鬼才キム・ギドクが南北統一の思いを込めて『レッド・ファミリー』


レッド・ファミリーポスター鬼才キム・ギドクが北と南の「家族」に挑んだ、温かくも切ない衝撃に嗚咽がとまらない、驚異の感動作。

『レッド・ファミリー』

第26回東京国際映画祭、最大の話題を浚い、圧倒的な絶賛評で観客賞受賞!

いびつで不完全で危険な‘ニセ家族’が突きつける、本当の家族愛とは。

韓国の鬼才キム・ギドクが製作・脚本した『レッド・ファミリー』が10月4日(土)新宿武蔵野館他全国順次公開となります。

レッド・ファミリー
父・母・娘・祖父:誰もが羨む理想の一家。実は、北朝鮮スパイが演じるニセ家族。

レッド・ファミリー_sub1隣のダメ一家を「資本主義の限界」とバカにしつつ、しかし淡い憧憬を抱いていたある日、任務に失敗したスパイ一家に下されたのは「隣一家の惨殺」という指令だった。

全てを覆す暖かい衝撃に圧倒的絶賛を受け、第26回東京国際映画祭観客賞を受賞!

鬼才キム・ギドクが南北統一の思いを込めて放つ衝撃の感動作です。
本作で監督を務めたキム・ギドクの秘蔵っ子、イ・ジュヒョン監督の来日が決定しています。

気になる物語ですが・・・
レッド・ファミリー_sub2 人も羨む理想的な4人家族、実は、母国からの使命を遂行し続けるために、家族を演じている北朝鮮工作員チーム「サザンカ班」。

ひとたび家に帰り、玄関のドアをしめると、階級に即した超体育会系。母国の命令を遵守するスパイの顔に一転する。

レッド・ファミリー_sub3隣に住むのは、下らないことで日々罵り合い、犬も食わない喧嘩を昼夜かまわずく垂れ流すしょーもない一家。母国の家族の安全のために、意に即さない苦しい任務をこなし続ける緊迫した日々を送っているサザンカ班の事情など知る由もなく、チャンスあらば鍋を手に突然おしかけてくる。

工作員たちは、「資本主義のバカたちが。」と毒づきながらも、彼らに許されない憧憬を抱いたり、共に暮らしながらも、監視しあい、規制しあわなければならない偽家族に、しかし少しずつ心を許していくー。

そんなある日、サザンカ班 夫役の、母国に人質にとられている妻と子が脱国に失敗したことから事態は暗転し始める。

やがてー

隣の芝生は赤い。

『レッド・ファミリー』

は、10月4日(土)新宿武蔵野館他全国順次公開です。

********************************************************************


『レッド・ファミリー』

監督:イ・ジュヒョン
エグゼクティブ・プロデューサー、脚本、編集:キム・ギドク
出演:キム・ユミ/チョン・ウ『宿命』/ソン・ビョンホ『グッド・バッド・ウィアード』 /パク・ソヨン 

配給:ギャガ
原題:RED FAMILY/2013年/韓国/100分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:朴 理恵

© 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
 
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ