映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する映画監督・黒沢清が、主演に蒼井優を迎え挑んだ『スパイの妻』が、映画として10月16日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開することが決定しました。併せて、ティザービジュアルと予告編が到着しました。

今回解禁されたのは、神戸で貿易会社を営む優作(高橋一生)と、その妻・聡子(蒼井優)が洋装に身を包み、真っ直ぐこちらを見つめている、そのどこか緊張感のある面持ちが印象的なティザービジュアル。煌々と燃え盛る炎が二人へ迫り寄り、「時代の嵐が、二人の運命を変えていく——。」というキャッチコピーと相まって、これから彼らが巻き込まれていく波乱の日々を予感させる。

1940年の神戸を舞台に黒沢清監督が初めて挑んだ歴史の闇、そのドラマチックな展開に期待が高まるビジュアルだ。

映画情報どっとこむ ralph 予告編では、1940年太平洋戦争前夜の、物々しくも、活気ある神戸が映し出される。「悪魔のような所業を僕は見た」と声を振り絞る優作と、スパイだと疑われる夫・優作へ、「つかまることも、死ぬことも怖くはありません。私が怖いのはあなたと離れることです!」と思いの丈をぶつける聡子。どのカットをとっても二人の瞳からは生命力が溢れ、意志の強さや絆の深さを一層印象付ける。優作が知ってしまった国家機密とは…?映画ファンのみならず、観るもの全ての心を揺るがす傑作の鱗片をのぞかせる予告編が完成した。

映画情報どっとこむ ralph

『スパイの妻』

10月16日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開

名匠・黒沢清監督のもとに日本を代表する才能が集結!

日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢清の最新作『スパイの妻』。6月6日にNHK BS8Kで放送したドラマ(6月末まで、リピート放送中)をスクリーンサイズや色調を新たにした「劇場版」の公開が決定した。脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)の3人。また、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、浮雲名義で「東京事変」のギタリストとしても活動している長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きをさらに広げている。

主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ純粋な優作を魅力的に体現した。夫婦を取り巻く役者も日本映画界を代表する俳優たちが集結している。

理不尽な歴史の前に、ささやかな幸せが揺らいでいく……。混乱を経た今の日本が刮目して観るべき傑作が誕生した。

物語・・・
1940年。満州で偶然、恐ろしい国家機密を知ってしまった優作は、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、その身が破滅することも厭わず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく……。

***********************************

蒼井優
高橋一生
坂東龍汰 恒松祐里 みのすけ 玄理
東出昌大 笹野高史

監督:黒沢清

脚本:濱口竜介 野原位 黒沢清 音楽:長岡亮介

エグゼクティブプロデューサー:篠原圭 土橋圭介 澤田隆司 岡本英之 高田聡 久保田修

プロデューサー:山本晃久
アソシエイトプロデューサー:京田光広 山口永 

ラインプロデューサー:山本礼二

技術:加藤貴成 撮影:佐々木達之介
照明:木村中哉 録音:吉野桂太

美術:安宅紀史 編集:李英美 
スタイリスト:纐纈春樹 ヘアメイク:百瀬広美

VFXプロデューサー:浅野秀二 
助監督:藤江儀全 制作担当:道上巧矢

制作著作:NHK, NHKエンタープライズ, Incline, C&Iエンタテインメント
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド 配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ
2020/日本/115分/1:1.85 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ