新田真剣佑、北村匠海ら登壇誰かに!入れ替われるとしたら?『サヨナラまでの30分』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日に公開となります。

このたび、12月2日に東京・有楽町朝日ホールで本作の完成披露試写会が行われ、主演の新田真剣佑、北村匠海、共演の久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、そして萩原健太郎監督が登壇しました。

『サヨナラまでの30分』完成披露試写会
日時: 12月2日(月)
場所:有楽町朝日ホール
登壇:新田真剣佑、北村匠海、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔、萩原健太郎監督  ※敬称略

映画情報どっとこむ ralph メジャーデビューを直前に1年前に解散したバンド「ECHOLL」のボーカル・アキ役の新田さんは

新田さん:みんなからは見えてない、でも(颯太役の)匠海からは見えているという設定。僕は話しかけているのに、みんなには見えない。だから寂しいところがありました!

と難しい役どころに苦心した様子。
一方、唯一新田さん演じるアキが見える役どころを演じていた北村さんからは、新田さんに対してクレーム!

北村さん:アドリブで笑かしにくる!

これには重田役の上杉さんも

上杉さん:僕らは見えてはいけないので、笑ってはダメなのに…。

と被害を訴えるも、当の新田さんは

新田さん:僕は楽しかった。

となぜかクールな表情を決め込み場内爆笑。

映画情報どっとこむ ralph カセットテープが再生される30分間だけアキと中身が入れ替わる“颯太に入ったアキ”と“颯太”のいわば二役を演じて

北村さん:ワンシーンの中でアキになったり、颯太になったり、またアキになったりと撮影も大変。台本の本読み段階からヤバかった。この作品は自分にとってチャレンジングな作品でした。

と苦労を滲ませつつ

北村さん:一人二役で体力的にも辛かったけれど、スタッフ・キャスト・監督に支えられて撮影することができた。撮影は一瞬過ぎて、今もあの頃に戻りたいくらい。

と思い入れたっぷりだった。

そんな二人は本作で四度目の共演となったが、撮影を通してより一層仲を深めたのか、登壇早々に新田さんが北村さんの頭をナデナデするイチャイチャぶりを見せつけ、女性ファンから黄色い悲鳴を上げると、北村さんは新田さんに

北村さん:いやいや、今日一日ホントに…勘ぐられちゃうから、ホントに…。

と照れながら注意していた。

バンド「ECHOLL」のピアノ担当でアキの恋人・カナ役の久保田さんは

窪田さん:ヒロインという立場でプレッシャーもあったけれど、現場の居心地がよくて、お仕事でこんなに楽しくていいのかな?と思った」と照れ。バンドのギタリスト・ヤマケン役の葉山は、歌唱シーンに触れて「(新田と北村の)二人の歌が上手すぎるので、自分が歌うことにかなり緊張しました。僕が歌うシーンの撮影現場にはそこそこの人がいたけれど、完成したシーンでは誰一人聴いていないという…。

と苦笑い。続いて、ドラマー・重田役の上杉さんは

上杉さん:みんなの背中が見られるという、ドラマーとしての景色は凄く良かった。でもドラムの練習の先生が厳しくて。俺だけすげえ怒られました・・。

と恐縮も、ベーシスト・森役の清原さんが

清原さん:一番怒られたのは僕です。リズム隊を初心者二人が担ったので演奏シーンは大変でした。

と回想した。

映画情報どっとこむ ralph また映画の内容にちなんで「もしも30分だけ誰かに入れ替われるとしたら?」というテーマでは

新田さん:今日ずっとこの質問について考えていたんだけれど、今わかった!

と力強く挙手して

新田さん:映画公開の2020年はオリンピックの年!なのでオリンピックの100メートル走で1位をとった後の選手になりたい!ゴールした後の取材とかを受けたい!

と妄想。北村さんらキャストからは「一番きつい時間だよ!?ゼイゼイしちゃうよ!?」と総ツッコミを受けるも、

新田さん:(テレビで観戦しながら1位の人が)ゴールした瞬間に、あの人になる!ってやりたい。

と本気度をうかがわせた。

そんな新田さんは、葉山さんから

葉山さん:僕は真剣佑になりたい!30分くらい渋谷を出歩いてキャーキャー言われたい。真剣佑は肉体美も造形美も凄い!

と羨望の眼差しを向けられると、数パターンの決め顔を披露するも「…イヤだよ」と名指しされて恥ずかしそう。そこになぜか

北村さん:それで勝手に握手会をやっちゃいなよ!写真もたくさん撮っちゃいなよ!

と葉山さんに謎のアドバイス。

すると

清原さん:僕も真剣佑になりたい。さっき胸を触らせてもらったら、ムッキムキで。僕が上げることのできないバーベルを上げて、その後に渋谷を歩きたい。

と新田さんになりたい派で、

萩原監督:30分真剣佑になって、彼が普段見せない様な顔をしてどこまでキャーキャー言われるのかを試したい。

と興味津々。3人からのラブコールに

新田さん:何人の真剣佑が現れるんだろうね!?

とあきれ顔だった。

一方、

上杉さん:頭の回転が異常に早い人になりたい。

久保田さん:清原翔さんになりたい。

北村さん:柊平君になってゴリゴリにラップをしたい。あと182センチくらいの身長の高さになってオシャレを決め込んで、渋谷の街を歩いてファッションスナップを撮りたい。

と高身長願望を吐露し、会場を笑いで包んでいた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

北村さん:撮影を通して、どこかで僕たちが忘れている青春を役と共に一緒に取り戻していった思い出があります。映画を通して、みなさんにも忘れた青春を取り戻してほしいし、10代の人たちには今ある青春を離さないでほしい。

とアピール。

新田さん:10代の人たちには、挫折しても諦めずにチャレンジすることを忘れないでほしい。僕らと同年代の人たちには、挫折しても上書きして乗り越えて、チャレンジをしてほしい。そういったメッセージがこめられた作品になっています。

と呼び掛けていた。

『サヨナラまでの30分』

映画『サヨナラまでの30分』

公式サイト:
http//www.sayonara-30min.com

公式twitter:
@sayonara_30min

【STORY】
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、
「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。
『サヨナラまでの30分』

***********************************

新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重豊
監督:萩原健太郎  脚本:大島里美  
エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、茨木政彦  企画・プロデュース:井手陽子 
音楽:Rayons 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース 
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ