映画情報どっとこむ ralph 現在開催中の(2020年7月17日~30日米国東部夏時間)日本映画祭 第14回「ジャパン・カッツ」ネクストジェネレーション・コンペティション部門の第1回大林賞受賞作品決定について下記の通りにお知らせいたします。

NYに位置するジャパン・ソサエティー(JS)映画部が主催する現在開催中(2020年7月17日(金)〜7月30日(木)*米国東部夏時間)の日本映画祭・第14回 『JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ〜』で若手の映像作家の活動を後押しすることを目的に今年より新しく設けたネクストジェネレーション・ コンペティション部門の第1回大林賞は、アンシュル・チョウハン監督の処女作品『コントラ』に贈られます。故・大林宣彦監督(1938~2020年)の日本映画界での偉業を称えて名を冠した「大林賞」(Obayashi Prize)は、本ネクストジェネレーション部門において紹介している若手監督の自主制作によるストーリー性の高い厳選した長編7作品の中から映画関係者の審査員が総合的な観点から将来性と才能を発揮している最も優れた作品を選出しています。

審査員の安藤桃子氏、ジュリアン・ロス氏、そして高松美由紀氏は次のように述べています。

「日本を含む世界の映画業界が 危機的な変化に直面している今、ネクストジェネレーション・コンペティション部門は我々、審査員に日本映画界の未来を見据えるというポジティブな意欲をかき立てました。受賞作品は、(大林監督が築き上げていたように)過去の重さと、それに伴う我々の責務を探求しています。過去の出来事に根ざした作品でありながら、登場人物の少女が成長する過程の多感な状況をきめ細かく描かれていることと、少女がいかに物語を導いていったかという点に心を打たれました。この作品の監督は、映画という枠の中で彼独自の世界を創り上げるべく、日本を見ることができる双眼鏡を持ち続けることができる監督だと信じています。猛スピードで変化し、進化するNEXT GENERATION。奇しくも最も大和魂を感じる一本、そしてこれからの未来に最も期待を覚えさせたのは後ろ向きに走る男を主人公にした映画だった。2020年日本映画祭ジャパン・カッツの第1回大林賞はアンシュル・チョウハン監督の『コントラ』に贈ります。」

米国東部夏時間の2020年7月30日(木)午後9時から本映画祭のクロージング・セレモニーとアンシュル・チョウハン監督の第1回大林賞の受賞スピーチや質疑応答を動画ライブ配信で開催します。本映画祭は本作品を含む42本の日本映画作品を7月30日(木)午後11時59分(米国東部夏時間)まで視聴可能です。観客賞の発表は開催期間後に発表します。

映画情報どっとこむ ralph 【ネクストジェネレーション・コンペティション部門について】
今年より新しく設けたネクスト・ジェネレーション・コンペティション部門では、日本映画の未来を垣間見ることができる次世代の若手監督の自主制作によるストーリー性の高い長編作品を7作品を厳選して上映します。また、さらに新しく設けた故・大林宣彦監督(1938~2020年)の日本映画界での偉業を称えて名を冠した「大林賞」では、映画関係者の審査員が最も優れた作品を本ネクスト・ジェネレーション部門の中から1作品を選出します。

第1回目となる今回は、大林賞を受賞したアンシュル・チョウハン監督の『コントラ』の他に三澤拓哉監督の『ある殺人、落葉のころに』、鈴木冴監督の『神様のいるところ』、片山享監督の『轟音』壷井濯監督の『サクリファイス』 、山田佳奈監督の『タイトル、拒絶』、そして中川奈月監督の『夜のそと』など、若手監督たちの厳選した7作品で構成されています。

大林監督は次の言葉を残されています。
「笑顔と、生きること、そして、今日より少し良い明日をたぐり寄せるために、ぼくは映画を拵えてきた。だから、ぼくの続きはみんながやってね。」
この言葉の通り「大林賞」は、独創的な宇宙感、創造性を特徴とする先駆的な映画人の大林宣彦監督に敬意を表して、次世代の映画作家に贈られます。大林賞は、映画業界の専門家から構成される審査員により、本映画祭のネクスト・ジェネレーション部門で最も優秀な独立系長編映画監督に贈られます。総合的な観点から最も将来性と才能を発揮している若手の映像作家の活動を後押しすることを目的としています。

大林監督の長女で料理家、映画監督の大林千茱萸氏は、下記のように述べています。

「父が映画作家として歩んできた道がこうして、また新たな未来の作家さんたちへと受け継いで戴けること、たいへん光栄であり、誇らしい限りです。父と共に映画を作り続けてきたプロデューサー恭子さんも、涙ぐみながら『たいへん嬉しいです、感謝します』と、皆さまに伝えて欲しいとのことでした。」

映画情報どっとこむ ralph 【大林賞受賞作品紹介】

『コントラ』 Kontora

第二次世界大戦時に記された祖父の日記を辿って、ソラは不可思議な宝の探索を始める。その頃、無言で後ろ向きに歩くホームレス男が、ソラの住む街へと迷い込む。もしかしたら男は、ソラと彼女の父親との凍結された関係を溶かす触媒となり得るのかもしれない。エストニアのタリン・ブラックナイト映画祭で日本映画初の最優秀賞と最優秀音楽賞を受賞。

2019年/143分
監督:アンシュル・チョウハン 出演:円井わん 間瀬英正

【「大林賞」審査員紹介】

安藤桃子
映画監督。長編デビュー作『カケラ』(2010年)は、国内外の映画祭で高い評価を得る。2010年に発表した『カケラ 人生のかけら』は、国内外の映画祭で高い評価を受ける。2012年には初の小説を発表し、妹の安藤サクラ主演で『0.5ミリ』(2014年ジャパン・カッツ上映作品)を監督し、上海国際映画祭最優秀監督賞をはじめ国内外の映画祭で数々の賞を受賞した。現在、高知県在住の映画館キネマMの代表監督を務めている。

ジュリアン・ロス
ロカルノ映画祭、ロッテルダム国際映画祭のプログラマー。ライデン大学社会芸術センター(LUCAS)の助教授、オランダ映画アカデミーのメンターを務める。展覧会「More Than Cinema」の共同キュレーターを務めている。城之内元春、田名網圭一(パイオニアワークス、ブルックリン)、『日本の拡張された映画とインターメディア』の共同編集者。1960 年代の批評的テクスト(ベルリン:アーカイブ・ブックス)

高松美由紀
国内外でサービスを提供している数少ないフリーストーンプロダクションの創業者CEO。フリーストーン・プロダクションズは、制作から販売、PR、配給まで、国内外を問わず、すべてを手がけている。フランス映画祭、京都映画祭、東京国際映画祭などの国際PRに奔走している。『十年 Ten Years Japan』のプロデューサーでもある。

映画情報どっとこむ ralph 【チケット・インフォメーション】
視聴方法:ビデオ・オン・ディマンド(VOD)モデルのレンタル方式
*米国内で視聴可能
*本映画祭開催中(2020年7月17日〜30日*米国東部夏時間)、配信プラットフォーム上のサイトで作品をご視聴いただけます。再生可能期間はチケット購入した作品を再生開始してから30時間以内となります。

長編作品(1作品):一般 7ドル/ 会員 5.25ドル(25%割引)
会場: Shift72の配信プラットフォーム上(オンライン上)

https://www.japancuts.japansociety.org

映画情報どっとこむ ralph

ジャパン・ソサエティー(JS)夏の映画祭「JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ~」は2007年の開始以来、累計でおおよそ7万人以上の観客を動員し、全米初公開作品を多く含む300本以上の邦画を上映してきました。今までに、『告白』、『モテキ』『キツツキと雨』『フィッシュストーリー』『かもめ食堂』『愛のむきだし』『殯の森』『モンスターズクラブ』『ゆれる』『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『春との旅』、『舟を編む』など、バラエティに富んだ作品を上映し、パネルディスカッションや、上映後のパーティー、映画監督や俳優達との質疑応答セッションも開催。過去のジャパン・カッツには、樹木希林、役所広司、長澤まさみ、二階堂ふみ、北村一輝、安藤サクラ、オダギリジョー、斎藤工、小橋賢児、入江悠、藤原敏史、松井久子、藤原竜也、田口トモロヲ、豊田利晃、金子修介、河瀨直美、熊切和嘉、西川美和、荻上直子、園子温、高橋玄、若松孝二、矢崎仁司、行定勲、瀬田なつき、山本政志、蒼井そら、石橋義正、小林政広、エリック・クー、原一男、佐藤信介らが参加・登場しています。2020年は、本映画祭を開始以来初めて、オンライン上で開催され、ジャパン・ソサエティーの劇場内で開催されない初めての年となります。

JS映画部は、JSの芸術・文化プログラムの一環として、伝統的な作品から独立系の作品まで、多様で厳選された映画の数々を上映してきました。また巨匠作品の回顧上映や、テーマに沿った映画シリーズ、全米初公開作品のプレミアも行っています。詳細はhttp://www.japansociety.org/film をご覧下さい。

【ジャパン・ソサエティ―(JS)について】

JSは、1907年(明治40年)にニューヨークに設立された米国の民間非営利団体です。全米最大の日米交流団体として、両国間の相互理解と友好関係を促進するため、多岐に渡る活動を1世紀以上にわたって続けています。その活動範囲は、政治・経済、芸術・文化、日本語教育など幅広い分野にまたがる各種事業や人物交流などを通じて、グローバルな視点から日本理解を促すと同時に、日米関係を深く考察する機会を提供しています。今日、JSは日米の個人・法人会員をはじめ、政財界のリーダー、アーティスト、教育関係者、学生など様々な参加者を対象に年間約200件のプログラムを提供しています。www.japansociety.org  

2020年 日本映画祭・第14回「JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ~」は、以下の団体・企業および個人より支援・後援を頂いています。

JAPAN CUTS is sponsored by Shiseido Americas with additional support provided by Sapporo U.S.A., Inc..

JS映画部(2020年-2021年度)は、以下の財団・基金・企業および個人より支援・後援を頂いています。

Japan Society Film’s programs are generously supported by the Lila Wallace-Reader’s Digest Endowment Fund and Gaia Holistic Health Foundation/Dr. Kazuko Tatsumura-Hillyer.

Additional season support is provided by The Globus Family, David Toberisky, Geoff and Fumi Matters, Laurel Gonsalves, James Read Levy, Masu Hiroshi Masuyama, Akiko Koide and Shohei Koide, Dr. Tatsuji Namba, George Gallagher, David S. Howe, Michael Romano, Hiroshi Tsuyuki and Yasuko Tsuyuki, and an anonymous donor.

Transportation assistance is provided by Japan Airlines, the exclusive Japanese airline sponsor.

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ