美しき殺人者はお尻の形まで綺麗 映画『テッド・バンディ』


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『テッド・バンディ』が12/20より劇場公開致します。本作は、日本以外はNetflixで配信となり、日本のみ劇場公開となるファン待望の注目作。

この度、警察に捕まったザック演じるテッド・バンディが身体検査を受けるスチールが解禁!
言われるがまま勢いよく白いシャツを脱ぎ捨てるテッド。

本作で限りなくテッドに寄せた演技を披露しているザックが、唯一“なり切れなかった”点が正にこの鍛え上げられた肉体では無いだろうか。ザック・エフロンと言えば、彼の名前を一躍有名にした『ハイスクール・ミュージカル』終了以降、肉体改造に励み、その“可愛い王子様”のイメージを払拭した過去が。この『テッド・バンディ』にも、その成果が余すことなく発揮されているシーンが登場します。解禁された写真はシャツを脱ぐまでに止めていますが、本編ではなんとパンツを下げる場面も…。当時のテッド・バンディ同様、危うい魅力を醸し出す今作のザック・エフロンもまた、多くの女性のハートを鷲掴みにすること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 1970年代アメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディ。IQ160の頭脳と美しい容姿で、司法・メディアを翻弄し、“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼。女性からは恐怖の対象でしかないはずですが、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられるなど、魅惑的なカリスマ性も持ち合わせていました。3度死刑判決を受けるものの、無罪を主張。法律を学んでいた彼は、ついには自らが弁護人となり法廷で徹底抗弁を繰り広げたのです。本作では、世界を震撼させた殺人犯の裏側へと迫ると共に、バンディの長年の恋人の視点を通して善人としての姿を描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいきます。主演は、今までの“爽やかアイドル”系イメージを完全脱却し、演技派俳優としての評価を一気に高めているザック・エフロン。テッド・バンディを愛してしまったヒロインにリリー・コリンズ、判事役に名優ジョン・マルコヴィッチなど豪華キャストが充実の演技を見せます。監督はドキュメンタリーの分野で高い評価を受けるジョー・バリンジャー。記録映像やインタビューなどを通してバンディに迫ったNetflixオリジナル作品「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」でも監督を務め、劇映画とドキュメンタリーシリーズ、両方のスタイルで“悪のカリスマ”とも評される人物を徹底的に掘り下げていく試みに成功しました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『テッド・バンディ

が12月20日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

テッド・バンディ 1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)とは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき・・・。

***********************************

原作:エリザベス・クレプファー『The Phantom Prince: My Life With Ted Bundy』 
脚本:マイケル・ワーウィー 
監督 ジョー・バリンジャー
出演:ザック・エフロン リリー・コリンズ カヤ・スコデラーリオ ジェフリー・ドノヴァン アンジェラ・サラフィアン ディラン・ベイカー ブライアン・ジェラティ 
ジム・パーソンズ/ジョン・マルコヴィッチ
原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
提供:ファントム・フィルム ポニーキャニオン
配給:ファントム・フィルム R15+
©2018 Wicked Nevada,LLC
配給・宣伝問合せ ファントム・フィルム 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ