映画情報どっとこむ ralph 1980~90 年代に若者たちのリアルな恋や友情を描く マンガを数多く生み出し、
今も尚、熱狂的なファンを持つ漫画家・岡崎京子が 1989 年に刊行した同名作品を原作にした、映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』。

脚本・監督は瀬田なつき。W主演に今最も注目の二人、山田杏奈&鈴木仁をむかえ未来へ向かって移り変わっていく東京の街を舞台に、喜びと不安を抱えつつも「今」を生きる若者たちを、ファンタジックでポップな世界観で映画化。2020年11月6日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開です!

この度、待望のメインビジュアルが公開となりました!

この度解禁となったメインビジュアルは、6月より公開されてきた、WEBビジュアル第一弾、第二弾で描かれた、”夜から朝へ移ろう東京の街”の中で、主人公のハルコとケンイチが過していく時間を感じさせるビジュアルです。。澄み切った空に高層ビルが伸びていく、”創りかけの街”を舞台に、二人が描く平行線の恋はどのような物語を生み出すのか、期待が高まるビジュアルとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 映画 『ジオラマボーイ・パノラマガール 』
映画『ジオラマボーイ・パノラマガール』

成長するだけじゃ、オトナになれない。
時代が、街が変わっても、「好き」の気持ちは、しぶとく残る。
——恋するふたりの小さな助走の物語

【STORY】
東京に住む平坦で平凡な高校生・渋谷ハルコ、16 歳。ある夜、橋の上で倒れていた神奈川ケンイチにひとめぼれする。“世紀の恋”だとはしゃぐハルコに対して、真面目でおとなしげなケンイチは、受験目前、衝動的に学校を辞めてしまいそれどころではない。さらに、勢
いでナンパした危険な香りのする女の子・マユミに夢中になっていく。二人の平行線の恋はどこへ行くのか。友だちや家族や自分、悩みもがく少年少女の刹那的な視線を切り取った、恋と成長の物語。

***********************************

脚本・監督:瀬田なつき 原作:岡崎京子『ジオラマボーイ・パノラマガール』(マガジンハウス刊)
出演:山田杏奈 鈴木仁/滝澤エリカ 若杉凩 平田空 持田唯颯 きいた 遊屋慎太郎/斉藤陽一郎 黒田大輔/成海璃子 森田望智/大塚寧々
企画・製作プロダクション:オフィス・シロウズ 配給:イオンエンターテイメント boid
文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会
2020 年/日本/105 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル
© 2020 岡崎京子/「ジオラマボーイ・パノラマガール」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ