映画情報どっとこむ ralph 小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)待望の映画化。星ばあが教えてくれたあかるい屋根の秘密。懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語「宇宙でいちばんあかるい屋根」。

この度、公開初日を迎え、清原果耶、伊藤健太郎、藤井道人監督が登壇する舞台挨拶イベントが行われました。

日程:9月4日(金)
場所:新宿バルト9 シアター9
出演:清原果耶、伊藤健太郎、藤井道人監督

映画情報どっとこむ ralph 本編上映後の会場に清原果耶さん、伊藤健太郎さん、藤井道人監督が登場。清原さんが「今日、初日を無事に迎えまして、皆さん会場にお越しくださり本当にありがとうございます。いよいよ今日から映画館でこの映画を観れるということがものすごく感慨深いなと思いつつ、まだ緊張がほどけないままこの場にいるんですけど、色々お話しできればなと思います。今日はよろしくお願いします」

と、伊藤さんが「こういった時期にこうやって皆さんの前に立てているということがすごく嬉しいことだなというのをすごく思っていてそんな嬉しさをみなさんと共有出来たらいいなと思っています。今日は楽しんでいってください」と挨拶をすると、MCの方が「伊藤さん今日ちょっと声がガラッとしている気がしますが」と。

伊藤さんは「実は今日はこの前に大声出す仕事がありまして・・・(笑)大声出す仕事ってなんだと思いますけど、ちょっと調子が悪くて・・・、でも全然大丈夫ですよ!伊藤健太郎体調悪いとか書かないでくださいね(笑)」と早速冗談を交え会場を沸かせた。その後藤井道人監督が「一年前に素晴らしい俳優・スタッフと創り上げたこの映画を観ていただけたこと本当にありがとうございます。みなさん今日は短い時間ですがよろしくお願いいたします。」と挨拶をした。

桃井かおりからのビデオメッセージ「しぶとく生きろ!」
MCの声掛けにあわせLA在住の桃井かおりさんの姿がスクリーンに映される。「桃井です。すいません今日は行けなくて!星ばあだったらね飛べるんですけど、桃井も映画が終わったら全然飛べないのでしょうがないねえ。みなさんとおっきい画面でこの映画を観るのを楽しみにしていたんですが本当にすいません!つばめ(清原果耶)ごめん!監督ごめんなさいね~!そして伊藤君いるでしょ?今日は頑張ってね!監督とつばめに任せておくとちょっと暗くなっちゃうから(笑)今日が伊藤君一番頑張らなきゃいけない日よ!今度は現場で一緒にお芝居しましょうね。それとつばめ!今日は本当にすまん!また現場で会えるのを楽しみにしています。ちょっと長生きするからもう少したってからね。しぶとく生きろ~!そして監督、約束の乾杯が出来ていません。ロスに来て乾杯しましょう!キャスティングに困ったときには誘ってください!監督の仕事は断りません!また現場でお会いできるのを楽しみにしております。今日はみなさんととにかく映画を楽しんでくださいね!じゃあね~!」と桃井節満点のメッセージを披露。

清原さんは「こんな素敵なメッセージをいただけて本当にありがたいです。しぶとく生きたいですね」と、伊藤さんは「今日は頑張らなければいけない日ということですが」と振られると、「いやぁ今日はのどの調子が悪くて・・・(笑)でも頑張りますよ!完成披露の動画見させてもらったんですけどやっぱりちょっと暗かったのでね(笑)だから僕が今日は頑張って盛り上げていきたいと思います!(笑)」と話した。

清原果耶 初日を迎えられ「奇跡」
初日を迎えた感想を聞かれると藤井監督は「こういう時代に映画を公開できるのかと、みなさんが考えて下さって、今日も清原さん伊藤さんが来てくださって、こうやってみなさんに感謝の機会をいただけるというのは特別なことなんだなと改めて今日は感じました」と、清原さんは「今みなさんが映画観終わった直後ということで、どんな気持ちでどんな顔されているんだろうって思ってみなさまの顔をまじまじと見てしまっていたんですが・・・、みなさんいかがだったでしょうか」と言うと、会場から大きな拍手が。清原さんは「本当に奇跡ですよね。色々なことがあっても今日こうやって初日を迎えられることのありがたみをあらためて今実感していますし、本当に感謝しかないです。ありがとうございます」と、本作のイベントには初登壇になる伊藤さんは、話題作『今日から俺は!!』とは全く異なる亨という役柄について、「やっぱり普通ってのは難しいとは思うんですけど、でも楽しいですし、『今日から俺は‼』みたいなキャラクターは逆にやりやすいですね。昔近所にいた兄ちゃんとかのことを思い出してみたりして、なんであの時あんなかっこよく見えたんだろうと考えてみると、割と色々なことを隠さないというか悲しい時だったりとか苦しい時に包み隠さず出している人が普通に近いのかなって思って、逆にそれがある意味魅力だったのかなって思って、そこはすごく意識して演じていましたね」と話し、初挑戦したバンジョーについては「バンジョーもはじめてだったんですが、ギターとは全然違くて、でもあの音色がなんとも心地よくて僕は好きだなって思って、いい経験させてもらえたなと思います」と話した。

伊藤健太郎 清原果耶は「素敵な光をまとわれた方」・・・?
完成披露試写の時に清原さんは伊藤さんの印象について“やわらかい波をまとった方”と話していたが、改めてお互いの印象について聞かれると、伊藤さんは照れたように笑いながら「うれしいな。僕やわらかい波まとってましたかね(笑)」と言いながら、「あ、やわらかい波をまとったって言ってくださったから、僕も取材の時に清原さんのことどうでしたかってたくさん聞かれて・・・、でも僕はそういう素敵な言葉の語彙力がなかったので、先にそういう素敵な言葉を使われるとずるいなって思います(笑)」と答えると、MCに「今日は清原さんに素敵な言葉は・・・」と振られ、「当り前じゃないですか!清原さんはやっぱり・・・、素敵な“光”をまとっている方だなと・・・(笑)本当ですよ!(笑)本当に撮影当時17歳だったけど、すごい落ち着いていたし、カメラ回ってないときも、僕なんかは17歳のときはギャーという感じだったけど、清原さんはずっと同じ場所にいられる方だなと思います。いい意味でですよ!(笑)」と答え会場を沸かせた。さらに撮影が昨年の真夏だったということで、撮影時のエピソードを聞かれると、伊藤さんは「セミが夏だからいっぱいいるじゃないですか、で僕が待機中に寝ていたら、僕は気付かなかったんですけど、セミが僕の頭の上にとまって、しばらくして飛んで行ったっていうことがあって、起きたらみんなクスクス笑ってました」と答えると、藤井監督からもどこでも寝ると指摘され、「疲れてようが疲れてなかろうが本当にどこでも寝ちゃうんですよ。成長期なんですかね(笑)」と話した。

映画情報どっとこむ ralph 清原果耶 伊藤健太郎の“宇宙いち沁みる言葉”を披露!
 劇中でつばめが書道教室に通い水墨画に挑戦していたことにかけ、清原さんと伊藤さんが“宇宙いち沁みる言葉”を毛筆で披露。

清原さんは「初日」という言葉を披露。

その理由について「今日を本当に迎えれられて良かったと心から思っていて。映画に携わってくれたみなさんもそうですが、今日お越しくださったみなさんのおかげで、本当にありがたいなという思いでいっぱいで、今日が無いとこれからが始まっていかないということでこの言葉を選ばせていただきました」と話した。

伊藤さんは「この後出したくないな~(笑)」と言いつつも、「しぶとく生きろ!」という劇中の星ばあの言葉を披露。

その理由について「この言葉を聞いたときにすごく僕の心の中にズギャーンって刺さって、自分がしんどいときとか疲れた時とかでもこの言葉を思い出したらちょっと乗り越えられそうだなと思って、皆さんの中にもこの言葉が刺さった方いらっしゃると思うんですが、僕もこの言葉を大切にしていきたいなと思います」と話した。ここで桃井さんも企画に参加していたことをMCが明かすと再び桃井さんがスクリーンに映し出される。桃井さんは「桃井が映画の中でいちばん気に入っている言葉は“大人になるとなんでも出来る”」と達筆な書を披露。その理由について「本当にこれは私の実感で、若い時苦しかったこととかあの悩みはなんだったのかと本当に思いますし、私50歳のときに初めて逆上がりが出来るようになった女なんです。ずーっと努力しても若い時出来なかったのに、ただ歳食っただけで出来なかったことが大人になっただけでいつの間にか出来るようになっていた、という事実が桃井の場合はあるのでこの言葉をお勧めします」と驚きのエピソードを交えながら話した。「とにかく、歳を食うということはこれから小洒落たことになりますから。みなさん!しぶとく生きましょう!」と桃井さんらしい言葉でメッセージを送った。これに対し、清原さんは「私もしっかり日々を過ごして大人に近づきたいなと思いました。やっぱりまだ今は大人と子供の間にいると最近思うので、地道に地道に豊かな大人になれるように頑張りたいなと思いました」と、伊藤さんは「大人になったらなんでも出来るって素晴らしいことですよね。僕は21歳くらいの誕生日の時に大人になるのをやめたんですよ(笑)もうなれないって思って(笑)でも、今日を期にまた大人を目指してみようと思います」と、藤井監督は「本当に桃井さんには現場でたくさんのことを教えていただいて、早く僕も大人になりたいですね」と答えた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、清原さんは「この作品は出会てよかったと思える人たちとも出会えたし、出会ってよかったと思える脚本・現場だったので、私の中ですごく大事な大事な作品です。それを今日皆さんに見ていただけて、少しほっと安心できたような感覚が今やっと降ってきまして、これからもっともっと観ていただける場があれば観ていただきたいですし、この作品がどなたかの心に届けばいいなと思いますし、みなさまで観て育てていってほしいなと思います。今日は本当に来てくださってありがとうございました」と、伊藤さんは「この映画は僕自身もそうでしたが、この映画の中から出てくる言葉だったりに心が救われる瞬間が何度もあると思います。観てくださった方はもちろんですし、まだ観ていない方々にこの言葉を伝えていただくでもいいですし、まずこの映画を伝えていただきたいなと思いますし、本当に一人でも多くの人に観ていただきたいなと思います。今日は本当にありがとうございました」と、藤井監督は「この映画は今日から皆さまの眼に触れて、たくさんの方に届いていくことを願っております。清原さんが主題歌を歌ってくださった『今とあの頃の僕ら』のMVは今日のつばめの5年後を描いたMVになっております。是非映画を観た後にそのMVを見ていただけたら幸せです。是非皆さんの力でこの作品を大きくしていただければと思います。今日はありがとうございました」と挨拶をし、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『宇宙でいちばんあかるい屋根』

https://uchu-ichi.jp/

あらすじ
お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原果耶)。優しく支えてくれる父 (吉岡秀隆) と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が―。空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!?派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ―」とはしゃいでいる。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。

***********************************

清原果耶
伊藤健太郎 水野美紀 山中 崇 醍醐虎汰朗 坂井真紀 吉岡秀隆
桃井かおり

主題歌:清原果耶「今とあの頃の僕ら」(カラフルレコーズ/ビクター)
作詞・作曲・プロデュース:Cocco

脚本・監督:藤井道人
原作: 野中ともそ「宇宙でいちばんあかるい屋根」(光文社文庫刊)
配給: KADOKAWA 
© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ