落ちていく主婦を宮沢りえ 『紙の月』ビジュアル到着



紙の月ポスター『八日目の蝉』をはじめ、女性を中心に抜群の信頼性と人気を誇る直木賞作家、角田光代のベストセラー長編小説ついに映画化。

『紙の月』

は、11月15日(土)全国ロードショーです。

その場面画像やポスター画像が届きました!

物語ですが・・・

バブル崩壊直後の1994年。

紙の月
夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。

紙の月1そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。

光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出す――。

主人公・梅澤梨花を演じるのは、宮沢りえ。破滅へと突き進んでいく梨花の心の動きを繊細かつ大胆に表現。

紙の月2相手役となる光太には、池松壮亮。

そして映画オリジナルのキャラクターとなる2人。

器用に立ち回る銀行の窓口係を、AKB48卒業後初の映画出演となる大島優子。

紙の月3厳格に梨花を追い込んでいくベテラン事務員を小林聡美が演じ、銀行内で繰り広げられるサスペンスに奥行きを与えています。

そのほか田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司と、重厚で豪華な共演陣が集結しています。

メガホンをとるのは、昨年、第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞した傑作『桐島、部活やめるってよ』を送り出し、次回作が熱望されていた鬼才、吉田大八。

これまで『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』、『パーマネント野ばら』で女たちの業の深さとたくましさを見つめ、『クヒオ大佐』で詐欺師の物語を描いた吉田監督が、角田光代の原作の映画化に挑んだ。原作にある梨花の旧友たちの描写を削り、銀行内部の描写をふくらませて大胆に脚色。

一人の女性が、聖と悪の両面を抱えながら能動的に堕ちていく様を、スピード感のあるサスペンス大作として完成です。

真っ当な人生を送っていたはずの主婦が、なぜ横領に手を染めたのか。彼女が本当に手に入れたかったものは何だったのか――。

角田光代×吉田大八×宮沢りえ。
日本映画界最高峰のコラボレーションにより、感情をゆさぶる衝撃のヒューマンサスペンス。


『紙の月』

2014年11月15日(土)全国ロードショー

公式サイト: http://kaminotsuki.jp

********************************************************************


原作:「紙の月」
角田光代・角川春樹事務所刊/第25回柴田錬三郎賞受賞
監督:吉田大八
『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
脚本:早船歌江子
制作プロダクション:ROBOT
配給:松竹
主演:宮沢りえ
出演:池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美 

(C)2014「紙の月」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ