映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭2020が9月18日(金)~22日(火・祝)までの5日間の開祭を終え、閉幕を迎えました。

新型コロナウイルスによる影響が懸念される中の開催でしたが、感染症対策を十分に行うことにより、4000名様を超える来場者を迎えることが出来、初の試みとなるオンラインプログラムでは20万近い反響がありました。

9月22日(火・祝)、クロージングセレモニーが奈良市ならまちセンター市民ホールで行われ、本映画祭における各賞受賞者発表されました。

最高賞「ゴールデンSHIKA賞」には『エンド オブ ラブ』、「観客賞」に『ビクティム(たち)』。そして今回より新設された「俳優賞」は『シヤボンガ』のシヤボンガ・マジョーラ、となりました。今回、インターナショナルコンペティション部門とNARA-waveにおいて受賞した監督には、「NARAtive」の企画提案権利が与えられ、採用されれば次回の映画祭で「NARAtive」作品の監督権利が与えられます。

フィナーレには中野聖子理事長と河瀨直美エグゼクティブディレクターが登壇し映画祭を締めくくりました。
 

映画情報どっとこむ ralph 『なら国際映画祭2020』受賞結果
インターナショナルコンペティション
■最優秀賞「ゴールデンSHIKA賞」
『エンド オブ ラブ』監督:ケレン・ベン・ラファエル

■「観客賞」:『ビクティム(たち)』監督:レイラ・ジューチン・ジー
■「俳優賞」:『シヤボンガ』シヤボンガ・マジョーラ
■「審査員特別賞」:「栗の森のものがたり』
監督:グレゴル・ボジッチ
 
学生映画部門:NARA‐wave
■最優秀賞「ゴールデンKOJIKA賞」『漂流』
監督:アルヴィン・リー

■「観客賞」:『ROLL』監督:村瀬大智
■「俳優賞」:『ラニー』アイリーン・リュウ

NIFFユース審査員プログラム
■長編部門:ベルリナーレ・スポットライト-ジェネレーション最優秀賞
「クリスタルSHIKA賞」:
『ロス・ロボス』
監督:サミュエル・キシ・レオポ

■短編部門:SSFF & ASIA セレクション最優秀賞「クリスタルSHIKA賞」:
『サイレント・チャイルド』
監督:クリス・オーバートン

映画情報どっとこむ ralph 『なら国際映画祭2020』動員数

会場観客動員数:4100 名
オンライン上映及びライブ配信視聴者数:35,350 名
各種SNSアカウントでの動画視聴者数:160,000 名
総参加者数 199,450 名

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ