映画情報どっとこむ ralph 『喜劇 愛妻物語』の監督である足立紳が、“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。
足立監督が本番組に登場するのは、脚本を担当した『きばいやんせ!私』(2019)に続いて二度目だ。MCを務める映画評論家の森直人の前で、本作の成り立ちや出演者の魅力などについて、大いに語った。

本作は、『百円の恋』(2014)で日本アカデミー賞に輝いた名脚本家である足立が、自伝的小説『喜劇 愛妻物語』を自ら脚色した監督第二作だ。どうしようもない倦怠期にある夫婦の珍道中を通じて、滑稽だが愛すべき“夫婦の真実”を軽快なテンポで描き切った、珠玉のロードコメディとなっている。ダメ夫・豪太役に、独特の個性で愛される濱田岳が扮し、そんな夫に罵声を浴びせながらも家計を支える恐妻のチカ役に水川あさみが演じた。そして、二人の愛娘役に新津ちせが扮し、そのイノセントな佇まいが強烈な夫婦関係の間に立つことで、大きなおかしみを生み出している。

映画情報どっとこむ ralph
東京国際映画祭でいち早く本作を観ていたという森は、「傑作ですよね」とまず切り出す。そして、「脚本賞はもちろんなんですけど、水川あさみさんが主演女優賞を獲るのではないかと思っていました。それにしても、脚本家としてだけでなく、演出家としても素晴らしい才能をお持ちですよね」と語り、「なぜ40歳近くまで土の中にもぐっていたのか……」と、足立監督の才能を称賛しつつ笑いを誘っている。だがその頃の体験を、作品として昇華させたのが小説『乳房に蚊』(後に『喜劇 愛妻物語』に改題)。この作品が出版された当時、足立監督は手紙とともに森に贈ったらしい。番組内ではその手紙の内容も明かしている。

2016年に刊行された原作だが、映画化に向かって動き出したのは、そのすぐ後だという。「2月に出て、知り合いのプロデューサーの方々にお送りしました。その中で、本作のプロデューサーである代情明彦さんが一週間後くらいに、『これ、映画化の話が決まってなければ、一緒にやりませんか?』と声をかけてくださいましたね」と、足立監督は企画の成り立ちを語る。「でも代情さんは、違う方を監督として起用しようとされていましたね(笑)」とも。

また森は、新藤兼人監督と足立監督との近しさを指摘。「新藤監督は脚本家として職人的に活躍されて、『愛妻物語』(1951)でデビューしました。あれも自伝的な内容ですよね。足立監督といろいろ似ている気がします」と述べている。実際、今作のタイトルについては、新藤監督の孫であり映画監督である新藤風監督をはじめとする親類縁者の方々から許可を得たようだ。

本作で恐妻を演じた水川は、役に寄せるため増量して撮影に臨んだようだ。「初めてお会いしてから撮影に入るまで4ヶ月ほどあったのですが、本読み時に久々にお会いした際、『あ……デカッ……』と思いましたね。僕としてもそうあって欲しいと思っていたのですが、水川さんの方から『これって太った方が良いですよね!』と言ってくださいました」と足立監督は語っている。脚本上には、“広い背中”としか記されていなかったらしい。これに森は「そういうところに役者さんのすごさを感じますよね」と反応している。

ダメ夫を演じた濱田に関しては、中村義洋監督作『ポテチ』(2012)を観て以来ずっと気になっていた俳優らしい。足立監督は「『アヒルと鴨のコインロッカー』(2006)で、初めて濱田さんを認識したんですよ。『なんておかしな俳優さんがいるんだろう』と思って、そこから目が離せない存在でした」と語る。そして、「“泣き笑いの演技”が抜群に上手い」と二人は声を揃えて濱田を評している。それは間違いなく、本作にも引き継がれているようだ。そんな濱田が演じたのは、いわば足立監督自身。本作を鑑賞した方にとってこの収録回は、主役の“モデル”が登場しているとあって、いつもの「活弁シネマ倶楽部」とは一味違う楽しみ方ができるものになっている。

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部

活弁シネマ倶楽部 公式HP:
https://katsuben-cinema.com/
活弁シネマ倶楽部 公式ツイッター:
https://twitter.com/katsuben_cinema?s=20

映画情報どっとこむ ralph 『喜劇 愛妻物語』

http://kigeki-aisai.jp/

あらすじ
売れない脚本家の豪太(濱田岳)は、大学で知り合ったチカ(水川あさみ)と結婚して10年目。5歳の娘のアキ(新津ちせ)がいるが、脚本家としての年収は50万円程度で、もっぱら生活費はチカのパートに頼っている。若い頃は豪太の才能を信じて支えてくれいたチカも、今では豪太の情けなさに呆れ果て、口を開けば罵倒の言葉が飛び出す毎日だ。
豪太のさしあたっての問題は、チカと三ヶ月セックスをしていないこと。夫婦仲はほぼ冷め切っているが、人並みの性欲を失っていない豪太は、日夜タイミングを見計らい、チカのご機嫌を取り、猫なで声を出し、あらゆる手段を使ってセックスに持ち込もうとするのだが、けんもほろろに拒絶され続けている。
ある日、豪太は旧知のプロデューサーに預けていたホラー映画の脚本の映画化が決まったことを知らされ、さらに別企画のプロットを書くように薦められる。豪太が以前に「四国にいる高速でうどんを打つ女子高生」の存在を知って、映画の企画書を提出していたのだ。脚本化するには四国に取材に行かねばならないが、プロデューサーに取材費を出すそぶりは毛頭ない。取材先を巡るにも運転免許がない豪太は、チカに運転係として同行してくれるよう説き伏せ、なんとか親子3人で四国旅行に行くことになった。
苦しい家計を取り仕切るチカが手配した旅程は、東京から香川県の高松まで丸一日かけて鈍行列車に乗る強行軍。しかも初日の宿はビジネスホテルのシングルルームで、チカは豪太とアキがチェックインした後に、裏口から潜入して合流するという。しかし疲れが溜まっていた豪太は部屋の風呂場で寝てしまい、締め出されたチカの逆鱗に触れる。これではセックスは遠ざかるばかりだ。
翌日、「高速でうどんを打つ女子高生」の家を訪れるが、彼女をモデルにした映画とアニメの企画が同時進行しており、翌月にはクランクインの予定だと知らされる。豪太は完全に出遅れており、もはや旅行の目的も失われた。しかしチカは女子高生の両親に、映画化が頓挫したらどうか豪太に企画を任せて欲しいと食い下がる。非常識だとたしなめる豪太にまたもチカの怒りが炸裂した。
その夜もセックスを拒否された豪太は、チカとアキが寝ている間にひとりで夜の盛り場をほっつき歩く。風俗に行こうにもカネはない。道端で酔いつぶれていた若い女を見つけてちょっかいを出し始めるが、警察に捕まってしまう。度重なる豪太の失態に愛想を尽かしたチカは、豪太にアキの世話を任せて、小豆島に住む大学の同級生・由美(夏帆)に会いに行ってしまった。しかし豪太に降りかかる災難はまだ終わっていなかった。果たして豪太はチカと仲直りしてセックスできるのか? いや、そんなことより綱渡りの夫婦関係はついに終わりを迎えてしまうのか?

***********************************

監督:足立紳
出演:濱田岳、水川あさみ、新津ちせ、夏帆、ふせえり、光石研、大久保佳代子
  
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ