映画情報どっとこむ ralph 子供時代に母親の男から虐待されて育ち、夢も希望もなく暮らす男が空き巣に入った家で出会ったのは、同じく母親の男から虐待され、育児放棄されている小学生の女の子だった。
初めて守るべきものができた男は、少女の母親も、親の愛を受けずに育ったと気づき…

映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげているのを見て育った、「居場所のなさ」「弱者」を身をもって知っている監督・脚本・編集・プロデューサーの上西雄大が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待してしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメント。

映画ライターの壬生智裕に、“監督・主演を務める上西雄大の存在感は、まるで『竜二』の金子正次のようであり、『息もできない』のヤン・イクチュンのようであり。つまりはそういう映画だ。”と評された本作。堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうからベテラン俳優が脇を固めており、シネフィル必見の1作となっている。

2月に閉幕したロンドン国際映画祭では、外国語部門最優秀作品賞(グランプリ)と最優秀主演男優賞(上西雄大)を受賞した本作は、3月14日(土)より公開の渋谷・ユーロスペースを皮切りに、3月28日(土)より名古屋・シネマスコーレ、4月17日(金)より大阪・テアトル梅田にてほか、横浜シネマ・ジャック&ベティ、京都みなみ会館。神戸・元町映画館などで全国順次公開されることが決定している。
ひとくず

映画情報どっとこむ ralph 1年半程前にこの映画を初めて観た。
韓国映画“息も出来ない”を観た時の衝撃が蘇った。
圧倒的な力で最初から最後まで魅せる。

主人公は虐待されて育った男“かねまさ”
彼の言葉使いは乱暴だが、なぜか優しさが見えてくる。
優しさを知らない男が必死で子供に優しくしようともがく姿を主演の上西雄大は見事に演じきった。

必死にもがいて生きる男と女 そして虐待されても母を愛する子供。
乱暴な言葉の応酬の中に小さな家族の形が見えてくる。重々しい空気が漂う映画だが子供の笑顔が救ってくれる。

映画情報どっとこむ ralph 映画界を代表する面々より絶賛コメントが届いた。

加藤雅也(俳優)
ついに公開。
映画“ジョーカー”に負けない日本映画がここにあった。監督・脚本・主演を務めた上西雄大には大阪に住んで大阪の空気を吸って大阪を舞台にした映画を作り続けてほしい。僕も上西ワールドの住人になりたい。

赤井英和(俳優)
あかん、これはあかん、現実と映画の区別がつかんようになる。可哀想で見てられへん。けどなんでやろ、優しい気持ちにもなる。子供は世界の宝や、守らなあかん。けど、優ししたらなあかんの、子供だけやない、みんなや。大人かて、優しされたら、優しなんで。いっぺんミスしたら、もう誰も許してくれへんの?見えてへんかったけど、すぐ近くで、助けを求めること知らん人、助けを求められへん人、許してもらわれへん人、ワシは優しくなれるんか、許せるんか、、。上西監督、ワシ、今、ごっつい考えてますわ。

滝藤賢一(俳優)
カネマサ
ギラついてんなー
カッコいいよ
無骨で雑なカネマサの生き様に、胸が引きちぎられて涙が止め処なく溢れた。 日本人がこんなパワーのある映画を撮ったという事実に喜びを感じずにいられない。 力が漲っている!!!

筒井真理子(女優)
映画の芯、伝えたいことが明確にある上西監督の想いは強く心に響く。子供のように無防備にまっすぐに映画を創り出す監督から目が離せない。

津田寛治(俳優)
上西さんの芝居が素晴らしい。 自然な感情で紡がれる少女との距離感、技法を削いだ怒りの表現は、理屈を超えて観客の胸に切り込んでくる。 物語が芝居を作るのではなく、一人の俳優の、演技に対する直観力や姿勢が、逆に物語を作っている。 主演俳優が監督、脚本を兼ねることの、新しい意味を感じた。

白川和子(女優)
「ひ」 ひもじくて シラケ干からびた人間模様が、切なくもどこかホッとさせる描写が 「と」 とてつもなく胸にせまり、魅せられました 「く」 苦しみ、悲しみ、憎しみを 必ずや楽しみ、喜び、愛に変えられる そんなメッセージを 「ず」 ずっと懲りずにめげずに屈せず 撮り続けてください! 天井知らずの上西雄大監督 万歳‼

西岡徳馬(俳優)
「上西、数々の受賞おめでとう、俺も讃えます! 他には何も言わない、ただ観てくれるだけで良い!」

有森也実(女優)
上西さんは役者であり劇団主宰者であり劇作家であり演出家であり、さらには映画監督でもある。まるで魔法使いみたいな人です。「ひとくず」は、魔法にかけられたように、涙をしぼりとられました。優しい優しい映画です。

金子昇(俳優)
奇才 上西雄大氏が監督脚本主演を務める「ひとくず」は、児童虐待、育児放棄をテーマに描いたヒューマンドラマ。 虐待やいじめといった人間社会の中で決して無くなることない大きな問題を軸に家族とは…親とは…愛とは…憎しみとは………生きるとは… 様々な観点からうねりをあげ進んでいくストーリーに引き込まれ考えさせられた。人は一人では生きていけず、何かに心動かせられた瞬間に前を向き生きようとするのだ!と思わされた作品です。

片嶋一貴(映画監督)
この世は意地と人情だと言った大作家がいたが、それがベタに(いやベタベタに)心に沁み入る。あまりに潔く、あまりに美しい。「ひとくず」はそんな映画だ。

根岸憲一 JSC(撮影監督)
この作品はまず自主映画かなって思わせるところから始まって、えっ、この芝居って本当なのかなって感じで、リアリティを超えたリアルさを感じました。 それが次第にそれよりも内容に取り込まれていき、そこに今があるかのように思わせてくれる感覚を味わせてくれました。 実際に監督が経験した事なので理解出来るリアリティの脚本演出が共感を生んだと思います。 今、人は実際の現実や本物がなかなか見えない世界で自分の世界を作っていく時代なので、自分は本当はどーなんだろうって考えさせてもらえる素晴らしい作品だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ひとくず

http://hitokuzu.com/

Twitter:
@hitokuzu_movie

ひとくず
【STORY】 
生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。
幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に、自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。
虐待されつつも母親を愛する鞠。鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。
金田は鞠を救うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。凜を力ずくで、母親にさせようとする金田。しかし、凜もまた、虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが、、、

***********************************

上西雄大 小南希良梨 古川藍 徳竹未夏
城明男 税所篤彦 川合敏之 椿鮒子 空田浩志
中里ひろみ 谷しげる 星川桂 美咲 西川莉子 中谷昌代 上村ゆきえ
工藤俊作 堀田眞三 飯島大介 田中要次 木下ほうか

監督・脚本・編集・プロデューサー:上西雄大
エグゼクティブ・プロデューサー:平野剛 中田徹 監修:楠部知子
撮影・照明:前田智広 川路哲也
録音:仁山裕斗 中谷昌代 音楽プロデューサー:Na Seung Chul
主題歌:吉村ビソー「Hitokuzu」
制作:テンアンツ 配給・宣伝:渋谷プロダクション
協賛:㈱リゾートライフ ドリームクロス㈱ 串カツだるま カンサイ建装工業㈱ 高橋鋭一
平野マタニティクリニック ㈱エフアンドエム ㈱中島食品 ALEMO㈱ ㈱USK ㈱ラフト
2019/STEREO/JAPAN/DCP/117min

©YUDAI UENISHI

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ