「淪落の人」舞台挨拶

香港の名優、アンソニー・ウォン来日記念『淪落の人』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2019年、公開と同時に香港中を涙と感動で包み大ヒットを記録した『淪落の人』(原題:淪落人/英題:STILL HUMAN)が、武蔵野エンタテインメント株式会社配給により、2020年2月1日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開します。
半身不随となり人生に絶望した中年男性と、家族のために夢を諦め出稼ぎ家政婦として働く若いフィリピン人女性。背景も文化も異なる見知らぬ2人が出会い、やがてお互いの人生で最も大切な存在になっていく――。

このたび、日本公開に先立ち、主人公のリョン・チョンウィンを演じる香港の名優アンソニー・ウォンが、映画のプロモーションとしては10年ぶりに来日。12月3日には新宿武蔵野館で舞台挨拶付き特別先行上映を行いました。
「淪落の人」舞台挨拶
日付:12月3日
場所:新宿武蔵野館
登壇:アンソニー・ウォン

映画情報どっとこむ ralph この日の先行上映のチケットは発売後わずか4分で完売。

映画上映前、大きな拍手の中、ステージに登壇し

ウォンさん:コンバンワ、ゲンキデスカ?

と日本語であいさつ。半身不随により、肩より下が動かない主人公チョンウィンという役のオファーを受けた理由について、

ウォンさん:実はオリヴァー・チャン監督とは初対面。でも脚本の話をしているときに、誠意がある人だな、この人は人を騙さない人だなと思った。これがオファーを受けたひとつ目の理由でした。そして2つ目の理由として、この映画が特別であるということ。香港の商業映画ではこういう役柄は珍しいし、フィリピンの女優が主人公であることが非常に珍しい。僕は特別なものが好きなので、引き受けることにしたんです。

と明かしました。

本作は低予算映画となるため、ウォンさんに支払うことができるギャラも限られたものに。チャン監督は彼にそのことを正直に告げたと言います。

ウォンさん:でも、わずかな金額を払ってもらうくらいなら、いっそのことノーギャラでしてくださいと言ったんです。その代わりこの映画がヒットしたら、その利益から支払ってもらうことにしたんです。もちろん宣伝費もなかったんですが、幸いなことにこの映画は口コミが広がり、多くの方が劇場に来て、大ヒットとなりました。ですから今はギャラをいただけることを期待しているんですけど、今のところまだ一銭ももらっていないんですよ。

と笑いながら明かしました。


また、下半身不随で、厳格な身体コントロールを求められる車椅子での演技について、

ウォンさん:いつも演技をするときに、手足が動いてしまい、軽く押しただけでフェラーリのように走り出してしまったことも。ぶつかりそうになったらあわてて止めたり、ということもありました。

とその難しさを語ります。

現在、香港では「逃亡犯条例」改正案に端を発する抗議活動が激化しています。そんな現状について

ウォンさん:しばらく、香港に行くのは控えた方がいいかもしれません。

と話し、続けて

ウォンさん:やはり香港の将来は、香港側が努力して勝ち取るしかありません。香港の若い人の勇気と見識に敬服しています。そしてもちろん若い人だけでなく、中年もいろんな階層の人たちも参加しています。それは今までになかったことで、香港の人間として誇りに思っています!

と力強く語りました。

そして最後に

ウォンさん:ハンカチとティッシュはお持ちですか? これは香港のことで聞いてるわけじゃないですよ。これから観ていただく映画はティッシュペーパーやハンカチがないと困る映画なので。ぜひよろしくお願いします。

と観客に呼びかけました。

映画情報どっとこむ ralph 『淪落の人』

2020年 2月1日 新宿武蔵野館 他 全国順次公開

原題:淪落人/英題:STILL HUMAN


<STORY>
突然の事故で半身不随となってしまった男、リョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)。妻とは離婚、息子とも離れて暮らし、人生に何の希望も抱けないまま、ただただ日々を過ごしていた。妹ジンイン(セシリア・イップ)との関係もうまくいかず、慰みは唯一の友達である元同僚のファイ(サム・リー)との会話と海外の大学に通う一人息子の成長だけ。そこに若いフィリピン人女性エヴリン(クリセル・コンサンジ)が住み込み家政婦としてやってくる。広東語が話せない彼女に最初はイライラを募らせたチョンウィンだったが、片言の英語で会話をしながらお互いに情が芽生えていく。やがて、エヴリンが生活のためにやむを得ず写真家への道を諦めたものの、今でも心の中で夢を追い求めていることを知ったチョンウィンは、彼女の夢を叶える手助けをしようと思い始めるが…。
「淪落の人」ポスター
***********************************

監督:オリヴァー・チャン
出演:アンソニー・ウォン、クリセル・コンサンジ、サム・リー、セシリア・イップ、ヒミー・ウォン
2018年/香港/112分/ビスタサイズ/5.1ch/G NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED © 2018
公式サイト:
http://rinraku.musashino-k.jp /
武蔵野エンタテインメントTwitter:
@musashino_ent
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ