『架空OL日記』完成披露試写会イベント

映画情報どっとこむ ralph バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化。2020年2月28(金)に全国公開となる。

この度、公開に先駆けて2月4日(火)に原作、脚本、主演のバカリズムをはじめ、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、坂井真紀、住田崇監督が登壇する完成披露試写会が実施された。
『架空OL日記』完成披露試写会イベント

『架空OL日記』完成披露試写会
日付:2月4日
場所:スペースFS汐留
登壇:バカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、坂井真紀、住田崇監督 (敬称略)

映画情報どっとこむ ralph まさかの映画化が決定し、ついに初お披露目となった今の心境を聞かれ

バカリズムさん:夢みたいですし、ドラマの時からそうだったんですけど現場が楽しくて(笑)空き時間も皆で一緒にお弁当を食べたりしてすごく楽しい時間を過ごしていたので。感覚的には皆さんに思い出ビデオを見せるような、ちょっと恥ずかしい感じなんですよね。本編だけどちょっとメイキングみたいな。それ位本番の時と空き時間の差が無い空気感でやっていました(笑)!
『架空OL日記』完成披露試写会イベント
と撮影を振り返って楽しそう。ドラマメンバーと久々に再会した感想については、

バカリさん:感覚的に一番近いのは夏休み明けの初日の感じ。ちょっとそわそわしていて、皆うっすら良い格好をしているんですよ(笑)会っていない間にバージョンアップした私を見て!みたいな(笑)撮影が始まったらすぐに昔の空気に戻るんですけどね。

とすると、

夏帆さん:最初ちょっと気恥ずかしさはありましたね。直ぐに打ち解けるんですけど、ちょっとお互いに見ている感じ。

と話し、

臼田さん:制服着てお芝居が始まったらあっという間に戻ったんですけど、その前は何か照れくさくて(笑)敬語で喋ってたっけ?どんなテンションだっけ?みたいな感じでした。

とコメント。

佐藤さん:思っていた以上に打ち解けるスピードが速くて、ついこの間撮影してたなっていう感じでした。

と語り、正に学校の休み明けのような空気だったと明かした。

映画情報どっとこむ ralph 台本についての感想を聞かれると、

山田さん:観客の目線で読んで笑っちゃうんですけど、実際に演じて笑えなかったら完全に役者のせいだから、初日はすごい緊張してました。

と殊勝なコメント。
しかし

バカリさん:山田さんは初めて脚本を読んだ時、ドラマ版の撮影初日に『これは一体何がやりたいんですか・・・?』って(笑)今でこそこのドラマはこういうものだって分かっているけど、当時世間の反応も無いし、ひたすら淡々と日常を描いていくだけなので。『これは何をやろうとしているんですか・・・?』とすごく聞かれました(笑)

と明かした。
『架空OL日記』完成披露試写会イベント

それを聞いた

山田さん:実際にやり始めたら笑いが止まりませんでしたけどね。

と笑いながら当時を懐かしそうに振り返った。撮影の雰囲気について聞かれ

三浦さん:撮影日数自体はそんなに多くないんですけど、行った時の居心地の良さは半端なくありました(笑)

と話し、まるでファミリーのようなキャスト達の雰囲気に

住田監督:ベストメンバーですよね。ほぼ最初にお願いした方々に出て頂けているので。映画だからドカンと!みたいな話もあったんですけど、この映画の良さは“派手”じゃないし、そのままでいきましょうって升野さん(バカリズム)に話したら、それを望んでらしたので、そのままでやりました。

と語った。

映画版からの新キャストであるシムさんは、

出演が決まった時はとても嬉しかったですし、早くこのメンバーと撮影したいと思っていました。現場の雰囲気は、休憩中と本番の雰囲気がほぼ同じだったので、とても楽な気持ちで演じることが出来ました。

と笑顔でコメント。

同じく映画版の新キャストである坂井さんも

坂井さん:本当に控室でも皆役のままで(笑)真歩ちゃんと一緒で、私のせいでつまんなくなっちゃったらどうしようとすごいプレッシャー有りました。

とコメント。実は夏帆さんが演じる“マキちゃん”はバカリズムがブログを書いていた当時、坂井さんをイメージして書いたキャラクターで、それを聞いた坂井さんはまさかの繋がりに驚いた様子。

登場するキャラクターで最も自分に近いなと思うキャラクターについて聞かれ

夏帆さん:マキちゃんですかね。この5人で集まると自然と役と同じ様な立ち位置になるんですよ。意図してる訳じゃなく。だから強いて挙げるなら私が演じたマキちゃんだなと思いますね。

と語り、

バカリさん:順番に聞いて行っても皆同じ回答だと思いますよ」と笑いながらコメント。イベントを通して終始キャラクターと役者のシンクロ具合、そしてキャスト同士の仲の良さが伝わるやり取りを見せた。最後にバカリズムは「恐らく期待通りの内容になっていると思います。観たいものが観れるんじゃないかなと。是非楽しみにして下さい!

とイベントを閉めました。

映画情報どっとこむ ralph 『架空OL日記』

2月28日(金) 全国ロードショー

公式サイトURL https://www.kaku-ol.jp/

***********************************

著:バカリズム 
発行:小学館文庫 全2巻(2013年) 
脚本・主演 バカリズム 
監督:住田崇
タイトル 『架空OL日記』
製作 2020「架空OL日記」製作委員会
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ 
製作プロダクション AOI Pro.
©2020『架空OL日記』製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ