映画情報どっとこむ ralph この度、10月16日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開する、本年のヴェネチア国際映画祭コンペティション部門選出、蒼井優の主演最新作であり、黒沢清監督がメガホンをとった映画『スパイの妻』のメインビジュアルと90秒予告が完成しました。
映画情報どっとこむ ralph 太平洋戦争前夜。時代の嵐が、二人の運命を変えていく——。
1940年、神戸で貿易会社を営む優作は、赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム……聡子の知らぬところで、別の顔を持ち始めた夫、優作。それでも、優作への愛が、聡子を突き動かしていく――。

国家機密を知った優作(高橋一生)とその妻・聡子(蒼井優)。
二人に疑いの視線を向ける憲兵・泰治(東出)。
信じるべきは一体誰なのか!?

今回解禁されたポスタービジュアルでは、純粋とも企みともとれる意味深な表情でこちらをじっと見つめる聡子(蒼井)、ドアの外に目をやり遠くを見つめる優作(高橋)の謎めいた横顔、二人越しにこちらを睨みつける泰治(東出)の三人が写し出されている。

そして、「太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀かー。」という印象的なコピーが添えられている。三人がそれぞれ向ける視線の先にあるものとは?そして、信じるべきは一体誰なのか?戦乱の波に翻弄された夫婦の行く末が気になる、ミステリアスで力強いビジュアルが完成した。

映画情報どっとこむ ralph 併せて90秒予告編も完成。国家機密を知った優作と、愛する夫を信じる聡子だったが、やがて自らもその機密を追うことに…。そこに現れる女の死体。泰治が二人の動向に疑いの目を向けはじめる。そして、怪しげに画面に浮かび上がる「満州から連れ帰った女」「油紙に包まれたノート」「金庫にフィルム」の文字…正義、欺瞞、裏切り、信頼、嫉妬、幸福が入り混じり、物語は疑心暗鬼に渦巻いていく。そしてついにスパイ疑惑で連行される優作。「誰が通報した?」の優作の問いに「あなたもよくご存じの方だ」とゆっくりと答える泰治。一体誰が通報したのか?果たして夫婦は愛を貫けるのか、それとも…。日本映画界の第一線で活躍する役者陣の鬼気迫る演技に目を見張り、一筋縄でいかない物語に手に汗握る。さらに本作で初めて映画音楽を手がける長岡亮介の壮大な旋律が、映画をより一層盛り上げる。この秋、最も注目する超一級のミステリーエンタテインメントに、期待が高まる予告編となっている。
映画情報どっとこむ ralph 名匠・黒沢清監督のもとに日本を代表する才能が集結!
日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢清の最新作『スパイの妻』。脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)の3人。また、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、浮雲名義で「東京事変」のギタリストとしても活動している長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きをさらに広げている。
主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ純粋な優作を魅力的に体現した。夫婦を取り巻く役者も日本映画界を代表する俳優たちが集結している。理不尽な歴史の前に、ささやかな幸せが揺らいでいく……。混乱を経た今の日本が刮目して観るべき傑作が誕生した。

映画『スパイの妻』

<ストーリー>
1940年、神戸で貿易商を営む優作は、赴いた満州で偶然恐ろしい国家機密を知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、その身が破滅することも厭わず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく……。
スパイの妻

***********************************

蒼井優
高橋一生
坂東龍汰 恒松祐里 みのすけ 玄理
東出昌大 笹野高史

監督:黒沢清
脚本:濱口竜介 野原位 黒沢清 音楽:長岡亮介

エグゼクティブプロデューサー:篠原圭 土橋圭介 澤田隆司 岡本英之 高田聡 久保田修
プロデューサー:山本晃久 アソシエイトプロデューサー:京田光広 山口永 ラインプロデューサー:山本礼二
技術:加藤貴成 撮影:佐々木達之介 照明:木村中哉 録音:吉野桂太
美術:安宅紀史 編集:李英美 スタイリスト:纐纈春樹 ヘアメイク:百瀬広美
VFXプロデューサー:浅野秀二 助監督:藤江儀全 制作担当:道上巧矢制作著作:NHK, NHKエンタープライズ, Incline, C&Iエンタテインメント制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド
配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ
2020/日本/115分/1:1.85 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ