映画情報どっとこむ ralph 《芥川賞&文藝賞をW受賞》した若竹千佐子のベストセラーを沖田修一監督が待望の映画化!『おらおらでひとりいぐも』が今秋公開いたします。

そして!主題歌が「賑やかな日々」に決定!
歌:ハナレグミ×作詞:沖田修一×作曲・編曲:鈴木正人!

原作に惹かれ脚本執筆に至った渾身の本作で、沖田監督は初めて作詞にも挑戦。主人公桃子さんの日常を監督作同様の優しい筆致で描いています。そんな《桃子さんの世界》に寄り添った歌詞を、是枝裕和監督作『海よりもまだ深く』(16)以来4年振りの映画主題歌となるハナレグミが、まるで語り掛けるように深く温かい歌声で軽やかに響かせます。作曲・編曲は、LITTLE CREATURESとしても活動し、UAや高橋幸宏、菊地成孔など多くのミュージシャンから支持され、今年2月に行われたハナレグミのワンマンライブ「THE MOMENT」にも参加した鈴木正人。鈴木は主題歌だけでなく、本作の劇伴も担当し、ユーモアあふれる人間賛歌を盛り上げます。

●沖田修一監督
歌詞をちゃんと書いたのは、初めてです。短い言葉の中に、映画への思いを詰めなくてはいけなかったので、難しかったです。以前から好きだった鈴木さんや、ハナレグミさんと一緒に、この映画の主題歌を作れることは、なんて贅沢なことなんだろうと思います。ずっと聞いていたいような、軽やかで、品があって、まるで桃子さんの日常みたいで、とても気にいっています。

●ハナレグミ
この時期 何もできず部屋に引きこもっていたところに 一筋の光明!
にこやかな歌詞と 美しいメロディーが届き、そしてその一曲を最高のミュージシャンと奏でられたことがとても幸せでした。
我が家の母の謎な腰振りダンスは 言葉以上の 「だいじょぶだ」を僕に与えてくれます。
その背中にカーディガンを掛ける気持ちで歌いました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『おらおらでひとりいぐも』

今秋、全国 公開

公式HP:
http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/

75歳でひとり暮らしをしている主人公“桃子さん”役には映画『いつか読書する日』以来15年ぶりに映画主演を務める田中裕子。世代を超えて熱烈なファンを持ち、長きにわたって第一線で活躍する田中が、古代生物に夢中な主人公・桃子さんを魅力的に演じます。そして桃子さんの「娘の時代」「妻の時代」を蒼井優が二人一役で務めます。

メガホンをとるのは『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』『滝を見にいく』『モヒカン故郷に帰る』『モリのいる場所』などを手掛け、数々の国内外の映画賞を受賞し、ユーモア溢れる演出で沢山の愛おしいおじさん、おばさん、おじいさん、おばあさんを描いてきた沖田修一監督。東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎ら豪華俳優陣も集結し、エネルギッシュな桃子さんの日常を彩ります。

ストーリー
昭和、平成、令和をたくましく生きてきた“桃子さん”がパワフルに日々をかけぬける!
75歳、ひとり暮らしの“桃子さん”。突然夫に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに…しかし、毎日本を読みあさり46億年の歴史に関するノートを作るうちに、万事に対してその意味を探求するようになる。すると、桃子さんの“心の声=寂しさたち”が音楽に乗せて、内から外へと沸き上がってきた!その日から桃子さんの生活は賑やかな毎日へと変わっていく――。

***********************************

田中裕子
蒼井 優 東出昌大/濱田 岳 青木崇高 宮藤官九郎
田畑智子 黒田大輔 山中 崇 岡山天音 三浦透子/六角精児 大方斐紗子 鷲尾真知子
原作:若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」(河出文庫)
監督・脚本:沖田修一 音楽:鈴木正人 主題歌:ハナレグミ「賑やかな日々」(スピードスターレコーズ)
撮影:近藤龍人 照明:藤井勇 美術:安宅紀史 録音:矢野正人(JSA) 編集:佐藤崇
製作:『おらおらでひとりいぐも』製作委員会 配給:アスミック・エース
公式HP:http://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/ 公式Twitter:@oraora_movie
© 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ