無法松の一生

世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎 生誕百年記念『武蔵野館 百周年記念』企画上映決定!


映画情報どっとこむ ralph 2020 年6 月、武蔵野館は開館百周年を迎えます。
その感謝の気持ちをこめて、百周年の記念企画としまして毎月テーマに合わせた記念上映を行っております。

日本のみならず、世界中の映画ファンに愛され、ハリウッドの殿堂「ウォーク・オブ・フェイム」にその名を刻む三船敏郎。本年4 月1日が生誕百年となります。武蔵野館百周年記念企画では、3 月下旬から4 月上旬にかけ、三船敏郎の生誕百年を記念し「世界のミフネと呼ばれた男~三船敏郎生誕百年記念~」をテーマに、選りすぐりの名作を上映致します。
『三船敏郎 写真』
『三船敏郎 写真』脇田巧彦氏 撮影

まずは、三船敏郎の記念すべきデビュー作、冬の日本アルプスでロケーションを行った山岳アクション映画『銀嶺の果て』。二枚目半のニセ宝石の細工師と、街頭の似顔絵描きの恋物語が展開するライトコメディ『東京の恋人』。三船演じるタクシー運転手と客とのエピソードを中心にしたオムニバス作品で、素の三船敏郎に近いキャラクターが魅力的と言われる『吹けよ春風』。何度も映像化されている吉川英治の長編小説『宮本武蔵』の戦後最初の映画化作品であり1955 年、第28 回米アカデミー賞特別賞(最優秀外国映画)に輝く『宮本武蔵』。稲垣浩監督が1943 年(昭和18 年)に製作した『無法松の一生』を自らリメイクし、第19 回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『無法松の一生』。そして「シラノ・ド・ベルジュラック」を原案に、ある侍の恋の苦悩を煌びやかに描いた大作『或る剣豪の生涯』、三船敏郎・鶴田浩二の、当時の東宝2 大スター競演によるアクション映画『暗黒街の対決』。加えて、太平洋戦争時、連合艦隊の司令長官であった山本五十六(三船)の人間像を、真珠湾攻撃やミッドウェー海戦などを通じて描いた『連合艦隊司令長官 山本五十六』、以上8作品を上映いたします。

場内ロビーでは、ここでしか見ることのできない大変貴重な写真パネルの展示も予定。

劇場の大画面で見たい大作から、めったに上映される事のない貴重な作品も数多くラインナップし、全作を35mm フィルムにて上映します! 今なお色あせることのない三船敏郎の魅力を満喫できる貴重な武蔵野館百周年企画。

是非、劇場へ。

■無法松の一生 ©1958 東宝
無法松の一生
■連合艦隊司令長官 山本五十六 ©1968 東宝
連合艦隊司令長官 山本五十六
■暗黒街の対決 ©1960 東宝
暗黒街の対決
■銀嶺の果て ©1947 東宝
銀嶺の果て
■東京の恋人 ©1952 東宝
東京の恋人
■或る剣豪の生涯 ©1959 東宝
或る剣豪の生涯
■宮本武蔵 ©1954 東宝
宮本武蔵
■吹けよ春風 ©1953 東宝
吹けよ春風

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ