映画情報どっとこむ ralph 『おいしい家族』のふくだももこ監督が、新作『君が世界のはじまり』を引っ提げ、“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に再び登場。収録はZoomにて実施され、前作の収録回でもMCを務めたライター・折田侑駿を相手に、企画の経緯や松本穂香との再タッグなど語りました。
映画情報どっとこむ ralph 本作は、ふくだ監督自身による2本の短編小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を原作に、『リンダ リンダ リンダ』『愚行録』などの向井康介が脚本化し、ふくだ監督本人がメガホンを取ったもの。まったく異なる二つの青春譚が、向井の鮮やかな手腕によって群像劇となり、ふくだ監督の瑞々しい感性が、若い俳優陣と見事な化学反応を起こしている。

本来、交わり合うはずのない二つの世界を繋ぎ合わせた本作は、原作にはないエピソードを入れ込むことによって高校生6人の群像劇として成立している。このエピソードを入れたのは脚本家の向井だ。これにふくだ監督は、「そもそも自分自身、“二つの小説を一つの映画にする”ということをよく分かっていなかった。でも、向井さんが書かれたプロットを読んでみて、『こういうことか!』と。『プロってマジすげえ』って思いました」と語る。折田が「あなたもプロでしょう?」と笑いながら返すと、「経験値が全然違う。第一線でやられている方は違いますよ」と答えている。

さらに、松本穂香との再タッグの理由について折田が質問すると、「彼女の出演作を観ていると、つくづく『いい俳優だな』と思います。だから、また一緒にやりたいという気持ちがありました」とふくだ監督。続けて、「かつての映画監督……例えば小津安二郎監督や伊丹十三監督など、監督と主演俳優が同じ組み合わせで撮ることが多かった。それに対して憧れの気持ちがあったんです」と明かす。監督自身、この願いがこんなに早く叶うとは思ってもみなかったようだ。

普段からふくだ監督と交流があり、彼女の人となりを知る折田は「第二作目にして、さっそく集大成的な作品になっている気がする。『おいしい家族』で伝えようとしたメッセージはもちろんのこと、ふくだ監督のすべてが詰まっていると思う」と語る。これにふくだ監督は、「本当に向井さんのおかげです。たしかに集大成ですよね……。でも自分ではない人が脚本を書いているからか、変な気負いはなく、もうすでに映画と距離を取れています。言いたいことを全部詰め込んでしまっていますが、恥ずかしくはない。不思議な感覚です」と答えている。

その他ふくだ監督は、群像劇をやってみての感想や、フレッシュな若手俳優陣のキャスティング、憧れのベテラン俳優陣との仕事について、また本作のカギとなるTHE BLUE HEARTSについてもたっぷりと語っている。ふくだ監督のキャラクターも垣間見える、重要な収録回だ。

映画情報どっとこむ ralph 活弁シネマ倶楽部

公式HP:
https://katsuben-cinema.com/
公式ツイッター:
@katsuben_cinema
映画情報どっとこむ ralph 君が世界のはじまり

7月31日(金)より、全国ロードショー

https://kimiseka-movie.jp/

あらすじ
希望と絶望を爆発させる夜が幕を開ける──。大阪の端っこのとある町で、高校生による父親の殺人事件が起きる。その数週間前、退屈に満ちたこの町では、高校生たちがまだ何者でもない自分を持て余していた。授業をさぼって幼なじみの琴子と過ごすえん、彼氏をころころ変える琴子は講堂の片隅で泣いていた業平(ナリヒラ)に一目惚れし、琴子に憧れる岡田は気にもされず、母親に出て行かれた純は東京からの転校生・伊尾との刹那的な関係で痛みを忘れようとする。皆が孤独に押しつぶされていたその夜に、事件は起きた。
『君が世界のはじまり』ポスタービジュアル

原作・監督:ふくだももこ 『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』

松本穂香 中田青渚 片山友希 金子大地 甲斐翔真 小室ぺい 板橋駿谷 山中 崇 正木佐和 森下能幸 江口のりこ 古舘寛治
 
脚本:向井康介 
音楽:池永正二 
撮影:渡邊雅紀 
照明:林 大智 録音:西 正義 整音:原川慎平 編集:宮島竜治 
美術監修:小坂健太郎 衣裳:宮本茉莉 ヘアメイク:有路涼子 スチール:木村和平 助監督:伊藤希紗 
企画制作:オフィス・シロウズ
配給:バンダイナムコアーツ
製作:『君が世界のはじまり』製作委員会 バンダイナムコアーツ アミューズ オフィス・シロウズ
©2020『君が世界のはじまり』製作委員会 ※古舘寛治の「舘」の正式表記は、舎に官です。

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ