映画情報どっとこむ ralph 役者を目指す全ての人に「学び」と「チャンス」を提供するため、山田孝之、阿部進之介、伊藤主税(and pictures)らが発起人となり、2017年にスタートしたサービス「MIRRORLIAR」。これまで様々な監督・脚本家の方々をはじめ、たくさんの方々の協力のもと日本の映画界、俳優界に新たな提示をしてきました。

新たな企画として立ち上げることとなったのは、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し映画を作り上げるプロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)!年齢・職業問わず多くの方たちに映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、一流監督から一般クリエイターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作し、1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開いたします!シーズン2、3、4と3ヶ月ごとに公開していき、4シーズン公開後には映画祭を開催。グランプリ作品に500万円の賞金を贈呈します。

この度、9月16日(水)に『MIRRORLIAR FILMS』プロジェクト発表記者会見を実施いたしました。

会見には、本プロジェクトの幹事の一人である伊藤主税(and pictures)、運営メンバーの一人である山田孝之、同じく運営メンバーの一人である阿部進之介、幹事の一人である関根佑介(Fogg)、運営メンバーの一人である松田一輝(KOUEN)、配給を担当する小金澤剛康(イオンエンターテイメント)が登壇。伊藤氏よりプロジェクトの詳細が説明された後、映画全36本の作品の中には、著名な俳優・映画監督24名によるオリジナル作品も含まれること、そしてその中から、今回12名の発表が行われました。

賛同企業として、ソニー株式会社やクラウドファンディイングでも有名な株式会社キャンプファイヤーも名を連ねる本プロジェクト。
ソニーからは、撮影機材の貸し出しを一般向けに行うことやキャンプファイヤーからは、特設ページの作成や資金調達しやすい環境づくりなどの
協力を得ることも発表されました。その後は、マスコミからの質疑応答も行われるなど、大きな注目を浴びる会見となりました。

『MIRRORLIAR FILMS』 プロジェクト発表記者会見
日時:9月16日(水) 
場所:東京国際フォーラム [ホールD5]
登壇:伊藤主税(and pictures)、山田孝之、阿部進之介、関根佑介(Fogg)、松田一輝(KOUEN)、小金澤剛康(イオンエンターテイメント) 

映画情報どっとこむ ralph この日は36 名の参加監督のうち、12名の参加監督の名前が山田から発表された。
そのメンバーは阿部進之介(初監督)、安藤政信(初監督)、井樫彩、紀里谷和明、志尊淳(初監督)、柴咲コウ(初監督)、野崎浩貴(映画初監督)、福永壮志、藤井道人、水川あさみ(初監督)、山下敦弘、山田孝之とサプライズな顔ぶれ。

山田は「日常で気軽にSNSで動画を撮って公開するというサイクルは現代に根付いているので、そこにストーリーを作って撮ってみる。
映画作りを気軽に身近に感じてほしい。主婦の方が『500万円撮りましょうよ、奥さん!』みたいなこともあると思う。
動画を撮ってみんなが楽しんでくれたら」とさらなるエントリーに期待。

山田にとっては2021年公開の映画『ゾッキ』に続く監督業だが「僕は運営側なので賞金はもらえないけれど、何でもやってやろうという感じです。まだ何を撮るかは決めていませんが、上映時間や予算などの制限があるからこそ、アイデアで乗り越えて面白い刺激的な作品を作りたい」と意気込み。

監督業初挑戦の俳優陣には「カメラの前と後ろでは違うものがあるので、それを感じてもらいたい。
俳優をやっていく中でも監督の立場や苦労を知るのは大切な事。そこに気づいてもらって、映画愛がより強くなることを期待しています」と実感を込めながら呼びかけた。

キャスティングについて聞かれると「僕とこの人かなぁ?というイメージはあったものの、
短編を撮るほかの監督から『孝之、出てよ』と言われている。その全部に応えて山田孝之だらけの映画祭になったら悲惨なので、逆に自分の作品には出ないで別の監督をキャスティングしてやろうかなと。普段芝居をしない監督に芝居をさせるのも面白そう」

と構想は広がるばかりだ。

映画情報どっとこむ ralph
一方、監督初挑戦の阿部は「まだ撮影は始まっていませんが、僕自身ワクワクします。この世に存在していない映画をゼロから作る喜びがある」と声を弾ませながら「どんな内容か?それは…秘密です!」とニヤリ。エントリーする人々に向けて「新たな才能の出現も楽しみ。これから映像表現をしようとする方々は僕らの仲間です。映画というものを一緒に盛り上げることができたら」とエールを送った。

今回のプロジェクトの狙いについて山田は「子供たちの将来の夢がYouTuberという今の時代の変化を感じる中で、劇場で観る映画の素晴らしさを知ってもらう数を増やしたい。今の時代は短い映像に慣れているので、短編は合致している。それを劇場で観てもらって、映画っていいじゃん!と思ってもらえれば」と説明。

伊藤は「一人でも多くの方に映画作りの面白さを体験してもらいたい。それを劇場で観てもらうことに意味がある。若い世代が映画に触れあってほしい」と熱弁。関根は「映画を作るきっかけを作り、数が増えることによって誰かに刺さる作品が生まれる。劇場公開というゴールを用意して映画作りに触れるきっかけを作る。それこそが映画ならではの面白さ」とプロジェクトに賛同。

松田も「SNSを利用している若い世代に、仲間たちと考えて映画を作るきっかけを与えたい」、小金澤は「完成形をイメージした時に面白そうだと思ったし、観客に自分も作ってみたいと思わせる可能性も高い。今回のプロジェクトは映画業界全体の希望。長いスパンで続けられるプロジェクトでもある」と魅力を語った。

最後に阿部は「映画を撮ってみようかな、と思った瞬間からあなたも映画監督です!仲間が増えることを楽しみにしているし、刺激し合えたら」と挑戦者を募集。山田も「ネガティブでもポジティブでもいい。表現を吐き出す場として今回のプロジェクトが確立されたら面白くなるはず。ネタを探してどんどん短編映画を撮って、エントリーしてほしい」と未来の映画監督たちに呼びかけた。

映画情報どっとこむ ralph 『MIRRORLIAR FILMS』

1stシーズン2021年夏 全国公開予定(全4シーズン)

『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)とは
俳優のためのプラットフォームサービス「MIRRORLIAR (ミラーライアー)」が2020年に「MIRRORLIAR Films」と題し、 1作品5分以上15分以内に収めたショートフィルムを制作しオムニバス上映を行います。
現在、オムニバス上映作品に含まれるショートフィルムの一般公募を実施。
作品は2021年春よりシーズンごとに年4回全国50館以上で上映予定となっており、上映後は海外を含む配信も予定しております。

コンセプト
役者や監督などの垣根を超え、誰もが自由に映像作品を創れる環境を目指し、一般公募したショートフィルムのオムニバス上映を実施します。これにより多くの人にチャンスを提供する事ができ、年齢や性別、職業に関係なく映画を撮影することにより、映画人口を増やし、映画業界全体の活性化を図るプロジェクトです。

ショートフィルム募集概要
MIRRORLIAR内で「変化」をテーマに作品を募り、撮影された作品をミラーライアー運営チームが選定。
2021年春よりシーズンごとに年4回全国50館以上で上映予定。
作品内容やジャンル、プロ・アマチュア、他映画祭での受賞歴を問わず、幅広く募集しております。
https://mirrorliar.com/

***********************************

配給:イオンエンターテイメント
©2021 MIRRORLIAR FILMS PROJECT
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ