映画を遊ぼう。第六回下北沢映画祭開催日決定!


シモキタは三日間だけ映画の街になります。

第六回下北沢映画祭メインビジュアル第六回下北沢映画祭が、

10月11日(土)、
12日(日)、
13日(月・祝)の三日間に渡り開催が決定しました!

下北沢映画祭は様々なカルチャーが生まれる街・下北沢。

実写・アニメ・ドキュメンタリーなどのジャンルに関係なく、これまでの映画の概念にとらわれない、これからの「映画」を担う新しい才能を発掘しようと誕生した映画祭です。

第六回目の開催となる今年のテーマは

「映画を遊ぼう。」

映画を様々な場所で体感し、楽しんでいただくため、全5プログラムにおよぶ様々なプログラムを下北沢にあるバラエティに富んだ会場にて実施致します。

熊切監督なお、
プログラムの目玉となるコンペティションにおいては、ゲスト審査員として、第36回モスクワ国際映画祭にて、最優秀作品賞に輝いた『私の男』の熊切和嘉監督が決定しました。

熊切和嘉監督からのコメントです!

映画館を出た後、世界の色が変わって見えた――
そんな経験を、僕はもう20年近くもしていない。
若い才能が創りだす、新しい映画にこそ、
そんな想いを期待してしまう。
世界の色を軽く塗り替えるような、
圧倒的な映画を!

その他のゲストとして、SPOTTED PRODUCTIONS代表の直井卓俊氏、トリウッド代表の大槻貴宏氏、そして映画ライターの森直人氏が審査します。

第六回下北沢映画祭 開催概要
開催期間:10月11日(土)〜13日(月・祝)
開催場所:成徳ミモザホール、トリウッド、ライブハウスTHREE
ゲスト審査員
・熊切和嘉監督(『私の男』)
・直井卓俊氏(SPOTTED PRODUCTIONS代表)
・大槻貴宏氏(トリウッド代表)
・森直人氏(映画ライター)
プログラム:Aプログラム〜Eプログラム(全5プログラム)
松竹株式会社とのタイアップイベント、ミュージック・クリップ特集&ゲストによるライブ、『豆大福ものがたり』招待上映&沖田修一監督トーク、『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』招待上映&白石晃士監督ほか舞台挨拶、俳優によるトークショー、コンペティションほか 

*詳細は決定次第、ご案内致します。
公式HP→ http://shimokitafilm.com/
Facebook→ https://www.facebook.com/shimokitafilm
Twitter→ https://twitter.com/shimokitafilm

********************************************************************

 
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ