映画「森山直太朗 人間の森をぬけて」絶賛公開中! 映画冒頭部分を特別公開!


映画情報どっとこむ ralph 12月13日(金)より全国公開中の映画「森山直太朗 人間の森をぬけて」。

こんな直太朗見たことない

2019年、ありのままの、森山直太朗

初の本格ドキュメンタリー

これは“あなた自身”の物語かもしれない

2018年10月から2019年6月にかけて開催された全51公演のコンサートツアー<森山直太朗 コンサートツアー2018~19 『人間の森』>から現在までを追った、森山にとって初となる本格ドキュメンタリー。この映画の一つの見どころは、己の脆さ、弱さに必死に戦い、光を見つけ出そうとともがく森山直太朗の姿。同ツアーの演出を担当する御徒町凧に「なんとなくやっていたら、なんとなくにしかならない」と叱咤されるシーンも印象深い。

公開後、様々な映画の感想が寄せられる中、「私も今まさに挑戦しようとしていることがあるので心に刺さりました。(20代女性)」、「悩みもがく真の姿に心打たれた。同時に自分はどうなの?と考えさせられた(30代女性)」といった、自らの生き方、考え方を問うような感想が多く、実は誰しも生きていれば経験するかもしれない時間を映し出しており、この映画に自らの人生を重ね、共感を得る人々が増加している。
トークイベント付上映会も全国8ヶ所(大阪・名古屋・静岡・埼玉・福岡・広島・横浜・渋谷)にて大盛況のうちに終了。各地で暖かく迎えられてのトークイベントでは、生歌も披露し、各地の来場者を唯一無二ののびやかな歌声で魅了した。

そんな映画「森山直太朗 人間の森をぬけて」は、いよいよ劇場での公開も中盤に迫る中、本日より森山直太朗official youtubeにて最新の予告編と共に映画の冒頭部分が特別公開された。森山直太朗の愚痴から始まるという衝撃的な冒頭シーンから、美しい「夏の終わり」の歌唱シーンまで、このドキュメンタリーの始まりを体感できる特別コンテンツとなっている。森山直太朗がありのままさらけ出した映像と、圧倒的な歌唱シーンのコントラストに何度も劇場に足を運ぶリピーターも続出している。

映画本編冒頭部分&最新予告編が到着しました。



映画情報どっとこむ ralph 単にツアーに密着した音楽ドキュメンタリーとは一線を画す、全く新しい映像作品となりました。期間限定公開となる本作を是非劇場で体感頂きたい。

映画「森山直太朗 人間の森をぬけて」

WHITE CINE QUINTO他全国にて限定公開中

特設サイト:
https://www.wowow.co.jp/music/moriyama_movie/ 

Twitter:
@moriyama_movie


【STORY】
2019年6月2日、東京・NHKホールでファイナルを迎えた“森山直太朗 コンサートツアー2018〜19 『人間の森』”。足掛け9ヶ月に及ぶ全51公演を終えた後も、直太朗はその深い森に迷い込んだまま、抜け出せずにいた。
ツアーを通して、常に純度を高め、理想とする境地へと向かうべく、森山直太朗はバンド・メンバーと共に演出の御徒町凧と対話し、疑問をぶつけ合い、切磋琢磨し続けた。その結果、コンサートの内容、クオリティはこれまでの森山直太朗史上最高のものに仕上がって行ったが、それでもなお御徒町は更なる上を目指すことを止めなかった。
ファイナルの6月2日、ツアーの全てが終わった日、森山直太朗は万雷の拍手を浴びながら、思う。「俺はまた、あいつの期待に応えられなかった・・・」。

この映画は、“人間の森”というツアーの異様なまでのテンションの記録、その結果がもたらした森山直太朗の自問自答の日々、盟友御徒町との関係のリセット。そこから彼がまた新たな歌を奏で始めるまでをありのままに活写したドキュメンタリー。
飄々とし、いつも周囲を楽しい気持ちにさせる、私たちがよく知る森山直太朗とは違う、真摯に自分に向き合う男の姿がスクリーンに映し出される。
***********************************

監督:番場秀一( THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「THEE MOVIE-LAST HEAVEN 031011」、「BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版」)

出演:森山直太朗 御徒町凧 ほか
製作:WOWOW
配給:WOWOW 日活 
Ⓒ2019 WOWOW INC.
製作年:2019年 尺:87分

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ