英国ロイヤル・バレエ団ダンサー達が贈るバレエ映画『ロミオとジュリエット』2020年春公開へ


映画情報どっとこむ ralph 美しく儚く―――情熱的に駆け抜けた恋の物語。

この度、ケネス・マクミラン振付の不朽の名作『ROMEO AND JULIET(原題)』が、邦題『ロミオとジュリエット』として2020年春に日本公開されることが決定しました!

1965年にコヴェント・ガーデンで初演されたマクミランの『ロミオとジュリエット』は、実に40分間も拍手が鳴りやまず、43回ものカーテンコールが行われるという大成功を収めた。
ロイヤル・バレエにおいては400回以上も上演され、20世紀バレエの最高傑作と言っても過言ではない。
そんな、短い生を情熱的に駆け抜けたロミオとジュリエットの物語が、本作では16世紀のヴェローナの街を再現したオールロケで撮影。

名曲プロコフィエフの音楽に乗せ現代的でスピーディな演出と劇場用映画ならではのカメラワークにより、さらにドラマティックな形で表現された。


キャストとして登場するのは脇役に至るまで、演劇的バレエでは他の追随を許さない英国ロイヤル・バレエ団を代表するダンサーたち。

映画『キャッツ』で白猫ヴィクトリア役を演じ話題のプリンシパル・ダンサー、フランチェスカ・ヘイワード、そして期待の若手ファースト・ソリストのウィリアム・ブレイスウェルが、運命に翻弄された恋人たちを演じる。

また敵役のティボルトには、マシュー・ボーン版『白鳥の湖』で男性の白鳥として主演し、今バレエ界で最も熱い視線を浴びるプリンシパル、マシュー・ボールが登場。

本作では原作の登場人物の実年齢に近い、若いダンサーたちが主要なキャストとして選ばれ、演技と共にバレエの超絶技巧も披露。

誰もが知っている「ロミオとジュリエット」の物語が、誰も観たことがない形で生き生きと、鮮やかに銀幕上にバレエ映画として活写される。この画期的な瞬間を見逃さないでほしい。

2020年春 TOHOシネマズシャンテ他 全国ロードショー

原題:ROMEO AND JULIET

公式サイト:
https://romeo-juliet.jp/

***********************************

監督:マイケル・ナン
撮影監督:ウィリアム・トレヴィット
振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
美術:ニコラス・ジョージディアス
キャスト:フランチェスカ・ヘイワード、ウィリアム・ブレイスウェル、マシュー・ボール、
マルセリ-ノ・サンベ、ジェームズ・ヘイ、トーマス・ムック、クリストファー・サウンダース、
クリスティン・マクナリ-、ベネット・ガートサイド、金子扶生 ほか
配給:東宝東和
(C)Bradley Waller

  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ