映画情報どっとこむ ralph 現在、順次全国で公開中の映画『一度も撃ってません』。
8月9日(日)、広島・福山駅前シネマモードにて、阪本順治監督による、リモート舞台挨拶が行われました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月に予定していた東京での公開日が7月3日にずれこみ、本劇場での公開も7月31日からとなった。県をまたいでの移動が難しいお盆休みとなった今年。7月以降、リモートにてイベントを数回実施してきたというシネマモードだが、阪本監督は、昨年2月公開の『半世界』で直接劇場での舞台挨拶をした以来の登壇となった。

劇場には、本作の公開を待っていた広島の映画ファンの方々、阪本映画のファンであるお客様が来場し、作品上映後の阪本監督の30分間に及ぶ舞台挨拶を楽しみました。

日付:8月9日(日)
場所:広島・福山駅前シネマモード
リモート登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph
阪本監督:「本来なら、直接伺ってご挨拶をしたかったのですが、今回はオンラインでの舞台挨拶となります。実は、今日は本作の主演石橋蓮司さんの誕生日なんです。御年79歳。ご覧になっていただいた通り、非常に元気です。広島と石橋蓮司さんのご縁という意味では、蓮司さんが13歳の時、蓮司さんのデビュー作である東映児童映画『ふろたき大将』という作品で主演をやっていた事ですね。そこで、広島の戦災孤児の役をやっていらした。石橋蓮司さんとは、約10年ほど前から、準主役や脇役の形でご出演をしていただいていて、5年ほど前から、蓮司さんを主演に映画を撮りたい、という希望がありました。メインキャストとなる石橋さん、大楠道代さん、岸部一徳さん、桃井かおりさんは日頃からの仲間である4人なんですが、今回は、仲間内でもたれあっていても、決して良い映画にならない、という自覚もきちんと持たれていて、撮影の時の待ち時間もガヤガヤする感じもなく、映画全体の事を皆さん考えていらっしゃる様子でしたね。当然、僕は彼らより10歳以上若いわけですが、この4人に引っ張られないよう、かつ、甘えさせて頂きながらやっていた感じでした。いまの日本の映画界で、このような年長の方を主演にする企画は通りにくい。そういう事もあって、主演だと蓮司さんにお伝えした時には「本当に成立するのかよ」とおっしゃっていました。いざ主演になるという事は、「座長」という役目を担う訳ですから、撮影時は自分の出ていないシーンの事も気にかけ、僕と同じように、映画の全体を考えていらっしゃる感じでした。(他豪華キャストの方々の出演に対して)みなさん、石橋蓮司主演の映画に出る、という事への責任を感じ、自分が出る場面への甘えがあってはいけない、という感覚でやって頂いたので、それがとても良かった。蓮司さんは過去あらゆる映画やドラマに出られていて、その芝居心や人となりをほとんどの俳優さんは知っています。だからこそ、もう一度対面で芝居を一緒にやってみたい、蓮司さんの主演映画なんだから、甘えをもってはいけないし、ゲストのような感覚で挑んではいけない、仲間同士で作った作品ではあれど、そこのお互いの厳しさを感じた現場でもありました。本当は、今日、UberEatsの配達のフリして、劇場に行っても良かったなんて思っていました(笑)。さすがに自転車で広島までは行けませんでしたね。Withコロナの時代で気が憂鬱になるような事も多い中、まだまだこの作品を沢山の人に楽しんでもらいたいと思っています。」
映画情報どっとこむ ralph 『一度も撃ってません』

は、全国にて絶賛順次公開中。

ストーリー
市川進(いちかわすすむ/石橋蓮司)、御年74歳。タバコ、トレンチコートにブラックハット…大都会のバー「Y」で旧友のヤメ検エリート・石田(岸部一徳)や元ミュージカル界の歌姫・ひかる(桃井かおり)と共に夜な夜な酒を交わし、情報交換をする。そう、彼は巷で噂の“伝説のヒットマン”だ。今日も“殺し”の依頼がやってきた――。
がしかし、本当の姿は…ただハードボイルド小説を書きたい作家、ペンネームは御前零児(オマエレイジ)。ちなみに原稿は“時代遅れ”で全く売れてない。おまけに妻・弥生(大楠道代)の年金暮らし、なんとも情けない始末。担当編集者:児玉(佐藤浩市)も、市川の“伝説のヒットマン”という噂を信じればこそ長年付き合ってきたが…
実は、リアリティにこだわり過ぎた市川は“理想のハードボイルド小説”を極めるために、“殺し”の依頼を受けては、その暗殺の状況を取材しているのだった。
 エセ投資セミナーで金を巻き上げる守山(江口洋介)の暗殺など、過去多くの事件に関わったと噂される“なんちゃって”ヒットマン市川に、ついにツケが回ってきた。本当は“一度も人を殺したことがない“市川は、敵のヒットマン(豊川悦司)に命を狙われ、妻には浮気まで疑われることに!人生最大のピンチにばたつく”ハードボイルド気取りな小説家“の顛末を、世代を超えた豪華キャスト達で描き出す、かつてないオトナの良質エンターテイメントが誕生!

***********************************

出演 石橋蓮司 大楠道代 岸部一徳 桃井かおり
佐藤浩市 豊川悦司 江口洋介 妻夫木聡 新崎人生 井上真央
柄本明 寛 一 郎 前田亜季 渋川清彦 小野武彦 柄本佑 濱田マリ 堀部圭亮 原田麻由

監督 阪本順治(『半世界』『エルネスト もう一人のゲバラ』『団地』『大鹿村騒動記』ほか)
脚本 丸山昇一(『行きずりの街』ドラマ「探偵物語」「あぶない刑事」シリーズほか)
製作:木下グループ
配給:キノフィルムズ
©︎2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ