『タゴール・ソングス』 「仮設の映画館」

映画情報どっとこむ ralph 公開待機中となっておりましたドキュメンタリー映画『タゴール・ソングス』が5月12日(火)PM12:00より「仮設の映画館」にて配信が決定しました。

非西欧圏で初めてノーベル文学賞を受賞したラビンドラナート・タゴール(1861-1941)。イギリス植民地時代のインドを生きたこの大詩人は、詩だけでなく2,000曲以上の歌を作りました。「タゴール・ソング」と総称されるその歌の数々は、当時はもちろん100年以上の時を超えて今もなお、ベンガルの人々に深く愛されています。

なぜベンガル人はタゴールの歌にこれほど心を惹かれるのでしょうか。歌が生きるインド、バングラデシュの地を旅しながらその魅力を掘り起こす本作。今回「仮設の映画館」にて、日本公開と同時にインド、バングラデシュへもオンライン上映(英語字幕版〔日本語字幕なし〕)でお届けたいと思っております。

現在、新型コロナウイルスの影響は日本だけでなく世界中に広がっています。本作の舞台となったインド、バングラデシュでも同様で、両国ともに日本より厳しい外出制限が設けられ、不安と緊張の中での生活を強いられています。両国の人々にとって日常を生きる上での糧、励ましとなっている「タゴール・ソング」。その歌は、いま日本でコロナ禍を生きる私たちにも力強く響くことでしょう。文化や信仰をも超えてさまざまな人々を繋ぐ“歌”の真の姿に迫る映画『タゴール・ソングス』、満を持して「仮設の映画館」で公開。劇場では、ポレポレ東中野の営業再開と共に公開される予定です。

『タゴール・ソングス』公式サイト
http://tagore-songs.com/


タゴール・ソングは、はるか遠いベンガル地方で生まれた歌にも関わらず、いま現在の日本で生きるわたし達にも懐かしく新鮮に響いてきます。それは唱歌や演歌のようなクラシックでスタンダードな歌でありながら、瀧廉太郎の抒情性、宮沢賢治の荘厳さ、中島みゆきの気高さ、ブルーハーツの激情を併せ持ったような魅力と普遍性を感じさせるからかも知れません。監督は佐々木美佳。若干26歳、ドキュメンタリーの制作自体が今回初めての佐々木監督は、東京外国語大学でベンガル語を専攻しベンガルの文化を知ってゆく過程でタゴール・ソングと出会いました。アカデミックなアプローチとは全く異なるドキュメンタリーという手法によって、過去と現在、さまざまな人々を繋ぐ“歌”の真の姿に迫る重層的な作品に完成させました。

***********************************

『タゴール・ソングス』 (2019/日本/105分/ベンガル語、英語/カラー/DCP/ドキュメンタリー) ©nondelaico
監督:佐々木美佳
撮影:林健二
録音・編集:辻井潔
整音:渡辺丈彦
構成・プロデューサー:大澤一生
宣伝:contrail
製作・配給:ノンデライコ 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ