映画情報どっとこむ ralph 超絶技巧のアニメ表現で世界を魅了し続けるスタジオライカ最新作『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(11月13日(金)新宿バルト9他全国順次公開)が、2020年開催予定の第33回東京国際映画祭 特別招待作品に出品することが決定しました!
映画情報どっとこむ ralph 2017年11月18日より公開されたスタジオライカの前作、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(16)も東京国際映画祭・特別招待作品として出品され、その後口コミ等でファンを獲得、動員10万人以上のヒット作となった。それに引き続き、今年設立15周年を迎えるスタジオライカ最新作。

『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』が、10/31~11/9に開催が決定となった東京国際映画祭で初のお目見えとなります!

映画情報どっとこむ ralph ファン必見の作品をいち早く六本木で鑑賞しよう!

『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』

11月13日(金)新宿バルト9他全国順次公開

さらに、9/4(金)より販売になりますムビチケオンラインの特典は、スタジオライカファン獲得必須の特別壁紙に決定しました!

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/missing-link

【ストーリー】
 ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家のライオネル卿は、伝説の生物の存在を探し求めて、アメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、巨体で全身毛むくじゃら、人間の言葉を話す少しおっちょこちょいの生きた化石だった!ひとりぼっちで仲間に会いたいと願う―その名も“Mr.リンク”と野心家のライオネルは地球の裏側にある伝説の谷シャングリラを目指す。超ユニークな凸凹バディが、壮大な旅路の果てに発見する、世界の常識を覆す“驚くべき真実”とは―?

映画情報どっとこむ ralph 第33回東京国際映画祭

開催期間:2020年10月31日(土)~11月9日(月)
■会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)他 
■公式サイト:www.tiff-jp.net

***********************************

声の出演:ヒュー・ジャックマン(ライオネル卿)、ゾーイ・サルダナ(アデリーナ)、ザック・ガリフィアナキス(Mr.リンク)、エマ・トンプソン(長老)、他 監督・脚本:クリス・バトラー(脚本『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』)
2019年/カナダ・アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/93分/原題:「Missing Link」/字幕翻訳:石田泰子
配給:ギャガ
©2020 SHANGRILA FILMS LLC.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ