VHSテープをくださいっ!キャンペーン


7月26 日(土)より公開の

『VHSテープを巻き戻せ!』

先日お伝えした通り、劇場鑑賞券が世界初のVHSテープ型として先ほど発売されました。

そして、映画ファンの間で話題になったのですが、予想を超える受注に配給元のVHS在庫が枯渇しかけているそうです。で、新たなキャンペーンが決定しました。

その名も「VHSテープをくださいっ!キャンペーン」

お申込み方法ですが

下記の注意事項をお読みいただき、ご同意いただいた上で、アップリンクさんにお申込みください。

件名を「VHSテープをくださいっ!キャンペーン」として、
本文に①お名前 ②メールアドレス ③電話番号 ④VHSテープの本数 ⑤譲渡希望日を明記のうえ、

film@uplink.co.jpまでメールしてください。アップリンクさんから折り返し連絡がきます!

<注意事項>
・セルまたはレンタル落ちのVHSのみの取り扱いとなります。
 ※商品でなはいVHS(録画テープ等)はお受け取りできません。
・直接、渋谷アップリンクまで持ってきていただける方限定とさせていただきます。
・お持込いただいた方には限定制作した映画割引券としてもつかえるUS版オリジナルポストカードと日本版ポスター(非売品)を贈呈します。(ポスターは無くなり次第終了)
・規定本数に達し次第キャンペーンを終了致します。
・郵送、宅急便でのご送付はお受け取りできません。

『VHSテープを巻き戻せ!』VHS_前売り
全ての映画好きへ捧ぐ!
愛すべき映画狂による映画愛溢れるドキュメンタリー!

『VHSテープを巻き戻せ!』

2014年7月26日(土)より ▶再生開始!
特別鑑賞券 \1,300(税込) 劇場窓口のみ、特製“VHSテープ”仕様で販売!
詳しくは、UPLINK HPにて http://www.uplink.co.jp/

公式サイト: http://www.uplink.co.jp/vhs
公式Facebook: https://www.facebook.com/VideoHomeSystem.movie/

********************************************************************


『VHSテープを巻き戻せ!』

消えゆくメディア「VHS」がなぜいまも多くの映画ファンを魅了するのか。
ビデオが築いた功績を辿り、新たな視点で再燃するVHSブームをひも解く。

ここには夢とチャンスと愛がつまっている!
家にビデオデッキがやってきた日の興奮、ビデオテープをセットした時の感触、レンタルビデオショップの会員になった時の高揚といった“初体験”の数々、中古ビデオを探し歩いた徒労と充実の日々。知っている人には懐かしく、知らない人には驚きの発見だらけ!ビデオカルチャーの仕掛け人や生き証人、ビデオに魅せられた人々の言葉からみえてくる映像作品のいまそこにある危機!『VHSテープを巻き戻せ!』は、ノスタルジーとテクノロジーをつなぐ“愛”のドキュメンタリーだ!

<VHSテープとは>
VHSとは、Video Home Systemの略で、旧・日本ビクターが1976年に開発した家庭用ビデオ規格。β(ベータ)など他社の様々な規格との競争に競り勝ち、「ビデオ」といえばVHSを指すほど、家庭用ビデオ方式のスタンダードとして永くその座に君臨した。テープの縦188×横104×厚さ25mmカセットタイプの形状は、映像を「手に入れた!」と実感させる説得力あるボリューム。

監督・脚本・原案:ジョシュ・ジョンソン 
製作:キャロリー・ミッチェル 
撮影・編集・音響:クリストファー・パルマー エグゼクティブ・プロデューサー:フレディ・フィラーズ、パノス・コスマトス 

出演:アトム・エゴヤン、ジェイソン・アイズナー、フランク・ヘネンロッター、ロイド・カウフマン、
カサンドラ・ピーターソン、押井守、高橋洋、千葉善紀、加藤和夫、藤木TDC、中原翔子、いまおかしんじ、バクシーシ山下 ほか 

2013年/英語・日本語(英語・日本語字幕)/91分/
配給・宣伝 UPLINK/宣伝美術:大橋祐介/宣伝:contrail
© Imperial Poly Farm Productions 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ