映画情報どっとこむ ralph 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にしたドキュメンタリー映画『はりぼて』が8/16(日)渋谷ユーロスペースにて初日を迎えました。

上映終了後に五百旗頭幸男・砂沢智史両監督に加え、富山出身で本作を「恐るべきコメディ」と絶賛する映画監督の本木克英氏が登壇。満員の観客を前に舞台挨拶を行いました。

『はりぼて』初日舞台挨拶
日時:8/16(日)
場所:ユーロスペース
登壇: 五百旗頭幸男(監督)、砂沢智史(監督)、本木克英(ゲスト・映画監督)

映画情報どっとこむ ralph
舞台挨拶の冒頭、本作を製作したきっかけを問われた五百旗頭監督。「4年前に富山市議会の不正を追及するドキュメンタリー番組を製作したのですが、その後4年間、市議会は本質的にはなにも変わりませんでした。そんな状況を許してしまっているのは、市民であり、僕たちメディアであると思い至り、矛先を内部に向けなければならないと思い、製作しました」と述べた。
砂沢監督も、「辞職した議員やその家族は新しい人生を歩み始めているので、正直製作に抵抗もありました。しかし、議会を見つめ直すきっかけになればという思いで映画にしました」と続けた。
本木監督は作品について、「市議たちの不正に真正面から迫っただけではなく、取材の矛先を自分たちに向けて、身を晒して描き切ったというところが素晴らしい。凄みのある、強い映画になったと思います。おふたりのような方がいらっしゃれば、日本のジャーナリズムもまだまだ捨てたものじゃないな、と明るい気持ちになりました」と絶賛。また、「実は以前この富山議会の一連の騒動を劇映画にしないかとオファーを受けたんです。しかし、ぼかしも一切なく、赤裸々に映し出したこの作品を観て、つくづくやらなくてよかった」と打ち明けると、場内からは笑いが起こった。
また本作を「基本的にコメディとしてつくった」語る五百旗頭監督。「作品の7割はコメディだと思っています。ただ、瞬間的な笑いではなく、観ているひとの心に突き刺さり、最後には笑えなくなる、そんなコメディになったかと思います。」と続けた。
最後には、「このコロナ禍で、政治の腐敗を放置していると大変な影響があると体感した方も多いかと思いますが、このような問題は日本全国どこでも起こっていることだと思います。少しでも政治に目を向けるきっかけになれば幸いです」(五百旗頭)「これは富山で、そして恐らく国政でも実際に起きていることです。この映画が身近な政治に目を向けるきっかけになればと願っています」(砂沢)とそれぞれ観客にメッセージを送った。また本木も、「日本の政治全体が抱えている問題を追及した大変な問題作。これからどんな広がり方をしていくか楽しみです」と期待を込めた。

最後に作品の舞台となった地元・富山県での公開決定も発表された。「ほとり座」にて10/31(土)より上映される。

映画情報どっとこむ ralph ほとり座支配人の田辺和寛からのコメントも到着した。

我々の生活のあらゆるところに存在している「はりぼて」。政治やメディアだけのそれではない。それに気づけるのか、気づけないのか、気づかないフリなのか、変われないのか、変わろうとしないのか。自分の中にある「はりぼて」を剥がせるのか?他人事だという感覚から抜け出し、当事者となれるのか?そんな問いにすら思える、ちょっと笑えるドキュメンタリー映画です。自分で選択できる時代だからこそ、自分の目と感覚でこの映画「はりぼて」を確かめてみてください。
ほとり座 田辺和寛

映画情報どっとこむ ralph 2016年に富山市議会議員14人をドミノ辞職に追い込み、日本記者クラブ賞特別賞、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞を受賞した富山のローカルテレビ局「チューリップテレビ」による「政務活動費を巡る調査報道」。本作は、議会のさらなる腐敗と、議員たちの開き直りともいえるその後を追った笑劇の異色報道ドキュメンタリー。

ドキュメンタリー映画『はりぼて』

渋谷ユーロスペースほか全国順次公開中。

***********************************

監督:五百旗頭幸男 砂沢智史
撮影・編集:西田豊和 プロデューサー:服部寿人 語り:山根基世 声の出演:佐久田脩        テーマ音楽:「はりぼてのテーマ~愛すべき人間の性~」作曲・田渕夏海 音楽:田渕夏海 音楽プロデューサー:矢崎裕行
2020年/日本/日本語/カラー/ビスタ(1:1.85)/ステレオ/100分
配給:彩プロ 
©チューリップテレビ

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ