映画情報どっとこむ ralph 全国にて公開中の映画『HERO〜2020〜』は、昨年7月に上演された舞台『HERO 〜2019夏〜』を映画化し、『誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になる』という気持ちを届けてくれるハートウォーミング・コメディ。
舞台版に引き続き、秘密を抱え、明日に踏み出せないでいる主人公・広樹役を廣瀬智紀が、穏やかな中に強さを秘めた広樹の恋人・浅美役を北原里英が演じ、2人の“2年間限定の恋”をめぐる笑いと感動の大騒動が描かれています。

7月11日(土)、主演・廣瀬智紀、小松準弥が刈谷日劇での上映後の「リモートアフタートークショー」に登壇。大いに盛り上がりました。

『HERO〜2020〜』リモートアフタートークショー
場所:刈谷日劇
開催日:7月11日(土)
登壇者:廣瀬智紀 小松準弥

映画情報どっとこむ ralph 本来であれば昨日初日を迎えた刈谷日劇に行き、皆様と直接お会いしたかったという主演の廣瀬智紀と小松準弥だが、新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、リモートにてアフタートークショーを行った。
刈谷日劇にご来場のお客様とコミュニケーションがとれるように東京の二人と刈谷日劇のお客様とを双方向で繋ぎ、リモートフォトセッションも実施した。

廣瀬は、「今日、一緒にアフタートークショーをする(小松)準弥が人生初の映画の舞台挨拶になるので、すごくプレミアムな舞台挨拶にして、皆様との時間を楽しく共有したいと思います。」と挨拶し、続いて小松も「初舞台挨拶なので、楽しんでいきたいと思います!」と意気込みをみせた。

記念すべき映画初出演作品となった小松は、「映画初出演ということで、最初めちゃめちゃ緊張していたのですが、映画の撮影の前に舞台版で皆さんと作品をつくらせていただいていたので、その時に信頼関係や仲を深めることはできていました。なので撮影の時には変な緊張をしないで、楽しく演じることができました」と当時を振り返った。

廣瀬演じる広樹という役と小松が演じる松島という役のどちらに自身が似ているかを聞かれた廣瀬は、「準弥が演じている松島という役は、8年前に僕は舞台で演じたことのある役です。準弥と同じ年齢くらいの時に演じた役でした。8年たって今回は広樹を演じてみて、広樹のような落ち着いた役柄のほうが、自身の年齢と重ねてみると今はしっくりくるし合っていると感じています。」と、年齢により役に対する想いも変わってくることを話した。

お互いの印象を聞かれた二人は、「準弥は“真面目、正直者、ワンちゃん”の3拍子揃っている。準弥に対して一番最初に感じたことは、ブレない真面目さと正直さを兼ね揃えていて、信頼できる人だということでした。初めましての方を前にすると身構えることもあると思うのですが、準弥は人を笑顔にしてくれる素敵な性格の持ち主だと感じていて、このHEROチームは皆んな彼に対して同じ印象をもっていると思います。そして、ワンちゃんと表現したのは、なつく大型犬という意味です(笑)」と伝えた。続いて小松は「廣瀬さんとは舞台の顔合わせの時に初めてお会いしましたが、“マイナスイオンのかたまりだ”と思いました!“来ていいよ”という空気感をもっていて、一緒にいると落ち着く癒しです。稽古中、なぜか隣に座ってしまう方です(笑)」と、いい人センサーがでていることを笑顔で語っていた。

最後に、小松は「ご観劇とアフタートークありがとうございました。初映画出演と初舞台挨拶でしたが、お客様とコミュニケーションをとることができて、本作の世界感を届けられたのだと感じて、嬉しいです!」と挨拶した。
廣瀬は「本来であれば刈谷日劇に足を運んで、皆さんの前でご挨拶したかったのです。エンターテインメントに関わる者としても、人を元気にして幸せにするためには、作品のテーマである、何事にも勇気をもって一歩を踏み出すことが大切なのだと改めて感じています。そしてこの作品はそう思わせてくれると思います。ご来場ありがとうございました。そして刈谷日劇の支配人も機会を与えてくださってありがとうございました!」と、来場者そして劇場関係者への感謝も述べた。

トークショー内では「リモートフォトセッション」も実施された。
事前にツイッターで募集をし、その中から選ばれた “今日のヒーローポーズ”などの3つポーズだけでなく、追加1ポーズもおまけとしてお客様のリクエストにこたえてくれ、フォトセッションは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『HERO〜2020〜』

刈谷日劇ほか全国順次公開中

公式HP:www.mmj-pro.co.jp/hero2020/

公式Twitter
@HERO2019summers

<あらすじ>
2年間限定の約束で始まった広樹(廣瀬智紀)と浅美(北原里英)の恋。広樹には、こんな約束を言い出さなければならない“秘密”の理由があった。一方、浅美は、2年という日々を一緒に過ごす中で、きっと彼の決意が変わるはず、と信じていた。そして2年後、運命の時が明日に迫った日。広樹は、仕事中に怪我をして入院してしまう。見舞いに訪れた浅美は、広樹の怪我が軽いと知ってほっとする。だが同時に、広樹の別れの意思が固いことを感じ、落ち込んでしまうのだった。
そんな浅美の様子を不審に思った広樹の妹・真菜(前島亜美)は、浅美からこの奇妙な約束のことを聞き出して驚く。ふたりの幸せを願っていた彼女は、兄・広樹の決意の裏には、何か“秘密”の理由があるはずだと信じ、浅美にも内緒で、ある行動に出る。どんな悩みでも受け付けるという触れ込みのレンタル人材派遣会社を見つけ、「明日中に兄の“秘密”を突き止めて、ふたりが別れないで済むようにして欲しい」と相談したのだ。話を聞き終わった社長・松島(小松準弥)は、自信たっぷりに宣言する。「パターン31だな」。その作戦に戸惑い、いぶかしく思いながらも、あまりにも自信満々な彼に圧倒され、依頼してしまう真菜だった。
そしてついに運命の日。だがこの作戦は、入院患者から“死神”まで巻き込んで、とんでもない大騒動になっていく。勘違い、思い込み、おまけに悪ノリも加わって、それぞれの思惑が絡み合い、どこに向かうか予測不能!
果たして、広樹の“秘密”とは? 彼の決意は変わるのか? そして、広樹と浅美の《2年間限定の恋》の行方は?
HERO

***********************************

廣瀬智紀  北原里英
小松準弥 前島亜美 小早川俊輔
小築舞衣 中村涼子 米千晴(TAIYO MAGIC FILM) 小槙まこ 加藤玲大 後藤拓斗 双松桃子
飛鳥凛 伊藤裕一 根本正勝 今立進(エレキコミック)
松尾諭 斎藤工(友情出演)

原作:TAIYO MAGIC FILM 第1回公演「HERO」
エグゼクティブプロデューサー:石田誠 中西研二 プロデューサー:村田泰介 協力プロデューサー:皆川拓也
音楽:浅梨なおこ(avenir LLC) 撮影:神田創 照明:丸山和志 録音:吉方淳二 衣装プラン:摩耶
監督・脚本 西条みつとし

配給:ベストブレーン 企画:MMJ 製作:「HERO」~2020~製作委員会
宣伝:登山里紗/とこしえ

© 「HERO」~2020~製作委員会
日本語/カラー/100分

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ