映画情報どっとこむ ralph この度、ミニシアター押しかけトーク隊「勝手にしゃべりやがれ!」が映画『どこへ出しても恥かしい人』の横浜シネマリンでトークイベントのお知らせです!

6月から全国のミニシアターの営業が再開したことを受け、ミニシアターを応援するために4人の男たちが立ち上がった荒井晴彦さん(脚本家・映画監督)、森達也さん(映画監督)、白石和彌さん(映画監督)、井上淳一さん(脚本家・映画監督)。

劇場からのリクエストに応じて、上映されている映画のトークショーにオンラインで出演する“ミニシアター押しかけトーク隊”「勝手にしゃべりやがれ!」を結成、続々と日本各地の劇場に押しかけトークを繰り広げている。そんななか、横浜シネマリンにも男たちがやってくる。しかもスペシャルなゲストも集う!さらにオンラインから一転、リアルトークイベント開催! 今回のお題は他でもない、ただいま横浜シネマリンで絶賛上映中の『どこへ出しても恥かしい人』だ!

“ミニシアター押しかけトーク隊”からは白石和彌さん、井上淳一さんが参加。特別ゲストは、白石和彌監督『凪待ち』の脚本家・加藤正人さん、そして友川カズキさん本人も!『凪待ち』は主人公(香取慎吾演じる)が競輪依存症で落ちぶれていくまさにギャンブラーの性(さが)をリアルに描いたヒューマンドラマであり、加藤さん自身も激烈な競輪狂い、そして友川さんとは長年の“輪友”(りんゆう=競輪仲間)であるという間柄。友川さんの競輪に賭ける異様なほどの本気度がその圧倒的な表現世界と人生哲学とに結びついたさまを活写した本作、そして二度とないであろう本気で豪華な夢のトークをぜひ見届けて欲しい!

映画情報どっとこむ ralph 【日時】6/20(土) 
本編上映20:50~21:55、
上映後トークイベント21:55~22:55
【登壇】
友川カズキさん(本作主演)、加藤正人さん(脚本家)、白石和彌さん(映画監督)、井上淳一さん(脚本家・映画監督)
【映画料】
通常料金(レイト割は適用されません)
【定員】45席限定
映画情報どっとこむ ralph トークイベントはオンラインでの参加も可能です

現在横浜シネマリンでは、コロナ感染予防対策で補助席を入れても45名までしかご入場いただけません。そこで、トークイベントのみオンラインでご参加いただけるチケットを販売することにしました。お家から着席してご覧いただくようなイメージで全国からご参加いただけますし、劇場の支援にも繋がります。ぜひお気軽にご参加ください。

シネマリン詳細ページ
https://cinemarine.co.jp/hazukasiihito/#katteni

『どこへ出しても恥かしい人』

https://hazukasiihito.shimafilms.com/

***********************************

2019年/日本/DCP/5.1ch/64分

出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、林秀宣 六兵衛鮨、菊池豊ほか
監督:佐々木育野
撮影:高木風太/録音:松野泉/車輛:西村立志/編集:宮本杜朗、松野泉、佐々木育野
プロデューサー:酒井力、田中誠一/製作:志摩敏樹/製作・配給:シマフィルム株式会社
  © SHIMAFILMS

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ