映画情報どっとこむ ralph ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、パーク史上初の「ドラえもん」のライド・アトラクション『STAND BY ME ドラえもん 2』 XRライド【開催期間:2020年8月4日(火)~2021年1月6日(水)】のスタートに先駆け、本日、プレスプレビューを開催しました。プレスプレビューでは、この日のためにパークに駆けつけた「ドラえもん」が、アトラクションエントランス前とライドの搭乗口に登場、メディアの皆様にむけた特別な撮影会を行いました。

心おどる大冒険の世界へ出発!『STAND BY ME ドラえもん 2』 XRライド とは
『STAND BY ME ドラえもん 2』 XRライドは、VR技術により再現された目の前に見渡す限り広がる「ドラえもん」の世界に全身で入り込み、ドラえもんやのび太と一緒に、未来・現在・過去を縦横無尽に行き来するタイムトラベルを、視覚・聴覚、疾走するライドによる風や重力などあらゆる感覚で体験する“超体感”VRコースターです。2014年に「ドラえもん」史上初の3DCGアニメ映画として日本中に感動の渦を巻き起こした『STAND BY ME ドラえもん』は、圧倒的なクオリティの映像と、大人も泣ける感動のストーリーで映画史に残る大ヒットを記録しました。今回のコラボレーションでも、映画前作に続き続編『STAND BY ME ドラえもん 2』の監督を務める八木竜一氏、脚本・共同監督の山崎貴氏をはじめとする映画製作陣が完全監修。大人になったのび太と静香ちゃんの結婚式を見学するため、未来へのタイムツアーに参加するという映画本編につながるオリジナル・ストーリーを、細部までこだわりぬいた精巧で美しいVR映像で、映画公開に先行して展開します。ゲストは、タイムスクーターで時空を超えて大人のび太を追いかけ、目の前に広がる未来都市に驚きワクワクしたり、白亜紀で恐竜にハラハラし猛スピードで逃げ回ったりと、最後までワクワクと感動が止まりません。誰もが子どものころに憧れた「ドラえもん」の世界そのままのリアルな大冒険を体験ください。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンだけの『STAND BY ME ドラえもん 2』XRライドで、家族やお友だちと一緒に心躍る興奮と感動を思いっきりお楽しみいただけます。

【開催施設】2020年8月4日(火)~2021年1月6日(水)
【開催施設】スペース・ファンタジー・ザ・ライド
【アトラクション形式】コースター(XRライド)
【ストーリー】のび太と静香ちゃんの未来の結婚式を、こっそり見学!? 驚きのツアーに参加することになったあなたは、未来の乗り物“タイムスクーター”で、いざ21世紀へと出発! しかし、大人のび太がドラえもんのタイムマシンを奪い、式場から姿を消したから、さぁ大変! 子どものび太が住む街の景色に、白亜紀から未来都市まで。ドラえもんやのび太と一緒に、大人のび太を追いかける、時空を超えた大冒険が始まった!
・XRライドは、特殊なゴーグルを装着して乗車し、急な加速、上昇、横揺れなど激しい動きを伴う高速ジェットコースターです
・122cm未満の方は利用できません
・XRゴーグルは、アルコールを使用して消毒しています
映画情報どっとこむ ralph 本日、アトラクションを体験した特別招待ゲストは、「のび太君のおうちに遊びに行けてうれしかった。
過去と未来の時代をいったりきたりするのが本当みたいだった」(兵庫県在住、9歳女の子)、「ドラえもんのアトラクションができるとお母さんにきいて、とても楽しみでした。タイムスクーターが速く進んだときに本当の風が吹いてきてすごかった。恐竜にさらわれて、食べられそうになったり本物みたいで最高だった。」(大阪市在住、10歳男の子)、「子どもの頃からドラえもんを見ていたので、のび太の家や空き地を巡ったとき、ジーンとして泣きそうになったし、娘も同じものを見てきて、今日はこうやって一緒にアトラクションに乗れたことにも感動しました。」(兵庫県在住、30代母)、「映像が綺麗で、でも、アニメ感も残っていて、未来から昭和の町並み、恐竜の時代まで本当にリアルでした。XRライドは初めてでしたが感動しました。ドラえもんは親子で安心して楽しめるからいいですね。」(大阪市在住、40代父)と、誰もが子どもの頃に憧れた「ドラえもん」の世界そのままの、夢のタイムトラベルの感動を語りました。
映画情報どっとこむ ralph
『STAND BY ME ドラえもん 2』

22世紀から来たネコ型ロボット・ドラえもん。
ドラえもんとのび太が一緒にいるのが日常になった<現在>のある日、のび太は部屋でくまのぬいぐるみを見つける。
それは幼稚園の頃に亡くなってしまったおばあちゃんが繕ってくれた、大切な思い出の品だった。
大好きだったおばあちゃんを思い出し、涙が止まらなくなったのび太は、タイムマシンでおばあちゃんに会いに行きたいと提案する。
反対するドラえもんだったが、直接会わずに様子を見たらすぐ帰ることを条件に、
のび太が3歳だった<過去>へ出発!

会いたい気持ちを抑え、陰からこっそり見ていたのび太だったが、
ひょんなことから、おばあちゃんに見つかってしまう!
小学生になったのび太の姿を見て驚きつつ、
あの頃と同じく優しく受け入れてくれるおばあちゃん。
すると、「のびちゃんのお嫁さんをひと目見たくなっちゃった」とふとつぶやくのだった。

大好きなおばあちゃんの願いを叶えるため、
<過去>、<現在>、そして<未来>を舞台に、ドラえもんとのび太の大冒険が始まる―――!!
果たして、のび太は無事に未来のお嫁さんをおばあちゃんに見せてあげられるのか?

***********************************

原作:藤子・F・不二雄
監督:八木竜一(『friends もののけ島のナキ』・『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』)
脚本・共同監督:山崎貴(『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ・『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』・『ルパン三世 THE FIRST』)
キャスト:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ 
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一
のび太のおばあちゃん:宮本信子 大人のび太:妻夫木聡
制作:シンエイ動画、白組、ROBOT
制作協力:藤子プロ・阿部秀司事務所
配給:東宝
公開: Coming soon
製作:シンエイ動画、藤子プロ、小学館、テレビ朝日、ADKエモーションズ、小学館集英社プロダクション
東宝、電通、阿部秀司事務所、白組、ROBOT、朝日放送テレビ、名古屋テレビ、北海道テレビ
九州朝日放送、広島ホームテレビ、静岡朝日テレビ、東日本放送、新潟テレビ21
©Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ