映画情報どっとこむ ralph 作家・住野よるの名著『青くて痛くて脆い』がついに、吉沢亮・杉咲花がW主演で、この2020年夏、実写映画化!2020年8月28日に公開となります。

この度、本作の特報映像・ポスタービジュアルと追加キャスト陣、さらに主題歌アーティストが解禁されました!!

映画情報どっとこむ ralph 解禁された30秒の特報映像は、まさに、“観たことない”が盛りだくさんの最新映像となりました。

吉沢亮演じる田端楓の、「大切な仲間」と「居場所」を奪われた大学生の青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐に身を投じていくその姿は、今まで“観たことのない”吉沢の表情を見事に引き出しました。

そして杉咲花演じる秋好寿乃の、純粋で明るい太陽のような、一方で近づきすぎると熱すぎてケガするかもしれない、そんな危険な芝居は、今まで“観たことのない”杉咲の表情を引き出しています。

映画情報どっとこむ ralph
既報のW主演である、吉沢亮、杉咲花に加え、今回追加キャストとして、フレッシュで個性的な俳優陣が発表されました。

・楓のバイト仲間で、楓と秋好が創ったサークル“モアイ”をぶっ潰す手助けをする前川董介役に岡山天音

・董介のゼミの後輩で“モアイ”の幽霊部員・本田朝美(ポン)を演じるのは、松本穂香

・モアイの幹部で積極的に社会人や企業への媚売りを進める、天野巧(テン)を演じるのは、清水尋也

・楓と秋好が“モアイ”の活動をしていた時に知り合った、不登校の少女・西山瑞希を演じるのは、森七菜

・楓のバイトの後輩で、“モアイ”に加入する川原理沙を演じるのは、茅島みずき

・西山瑞希の学校の担任・大橋を演じるのは、光石研

・“モアイ”を外部者として支援し、その発展に寄与した脇坂を演じるのは、柄本佑今、

一癖も二癖もある俳優陣が、想像を超えた危険な芝居で、青春サスペンスを盛り上げます!!
あなたは、この青春の“嘘”を見破れるか!?

映画情報どっとこむ ralph そして!!!主題歌アーティストは!

本作の主題歌アーティストが、TVアニメやドラマ主題歌を担当したシングルでも注目を集めている4人組のロックバンド、BLUE ENCOUNTに決定!!タイトルは「ユメミグサ」。

原作小説『青くて痛くて脆い』のテーマソングとして彼らの「もっと光を」が使用されていましたが、原作者・住野よるたっての希望で、映画でも主題歌を担当することに決まりました!!

今回解禁された特報映像では、残念ながらその楽曲を聴くことはできませんが、『青くて痛くて脆い』になくてはならない音楽が加わり、本作の“青春サスペンス”をどのように彩るのか、このあと発表される音源にも期待が高まります!!

映画情報どっとこむ ralph 映画「青くて痛くて脆い」

公式サイト:
https://aokuteitakutemoroi-movie.jp/

ストーリー
―この青春には、嘘がある―
人付き合いが苦手な大学生・田端楓(吉沢亮)と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲花)。ひとりぼっち同士の2人は、「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル【モアイ】を作るが、秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。
秋好の存在亡きあと、モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系就活サークルに成り下がってしまう。
取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべてのんだ感情が暴走していく……。
あいつらをぶっ潰す。モアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。
楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。

青春最後の革命が、いま始まる―。

***********************************

監督:狩山俊輔
脚本:杉原憲明
原作:住野よる「青くて痛くて脆い」(KADOKAWA)
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
製作幹事:日本テレビ放送網
撮影スケジュール:2019年7月16日~8月20日

2020年8月28日 全国東宝系公開

©2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ