映画情報どっとこむ ralph 今年開館15 周年を迎えるミニシアター・シネマテークたかさき(群馬県高崎市)にて、12/7(⼟)〜13(金)の1 週間、開館記念として、アラン・ロブ=グリエとアラン・レネに焦点を当てた特集上映「ふたりのアラン」が開催される運びとなりました。


本特集は、今年33回⽬の開催となった「高崎映画祭」の発起⼈にして、同館の創⽴者である、茂木正男⽒を追悼するため、シネマテークたかさきが毎年年末に実施してきた「B O M(ベスト・オブ・茂木正男)シリーズ」での上映となります。
上映されるのは、アラン・レネが監督、アラン・ロブ=グリエが初めて脚本を執筆した『去年マリエンバートで 4Kデジタル・リマスター版』(1961 年)、その後、ロブ=グリエが⾃ら監督を務めた『不滅の女』、『ヨーロッパ横断特急』、『嘘をつく男』、『エデン、その後』、『快楽の漸進的横滑り』、『囚われの美女』、の計7作品。
さらに、12/8(日)には、映画批評家・廣瀬純による、本特集を総括するトークショーが実施されます。
本特集のいずれか1作品を観た、もしくはこれから観る⽅は誰もが参加できるすスペシャルイベント︕︕

映画情報どっとこむ ralph 12/7(土)〜13(金)、シネマテークたかさきにて開催!!
テーク
「ふたりのアラン」トークイベント
【日時】2019 年12 ⽉8 日(日) 14 時10 分より
【会場】シネマテークたかさき(1F)
【ゲスト】廣瀬純(現代思想・映画批評)
【ご⼊場⽅法】特集上映作品いずれか1 作品ご鑑賞の⽅がご参加いただけます。
※8(日)トーク開催前にご鑑賞の場合、トーク受付時にチケットの半券をご提⽰ください。
※ 〃 開催後にご鑑賞の場合、トーク受付時にご鑑賞料金をご精算ください。
★劇場窓⼝または電話(027-325-1744)にて受付中。
★詳細:
http://takasaki-cc.jp/info/8976/

映画情報どっとこむ ralph 「ふたりのアラン」@シネマテークたかさき 上映作品

●『去年マリエンバートで 4K デジタル・リマスター版』(1961 年)
監:アラン・レネ 脚:アラン・ロブ=グリエ ⾐装:ココ・シャネル 出:デルフィーヌ・セイリグ
★1961 年ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞
●『不滅の⼥』(1963 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 出:フランソワーズ・ブリオン
★1962 年ルイ・デリュック賞
●『ヨーロッパ横断特急』(1966 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 出:ジャン・ルイ=トランティニャン
●『嘘をつく男』(1968 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 出:ジャン・ルイ=トランティニャン
★1968 年 ベルリン映画祭 銀熊賞
●『エデン、その後』(1970 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 出:カトリーヌ・シュールダン
●『快楽の漸進的横滑り』(1972 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 出・アニセー・アルヴィナ
●『囚われの美⼥』(1983 年)
監・脚:アラン・ロブ=グリエ 撮:アンリ・アルカン 出:シリエル・クレール

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ