『ホドロフスキーのDUNE』公開記念イベントに黒坂圭太監督!のお知らせ


ホドロフスキーのDUNE 現在、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開中の

映画『ホドロフスキーのDUNE』

観終わった後、前向きな気持ちにさせ、勇気を与えてくれる映画として現在大きな反響をよんでいます。

そして!
本作の公開記念イベント(7/3(木)立川シネマシティにて開催)にDIR EN GREYのミユージックビデオを手掛ける黒坂圭太監督がトークゲストに決定しました!!

イベント概要
日時:2014年7月3日(木) 17:30の回 上映後トーク
会場:立川シネマシティ http://cinemacity.co.jp/
出演:黒坂圭太(アニメーション作家)
詳細:https://www.facebook.com/jodorowskysdune.jp/posts/328044687350944

DIR EN GREYのミュージックビデオやアニメーション映画『緑子/MIDORI-KO』で、圧倒的な画力と異色の世界観で大反響を巻き起こした黒坂圭太監督。

緑子/MIDORI-KO『緑子/MIDORI-KO』は、映画の構想と制作に計13年を要し、黒坂監督がひとりで鉛筆一本で描き上げています。

一人でこつこつ13年かけて映画を作り上げた黒坂監督が考える「ものづくり」とは?また、黒坂監督がPVを手掛けたDIR EN GREYの京さんも大ファンだという“ホドロフスキーの世界”を黒坂監督はどう観るのか?!

輪郭
********************************************************************


<出演者プロフィール>

黒坂圭太(アニメーション作家)
描画、写真、立体など、さまざまな技法を用いた短編アニメーション作品を創作。日本のロックバンドとして有名なDIR EN GREY のミュージックビデオを手がける。2011年には初の長編アニメーション映画『緑子/MIDORI-KO』が完成され、これまでに世界20ヶ国以上の映画祭で上映され話題を呼んだ。2012年に制作されたDIR EN GREY『輪郭』のミュージックビデオが昨年末のライブ会場で初上映。それ以来、多くの映画ファンから一般公開が待ち望まれていた。2014年遂に劇場公開され、大きな反響を呼ぶ。その他代表作に『みみず物語』(1989年)『個人都市』(1990年)『ATAMA』(1994年)など。武蔵野美術大学映像学科教授。

********************************************************************


映画『ホドロフスキーのDUNE』

「失敗してもかまわない、それも一つの選択なのだ」
スターウォーズなどのSF作品に多大な影響を与えた未完の大作を巡るドキュメンタリー!!

dune_b_mメビウス、ギーガー、ダン・オバノン、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、ピンク・フロイドら、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した幻のSF大作『DUNE』。その製作過程を、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、ニコラス・ウィンディング・レフン監督らのインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー!

監督:フランク・パヴィッチ
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン
配給:アップリンク/パルコ
(2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)
(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか、全国順次公開中

【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dune/
【 公式Twitter 】https://twitter.com/jodosDUNE_jp
【 公式Facebook 】https://www.facebook.com/jodorowskysdune.jp


映画『リアリティのダンス』

世界を熱狂させた巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー、85歳。
リアリティのダンス_ビジュアル_m23年ぶりの新作は、ホドロフスキーが原点に立ち戻り生み出す癒しの物語。 1990年の『The RainbowThief』(日本未公開)以来23年ぶりとなる新作は、生まれ故郷チリの田舎町で撮影された自伝的作品。権威的な父親との軋轢と和解、ホドロフスキーを自身の父親の生まれ変わりだと信じる、元オペラ歌手の母親との関係、そしてホドロフスキー少年が見た“世界”とは…映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー
音楽:アダン・ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
配給:アップリンク/パルコ
(2013 年/チリ・フランス/130 分/スペイン語/カラー/1:1.85/DCP)
(c) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013
2014年7月12日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷アップリンクほか、全国順次公開

【 公式サイト 】http://www.uplink.co.jp/dance/
【 公式Twitter 】https://twitter.com/danceofreality
【 公式Facebook 】https://www.facebook.com/TheDanceOfReality.jp
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ