映画情報どっとこむ ralph ユニバーサルのクラシック・キャラクターにインスパイアされ、最先端の技術で恐怖と狂気に満ちた「透明人間」を描く映画『透明人間』が7月10日(金)より全国公開いたします!

『ゲット・アウト』、『アス』などの製作でハリウッドのホラー映画を牽引するブラムハウス・プロダクションズと『ソウ』シリーズの生みの親リー・ワネルが監督、脚本、製作総指揮を手掛けた、本年度注目No.1の恐怖映画。
主演は『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞、エミー賞主演女優賞受賞のエリザベス・モス狂気の演技で、これまでのイメージを一新しサスペンスフルに「透明人間」を描く。

透明人間の存在を訴えるが誰も信じてくれない…
この度、セシリアの精神が徐々に狂気に苛まされいく様子をとらえた本編映像が到着致しました!

過度な束縛を行う恋人のエイドリアンから、命からがら、逃げ出すことに成功したセシリアだが、エイドリアンはショックのあまり自殺をしてしまう。
しかし、その後からセシリアの身の回りでは、まるで”見えない誰か”が存在しているかのような異変が起こるようになる。

解禁された映像では、セシリアがエイドリアンの実の兄であるトムに、透明人間の正体は自ら命を絶ったエイドリアンなのではないかと訴えかける姿が映し出される。エドリアンが天才科学者として数々の賞を受賞していたことから「彼は発明した。透明人間になる方法を。」と真剣に語るセシリアだが、隣に座った親友のジェームズは両目を見開き、信じられないといったような表情を見せ、またトムも「発明ではなく、弱点を見抜く天才です。故人になっても追い詰める。
発明より怖いのは、そう思わせることです。」と、まるでセシリアの妄想であるといったかのように話すなど、二人とも全く信じる素振りをみせない!

しかし、セシリアはそれでも「彼は死んでいない。」と異常すぎるほど力強い眼差しでトムを見つめ返しており、その姿からは次第にセシリアが狂気に包まれていくことを予感させる…!

映画情報どっとこむ ralph 「セシリアには自分の中にある強さを見つけてほしいと思った。」とキャラクターに込めた思いを明かすのは監督としてメガホンを取るだけでなく、脚本の執筆も手掛けたリー・ワネル。
映画の冒頭ではエイドリアンの束縛によって、すでに心に大きな傷を負っているセシリアだが、さらに追い打ちをかける出来事が次々と巻き起こっていくなかで、封じ込められていた感情が爆発し、覚醒していく。
ワネルは「映画の脚本を書くときには、”主人公を木の上に追い込み、石を投げつけろ”という古いことわざを大事にしている。主人公を襲う逆境が多ければ多いほど、素晴らしい葛藤が生まれるからね。セシリアを不利な状況に追い込み、観客に”一体どうやって生き延びるんだ?”と思わせるくらいにね」と明かしており、元恋人のトラウマを抱え、透明人間に命を狙われ、さらに周りにも信じてもらえないという状況に陥ったセシリアがたった一人でどのようにして立ち向かっていくのか!?

『ソウ』シリーズを始め、様々な作品で巧みなストーリーを生み出してきたリー・ワネルが描く、力強いヒロイン像と新たな”透明人間”の物語の行方に目が離せない!

映画情報どっとこむ ralph 映画『透明人間』
原題『The Invisible Man』

<ストーリー>
富豪で天才科学者エイドリアンの束縛された関係から逃げることの出来ないセシリアは、ある真夜中、計画的に脱出を図る。悲しみに暮れたエイドリアンは手首を切って自殺をし、莫大な財産の一部を彼女に残した。セシリアは彼の死を疑っていた。偶然とは思えない不可解な出来事が重なり、それはやがて、彼女の命の危険を伴う脅威となって迫る。セシリアは「見えない何か」に襲われていること証明しようとするが、徐々に正気を失っていく。

***********************************

監督:リー・ワネル『アップグレード』『インシディアス 序章』
製作:ジェイソン・ブラム 『ゲット・アウト』、『スプリット』、『アス』

キャスト:エリザベス・モス『アス』「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」、オルディス・ホッジ『ストレイト・アウタ・コンプトン』、 ストーム・リード

2019/アメリカ/
© 2020 Universal Pictures
配給:東宝東和

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ