNA さんが歌うED主題歌にのせて、港湾都市リブラシティを舞台に頻発する怪事件の解決に挑むソニアや、「人間になりたい」という願いのために人間を助け、時に人間との関係に葛藤するベム・ベラ・ベロの様子が描かれます。彼らが行方不明になる原因となったリブラシティを裏で操る「見えざる議会」の妖怪人間ベガとの激しい戦闘シーン、ベムたちとソニアとの信頼関係が垣間見えるシーンにも注目です。

『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』では記憶を失ったベムが人間として生活している様子が描かれます。何が原因で妖怪人間だったことを忘れているのか、行方不明だった2年間に何があったのか、そして謎の男・バージェスは一体何者なのか︖

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』

2020年10月2日(金)全国ロードショー


公式サイト:https://newbem.jp/2020_mv/
公式 Twitter:@newbem2019

【ストーリー】
リブラシティの事件から2 年。行方不明となったベムたち妖怪人間の行方を探し続けていた刑事・ソニアは、目撃情報を元に「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのは、逞しく成長し、たった一人で悪と戦い続けるベロ、戦いを拒み、普通の⼥の子としての暮らしを望むベラ、そして、ベムにそっくりな姿の”ベルム”という男だった・・・。 ベルムは、自分のことをベムと呼ぶソニアとの接触以来、毎夜、悪夢にうなされることになる。愛する妻と子どもに囲まれた暖 かい家庭。優しい街の人々とのいつもの交流。気の置けない同僚と、やりがいのある仕事。そんな、自分にとってごく普通の、 変わらないはずの日常が、音を立てて崩れ落ちていく―。「俺は一体、誰なんだ・・・?」 彼らの運命はすれ違い、交錯し、やがて妖怪人間誕生の秘密へと繋がる。長年抱いていた夢の答え。果たして妖怪人間が 選び取った未来とは・・・!?

***********************************

【スタッフ】
原作:ADK エモーションズ 監督:博史池畠 脚本:冨岡淳広 キャラクター原案:村⽥蓮爾
キャラクターデザイン・総作画監督:松本美乃 モンスターデザイン:関川成人 ⾊彩設計:⽵⽥由⾹
美術監督:金子雄司 CG ディレクター:磯部兼⼠ ビジュアルエフェクト:森川万貴 編集:村上義典
音響監督:⻲⼭俊樹 音楽:SOIL&”PIMP”SESSIONS 未知瑠
主題歌:「unforever」 歌:りぶ 作詞・作曲・編曲:TK(凛として時⾬)
音楽制作:フライングドッグ 制作:Production I.G 配給:クロックワークス
©ADK EM/劇場版BEM製作委員会

【キャスト】
ベム:小西克幸 / ベラ:M・A・O / ベロ:小野賢章
ソニア:内⽥真礼 / ウッズ:乃村健次 / Dr.リサイクル:諏訪部順一
ドラコ:⾼⽊渉 / グレタ:伊藤静 / エマ:⽔樹奈々 / バージェス:宮⽥俊哉(Kis-My-Ft2)
マンストール:⼭寺宏一

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ