映画情報どっとこむ ralph この度、10月23日(金)より全国公開の河瀨直美監督最新作『朝が来る』。

本日7月3日(金)スペイン時間の11時 [日本時間18時]に、第68回サン・セバスティアン国際映画祭[9月18日(金)~26日(土)開催予定]のラインナップ発表が行われ、本作のコンペティション部門への出品が決まりました。河瀨直美監督にとってサン・セバスティアン国際映画祭コンペティション部門への出品は、国際批評家連盟賞を受賞した『玄牝』(10年)、『Vision』(18年)に続いて3作目となります。尚、『朝が来る』ではカンヌ国際映画祭【CANNES 2020】、トロント国際映画祭に続く国際映画祭への選出が決定し、日本公開への期待が高まります。

受賞結果は映画祭最終日の現地時間9月26日(土)に発表されます。

映画情報どっとこむ ralph 第一報を受けた、河瀨直美監督からのコメントが届いています!

●河瀨直美監督コメント
サンセバスチャンには、10年前、6歳の息子と一緒に行った時の記憶が鮮明です。小さな手を引いて歩いた海辺の街には映画を愛する人々がたくさんいて、とても温かな気持ちになった記憶があります。

コロナ禍において歴史あるサンセバスチャン国際映画祭が、開催の意志を持って世界を光の方向に照らしてゆく祭典に、正式出品作として『朝が来る』を選んでくださり感無量です!

10年ぶりのあの海辺の街へ、映画と共に訪れる日が来ることを、ピンチョスを食べて、シードルを飲んで、語らい、分かち合い、できる日が来ることを、願っています!
 河瀨直美監督_サンセバ映画祭(2010-3)
Photo: 河瀨直美監督 サンセバ映画祭(2010-3)

映画情報どっとこむ ralph 『朝が来る』

10月23日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

≪STORY≫
「子どもを返してほしいんです。」
一本の電話から、運命が動き出す―。
一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和と佐都子の夫婦は「特別養子縁組」というシステムを知り、男の子を迎え入れる。それから6年、夫婦は朝斗と名付けた息子の成長を見守る幸せな日々を送っていた。ところが突然、朝斗の産みの母親“片倉ひかり”を名乗る女性から、「子どもを返してほしいんです。それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。当時14歳だったひかりとは一度だけ会ったが、生まれた子どもへの手紙を佐都子に託す、心優しい少女だった。渦巻く疑問の中、訪ねて来た若い女には、あの日のひかりの面影は微塵もなかった。いったい、彼女は何者なのか、何が目的なのか──?
朝が来る

***********************************

【監督・脚本・撮影】河瀨直美
【原作】辻村深月 『朝が来る』(文春文庫)
【共同脚本】髙橋泉
【出演】永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子、中島ひろ子、平原テツ、駒井蓮、田中偉登、佐藤令旺、利重剛
【製作】キノフィルムズ・組画
【配給】キノフィルムズ・木下グループ
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ