映画情報どっとこむ ralph 父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな≪家族写真≫を世に送り出した写真家・浅田政志。普通の家族が、消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋…等々、全力でなりきった姿を収めた写真集「浅田家」は、思わず笑みがこぼれる仲睦まじい家族の光景として好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞しました。本作は、この写真集「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、第41回報知映画賞作品賞、第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき、独自の目線で紡いだ、オリジナルストーリー作品です。
二宮和也『浅田家!』1129場面写
写真家・浅田政志を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族を、ユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか、一人の写真家の人生を通して、≪家族の絆≫、≪写真が持つ力≫を色濃く映し出します。

主人公・浅田政志を演じるのは、クリント・イーストウッド監督作『硫黄島からの手紙』(06)で国内外に鮮烈な印象を残し、『母と暮せば』(15)で第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、『検察側の罪人』(18)で第43回報知映画賞助演男優賞、第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した、二宮和也。今作では実在の人物に初挑戦。無茶で自由奔放ながらどこか許せてしまう人間味溢れるキャラクター・政志を、圧倒的な存在感と演技力で魅せます。
共演に、『悪人』(10)、『怒り』(16)、『家族はつらいよ』シリーズなど、好青年から殺人犯まで幅広い役に常に全身全霊で挑む、妻夫木聡。『悪人』で第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、『怒り』では第40回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。確かな演技力で日本映画界を支えてきた妻夫木が、やんちゃな弟・政志を温かく見守る心優しい兄・幸宏を演じます。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度豪華キャストが発表となりました!

政志の父役に、数々の舞台、映画、ドラマで活躍する平田満。看護師の妻の代わりに家事全般を担当し、寡黙で温厚な父・章を演じます。母・順子役には、市川崑、中原俊、黒沢清、阪本順二、是枝裕和、山田洋次監督作品と数々の名高い名匠たちとタッグを組んできた風吹ジュン。よく喋り、よく笑う、浅田家の明るいムードメーカーで政志たち家族を支えます。

そして、政志の幼なじみの若奈役に、自身初出演となる山田洋二監督作品『小さいおうち』(14)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞し、翌年同じく山田監督作品『母と暮せば』(15)で第39回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した若手実力派の黒木華。二宮とは『母と暮せば』以来5年ぶり2回目の共演となります。また、写真洗浄のボランティアで政志が出会う東北の大学院生・小野役に2009年俳優デビュー後、『共喰い』(13)」、『溺れるナイフ』(16)、『帝一の國』(17)、『糸』(20)と数々の作品で幅広い役柄を演じ、『あゝ、荒野』(17)では第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞他数々の映画賞に輝いた、若手演技派の菅田将暉が演じます。

その他にも渡辺真起子、野波麻帆、北村有起哉と日本映画界を代表する超豪華俳優陣が集結しました。

さらに、浅田政志撮影“映画『浅田家!』版・コスプレ⁉家族写真”が解禁となりました!

原案の写真集「浅田家」の表紙となっている浅田家の消防士写真。劇中でも、父がなりたかった職業・消防士に、映画『浅田家!』の4人のキャストがコスプレし、家族写真を撮影しています。映画『浅田家!』版コスプレ家族写真は、浅田政志本人が撮影。原案の写真をリアルに再現しました!キャスト陣も浅田のミリ単位のディレクションに従って、全力でなりきり、思わず笑みがこぼれる家族写真に仕上がっています。映画本編には今回解禁となった「消防士」含め全19点のコスプレ家族写真が登場!どうぞご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 予告編もついに解禁!
予告編でも、“なりきり家族写真”が登場し、笑える反面、「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何か?」と自問自答しながらも、一枚の写真のチカラを信じて成長していく政志の姿が感動的に描かれます。
予告編、特報は7月17日より全国の劇場で上映予定です。

小説版「浅田家!」も発売決定!
中野量太監督が書き下ろした小説版「浅田家!」が8月7日徳間文庫より発売されます。本文中には映画『浅田家!』版コスプレ家族写真がグレースケールで5点登場!必見必読の1冊です!

映画情報どっとこむ ralph 一枚の写真のチカラを信じて—――
「家族」を撮りつづけた一人の写真家と、彼を信じ、支えつづけた「家族」の≪実話≫。
日本映画界を代表する超豪華キャスト&スタッフで贈る、
笑いと涙あふれる、この秋最高の感動作!!どうぞご期待ください!

映画『浅田家!』
2020年10月2日(金)全国東宝系公開
【HP】
asadake.jp
2020年7月16日(木)AM8:00オープン

【Twitter】
映画『浅田家!』
 @asadake_movie  
https://twitter.com/asadake_movie

ストーリー
消防士、レーサー、ヒーロー、バンドマン……家族全員を巻き込んで、それぞれが“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる≪家族写真≫で、写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞した、写真家・浅田政志(二宮和也)。受賞をきっかけに各地の家族から撮影依頼を受け、≪家族写真家≫としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こるー。かつて撮影した家族の安否を確かめる為に向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族も家も全てを失った人々の姿だった。

「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何か?」
シャッターを切ることが出来ず、自問自答を繰り返す政志。津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗浄して、家族の元に返す≪写真洗浄≫の活動に参加し、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、再び≪写真の持つチカラ≫を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。
「私も家族写真を撮って欲しい!」それは、津波で父親を失った少女の願いだった—――。

***********************************

出演:二宮和也
黒木華 菅田将暉 風吹ジュン 平田満
渡辺真起子 北村有起哉 野波真帆
妻夫木聡
原案:浅田政志「浅田家」「アルバムのチカラ」(赤々舎刊)
監督・脚本:中野量太
脚本:菅野友恵
製作:東宝映画、ブリッジヘッド、パイプライン
配給:東宝
©2020「浅田家!」製作委員会
©浅田政志

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ