映画情報どっとこむ ralph 今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われ、音がまだなかった時代。独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“カツベン”が映画界のスーパースターとして活躍。「Shall we ダンス?」や「それでもボクはやってない」など数々の名作を世に送り出してきた周防正行監督の今回のテーマはこの“しゃべりのスペシャリスト”!一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちと共に、“映画のはじまり”を描く物語は空前絶後の大騒ぎ!令和の時代に贈る極上のエンタテインメントの幕が開く!!

今月13日(金)からの本作の映画公開を記念して、この度、お客様御礼舞台挨拶を12月23日(月)に実施!

成田凌さん、黒島結菜さん、そして周防監督の3人が登壇!「この映画の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい」と兼ねてから話していた成田ら3人の想いの通り、この作品をご覧いただいた多くのお客様に直接感謝の気持ちを伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶を迎え

成田さん:ここで口上したのを思い出します。

とにこやかに登壇。
ぴあ映画初日満足度1位を獲得し、さらに公開初日からすでに知り合いから連絡が来た成田さんだが、この10日間でも、映画やCMのキャスティングをやっている方から

成田さん:老夫婦が笑い転げていたよ。最高のデートムービーだな!あとお前センスあるな!と褒められました!!

と嬉しそうに話しました。

また街中で突然おじさんに「カツベン!見るぞ!」と声を掛けられたという嬉しびっくりエピソードも披露。一方で

黒島さん:友達や知り合いからは連絡を貰いましたが、まだ街中では声をかけてもらってないです。

と笑いを誘いました。

周防監督:大学生の時の友人から、「周防くんの映画見たよ」という手紙をもらって、さらに「いつもは周防君の映画と身構えてみるので二、今回は周防君の映画ということを忘れちゃいました」と書いてあって、本当に面白い映画になったんだなぁと実感しました。

と喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph MCから、本作では俳優・映画監督・映画館主などさまざまな映画に関する職業の人が出てきますが、もし大正時代に行けるとしたらどのように映画に関わりたいですか?と聞かれた監督は、

周防監督:今の僕を考えれば監督だけど、もし本当に大正時代に生きていて無声映画を観ていたら撮りたいと思っていたかは分からない。映画が“見世物”という認識の前の時代なので。またあの時代、舞台の上で演じる俳優さんの方が格上で、映画に出る俳優さんは少し蔑まれていたんです。だからそれと同じように監督と言うものがとういうものか、観客自体も知らなかったと思うと、違う役職を得選んだかもしれない。でも小学生の時ゆうていちらくさ7・5調で面白く語っているのが大好きだったから、もしかしたら活動弁士になっていたかもしれない。

と話した。

成田さん:やっぱり映画役者かな!だってセリフを覚えなくていいんですよ(笑)簡単だからっていうだけじゃなくて、表に出たいなと言う気持ちがありますね。でも活動弁士は本当に大変だからなかなか・・・。

と語った。一方で

黒島さん:フィルムがすきなので、映写技師さんがいいです。この映画見てると凄い分かるんですが、とても楽しそうなんです!だからやりたいなって思いました

と話しました。またこれを聞いて

成田さん:映写技師役で出ているソンハさんの能力がすごすぎて、すごいことに気づかない!

と、べた褒め。

映画情報どっとこむ ralph 映画の俊太郎と梅子の幼少期の楽しい思い出も本作の見どころということにちなんで、小さい頃の幸せな思い出を聞かれると、

黒島さん:幼稚園の時に好きな子がいて、その子と一緒に歩いて帰る時があって。自分で言うのもあれですけど楽しかったなぁって(笑)でも隣り合って帰るんじゃなくて、すこし男の子が前でその後ろを自分がついていく感じで、それもすごくかわいいなと思い出しました。

とかわいいほっこりするエピソードを披露してくれました。

成田さん:藤井隆さんがものすごく好きで「HOT!HOT!」って意味も分からずずっとやってました。僕、小さい時は藤井さんをずっとダンサーだと思ってて(笑)だからダンサーになりたいって思った記憶があります。

と幼少期の思い出を話してくれました。

さらに、これから来る年末年始の予定を聞かれ

成田さん:毎年の予定なんですが、1月2日に子どもから大人までみんなでするサッカーの“初蹴り”をします。その後にみんあで豚汁を食べる瞬間が、お正月だなぁっと実感しますね。あとお母さんの作るお雑煮が世界一大好きなのでそれをひたすら食べてむっちむちになります!

と“餅”にかけたもち肌宣言をし、会場を沸かせました。

黒島さん:実家の沖縄に帰って、年始はたくさんの友達と海外旅行に行きます!

と笑顔で話した。一方で監督は、まさかの年末年始の予定ではなく、どうしても話したかったと幼少期の思い出を披露。

周防監督:小さいとき、せつこ先生という方がいて、僕が友達と遊んでいたら目に砂が入ってわんわん泣いていたらせつこ先生が抱きかかえて病院へ連れてってくれたんです。でも泣いてるのにせつこ先生のいい匂いとほほに当たる柔らかい感触が嬉しかったのを思い出しました(笑)

と話し、これには登壇したキャストも会場も大笑い。

そして本題に戻り、年末年始は寝正月宣言!これには成田も

周防監督:だって400媒体以上も取材を受けてもらいましたもん!

と改めて感謝をしました。

映画情報どっとこむ ralph ここで成田さんと黒島さんに周防監督からプリザーブドフラワーのプレゼント!
『映画がいつまでも心に残り続けるように』
という思いの込められた半永久的に枯れない花であるこのプリザーブドフラワー、「未来への希望」という花言葉を持つ赤いガーベラで彩られ、若き2人への周防監督のエールが込められた花束を、満面の笑みで受け取りました。さらに!サプライズで成田さん・黒島さんからも「あなたに出会えた事の心からの喜び」「感謝」という花言葉を持つピンクのバラ5本のプリザーブドフラワーを贈呈。

成田さん:たくさん(『カツベン!』の)宣伝をしていただいてありがとうございます!あと食べ物の好みも本当にたくさん合って、なにか縁を感じました。本当にありがとうございました!

と渡されると、

周防監督:ありがとう

と受け取りました。

最後に・・・・、

成田さん:これからクリスマス、お正月など人に会う機会が増えていくと思うので、ぜひ面白かったとしゃべりで伝えていただけたらなと思います。またほとんどの人が活動弁士を知らない中、初めて触れる活動弁士が僕と永瀬さんや高良さんということで、緊張や責任感も感じますが、何の前情報なしで見てもらえる前提で監督も作って作っていますので、ただただ楽しんでいただけたらなと思います!家族やたくさんの友達と楽しめる作品なので、にぎやかな映画館というものを感じてください!

と本作への思いを熱く語り、イベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 周防監督最新作!『カツベン!』

は全国ロードショー中です。

映画『カツベン!』ポスターs

【STORY】
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。

***********************************

出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
監督:周防正行
脚本・監督補:片島章三
音楽:周防義和

撮影:藤澤順一
照明:長田達也 
美術:磯田典宏
録音:郡 弘道
活動弁士監修:澤登 翠
活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ