“新宿ルイード”から35年。伝説の地・新宿で『尾崎豊を探して』先行公開決定


映画情報どっとこむ ralph 1984年3月15日、尾崎豊が自主退学をした青山学院高等部の卒業式の当日、新宿ルイードで行われた伝説のデビューライブから、今年で35年を迎えます。

そこでこの度、孤高のアーティスト・尾崎豊、伝説の始まりの地、新宿の映画館・TOHOシネマズ 新宿にて、12月27日(金)より本作の先行公開が決定致しました!

全国公開は2020年1月3日(金)から。全国公開より1週間早い上映で、1日でも早く映画館で『尾崎豊を探して』を目撃できるチャンスをお見逃し無く!


映画情報どっとこむ ralph さらに今回、尾崎豊の生誕を記念して、1985年の大阪球場で、熱狂的なファンを前に「よく聞け!これがロックンロールだ!」と叫び、「ハイスクールRock’n’Roll」を歌い、観客席へ飛び降りて自由に駆けずり回る尾崎豊のライブ模様と、「何か自分の形が欲しくて、人ごみの中で毎日歌った」と呟くように語る、もう一人の尾崎豊を収めた最新予告映像=【第2弾】劇場予告編を解禁します。



映画情報どっとこむ ralph さらに、鮮烈な印象を残す新ビジュアルも解禁となり、先行公開となるTOHOシネマズ 新宿で、新ビジュアルのチラシを設置いたします。

スマホで尾崎豊の思い出を巡る「バーチャル聖地巡礼」コンテンツまた、本作の公開を前に、スマートフォンのスペシャルコンテンツとして、12月13日(金)~12月26日(木)の2週間限定で尾崎豊公式初となる「バーチャル聖地巡礼 FINDING OZAKI」を公開。

“聖地巡礼×音楽視聴”をコンセプトに、尾崎豊の曲を聴きながら、GoogleStreetViewを活用し、尾崎豊ゆかりの地・全7か所を、エピソードとともに巡るというこれまでにない企画です。
スマートフォンを介して、尾崎豊の音楽と記憶を探す旅へとユーザーを誘います。
詳しくは、公式サイト/Twitterをご確認ください。


映画情報どっとこむ ralph 『尾崎豊を探して』

2020年1月3日(金)~1月16日(木)2週間限定全国公開!
12月27日(金)よりTOHOシネマズ 新宿にて先行公開決定!

公式HP 
ozakisagashite.jp

公式twitter
@official_ozaki  

『尾崎豊を探して』
人がつくりあげたルールの中で生きていく苦悩を歌に託し、優しさとは何か、愛するとは何かを求め続け、わずか26 歳の若さで夭折した尾崎
豊。『卒業』『I LOVE YOU』『シェリー』『15 の夜』、いまもって宝石のような輝きを放つ尾崎の歌は何を伝えようとしていたのか。新宿ルイードの
初ライブにさかのぼり、地方公演、ニューヨーク、大阪球場、国立代々木競技場、そしてなにげない日常まで、400 時間にも及ぶ映像記録から
断片をひろい集め、糸をつむぐようにより合わせた「尾崎豊を探す旅」。映像作家・佐藤輝の執念に突き動かされた編集作業を経て、初めて
陽の目を見るありのままの尾崎豊がここにいる。いまを生きるすべての若者と、同時代を生きてきた永遠の青春に捧げる感動のオマージュ。

***********************************

監督・撮影・編集:佐藤輝
プロデュース:須藤晃/御領博/福田信 
制作:テル・ディレクターズ・ファミリィ
制作協力:アイソトープ/カリントファクトリー
製作:『尾崎豊を探して』製作委員会
(ライブ・ビューイング・ジャパン/マザーエンタープライズ/ソニー・ミュージックレーベルズ/
東京テアトル/グランドマザーミュージックビジョン/KDDI)
配給:東京テアトル/ライブ・ビューイング・ジャパン  
タイトル&キャッチコピー:日暮真三
ポスターデザイン:十河岳男
2019年/カラー/16:9/STEREO/95分/DCP 
PG12
(C)2019「尾崎豊を探して」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ