映画情報どっとこむ ralph 2020年5月20日(水)より、映画『AI崩壊』のブルーレイ&DVDの販売・レンタルを開始。

『AI崩壊』5月20日ブルーレイ&DVDリリースを記念し、大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、入江悠監督がリモートで集結!

100名の一般参加者と<オンライントークライブ>を実施しました!
貴重な“おうち時間”の過ごし方や撮影時のエピソード、参加者からの質問に答えるなど、生配信ならではの模様をご紹介。

映画情報どっとこむ ralph 『AI崩壊』ブルーレイ&DVDリリース記念<オンライントークライブ>が、Zoom ビデオウェビナーで開催され、大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、入江悠監督がリモートで集結。

作品の裏話や事前応募で招待された一般ファン100名と交流するなど、盛り沢山なトークライブの様子はYouTube Liveで生配信されました。

主演の大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、入江悠監督が順々に画面上に登場すると、コメント欄は100名のファンによる歓声の嵐が起こった。1月末の劇場公開以来久々の再会となる4名。「まさかこういう形で会うなんて!」と大沢が話すと「変な感じですね!」と賀来が返答。続けて「賀来君はYouTuberだから大丈夫!」と話す大沢に、すかさず賀来がつっこむという一幕も。

また、最近の過ごし方について岩田が「掃除したので部屋がずっと綺麗ですね、ピカピカです」と語ると入江監督も「シソを育ててます!」と近況を明かし、いつもとは一味ちがうリラックスした雰囲気でオンライントークライブがスタート。

岩田と賀来の印象について大沢は「役とは雰囲気も違うし、声まで違う。現場のときの賀来君や岩田君とは別人」と話した。そして開始から怒涛に届くファンのコメントに触れ、早速ファンとトークを行うことに。指名されたファンは興奮しながらも、本作を見て、将来そうなりそうだなと思った、と感想を伝えると監督は「実際にAI研究者に伺ったりしました」大沢は「本当に徹底的にこだわっていたのですごく嬉しいです」とそれぞれ答えてくれました。

撮影で印象深かったことについて聞かれると、大沢は「CGを使わずに本当に車を飛ばしたり、緊迫感が溢れていた」と振り返った。また、本作では走るシーンが多かったようで、「マシーンがあるかと思ったら無くて、本当に毎日朝から走っていましたね」と笑った。賀来も「想像以上の壮大なセットに感動しました。作り込まれていて気分も乗れました!」と振り返った。捜査室のモニターが200台あって、リアリティが追及されていると話した岩田は、ほぼ全編グリーンバックでの撮影だったことにも触れ「とても新鮮でした!」と語った。「良い芝居が生まれるよう細かなところまで、作りましたね」と監督も当時を振り返ります。

また、義理の兄弟という役柄上、大沢と過ごす時間も長かった賀来は大沢の印象について「クールなイメージを持っていたのですが、現場で大沢さんから話しかけてくれたり、関係性を作ってくださった、思った以上に喋れちゃった!」と意外な一面を嬉しそうに話した。すると大沢も「自然と話が合った」と話す一方で、撮影が終わった後、「車で、僕を抜いて帰るのがなぁ」と賀来を茶化し、笑いあう場面も。
一方、最初の顔合わせから少し間が空いて共演となった岩田について、大沢は、こっそり岩田の撮影の様子を見にいったというエピソードに触れ、「岩田君がスタッフの過度な期待にも負けず、ひとり集中して役に入っていてプロの姿を見ました」と話すと、岩田は照れながら「実はあの時夕陽も落ちてきて、焦ってました」と当時の心境を明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph

トークが繰り広げられる中、ファンからの質問コーナーも開催。

【撮影中に緊張したことは?】
という質問に大沢が、初日に賀来君、岩田君と初対面で世間話をする暇もないなか撮影が行われた、と振り返ると、賀来は「監督に物申したい!」と一言。初日に3ページにも及ぶ説明台詞と監督の鋭い視線があったと暴露。さらに「緊張した面持ちの僕をみて座長の大沢さんも笑ってましたよね」と話すと、「おなか抱えて笑ってたね」と大沢も覚えていた様子で笑顔を見せた。岩田も「クランクインは緊張しましたね、どういう風にこの組に入っていこうか」、監督も「エキストラも大勢だったので探り探りやっていましたね。」とそれぞれにとって、印象的なクランクインを振り返った。

続いて、ゲスト一人ずつに聞きたい質問を募集。

【劇中でタバコを吸っていたシーンがあったが本物か】
と細かなシーンへの質問に大沢は「あれはほとんど吸ってはないんです。ちょっとふかしていたと思うな」と当時を振り返り返答した。

【役柄と重なるシーンはありますか】
という質問に、賀来は「最後の行動と思いが、凄く共感できたから、やり遂げられたと思います。」と返答。

【演じる上で印象に残っているセリフは】
という質問には、岩田が慎重に言葉を選びながら「ラストシーンで賛否両論ありそうだけど、確信めいたセリフを言うのですがそれが印象的ですね。」と語った。キャスティングの質問に及ぶと監督が「大沢さんは脚本の前、プロットラインの段階でオファーしましたね。実際とのギャップがあったのも大沢さんで、お茶目な方でした」と明かした。

また思い出のロケ地について、大沢は大阪の地下水路や名古屋で渋滞使って車を飛ばしたシーン、賀来は螺旋の部屋、岩田は、大沢が来てくれたという群馬のとある倉庫でセットを挙げた。今回商品に収録された3時間以上のメイキングにもロケ地の様子が映っており、入江監督は「VFXについて解説してるものもあるので、ぜひ見てもらえると嬉しいです」と作品作りが垣間見られるメイキングの魅力も語った。

最後に、入江監督は「いま思うと大規模な撮影やシーンでの触れ合いなどは尊いことだった。またこういう撮影ができること願ってます。」岩田は「こういう状況だからこそオンライントークライブを聞いていただける機会があって、楽しかったです。」賀来は「高い熱量でスタッフ、キャストが作りました。」そして最後に大沢は「現状にも重なりますが、パニックが起こるなかでどう生きるか、ブルーレイで何度でも見てもらえたら嬉しいです」と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph AI崩壊
2020年5月20日(水)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始
【初回仕様】
AI崩壊 ブルーレイ&DVD プレミアム・エディション(3枚組)
¥6,980(税込)
AI崩壊 ブルーレイ&DVDセット(2枚組)¥4,980(税込)
ブルーレイ、DVDレンタル
【発売・販売元】
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2019映画「AI崩壊」製作委員会

***********************************
関連記事:

Facebook にシェア
LINEで送る
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加