『オオカミは嘘をつく』日本版予告編とポスターが完成!


オオカミは嘘をつくポスター 昨年の釜山映画祭でタランティーノが絶賛したイスラエル発の心理トラップムービー
“BIG BAD WOLVES”(原題)。

邦題を『オオカミは嘘をつく』

として、11 月22 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開されます。

そして、衝撃の日本版予告編とポスターが完成です。

ポスターのオオカミのシルエットの中にいるのは「容疑者」「被害者の父」「刑事」の3人の男たち。オオカミに牙を剥かれているのは、赤ずきんを彷彿とさせる赤い服の少女。

物語が進むにつれ、残虐な少女暴行殺害事件において立場の明確な3人の男たちの誰が正義で誰が悪なのか分からなくなっていき、最後には観る側の価値観が崩壊してしまう。衝撃のポスタービジュアルと予告編が解禁いたしました!



オオカミは嘘をつく
手掛けたのはイスラエルの、アハロン・ケシャレス&ナヴォット・パプシャドの若き2 人の監督。

ookamiSUB0共にイスラエル出身の彼らは自分たちの住む社会からインスパイアされて本作を作り上げた。テロ、誘拐、常に虐げられる感覚や、乱暴な行為等の恐怖と隣接し、攻撃と報復を繰り返し続けている国において、2 人の監督はこの作品を想起し構築。

恐怖と憎悪に満ちた3 人のオオカミたちによって繰り広げられる巧妙に作り上げられたスリリングで予想不可能な展開と結末。

ookamiSUB1残酷な少女殺人事件における、容疑者、被害者の父親、刑事が対峙する。そして徐々に取り返しがつかない方向へと進み、3 人の男たちは破滅へ向かう。それと共にこの映画は道徳的なジレンマを観ている者に問いかける。ずっと拷問を受け続けているこの男は果たして本当に真犯人なのだろうか?事件の被害者になることは、狂気の復讐者となり、暴力を正当化することになるのだろうか―?

正義と悪。
ookamiSUB2その定義の狭間でこれまでになかった感情が沸き起こる。観る者の心を揺さぶる、巧妙に組み立てられたストーリー!そして衝撃のラストが待ち受ける!

『オオカミは嘘をつく』

11 月22 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にて公開です。

公式サイト:http://www.bigbadwolves.jp

********************************************************************



『オオカミは嘘をつく』(原題:Big Bad Wolves)
© 2013 Catch BBW the Film, Limited Partnership. All Rights Reserved.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ