『屍人荘の殺人』クイズ王試写会

「屍人荘の殺人」東大・京大・一橋 「クイズ王」試写会を実施


映画情報どっとこむ ralph 「屍人荘の殺人」 ついに実写映画化!!12月13日(金)に劇場公開いたします!!

主演の神木隆之介が探偵に振り回される探偵助手(ワトソン)を、浜辺美波と中村倫也が2人の探偵(ホームズ)を演じ、人気と実力を兼ね備えた3人が前代未聞の連続殺人事件の謎に挑みます! さらに、容疑者候補となる怪しい登場人物には葉山奨之、矢本悠馬、佐久間由衣、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえり、池田鉄洋、古川雄輝、柄本時生と、個性豊かな俳優陣が勢ぞろいしました!

そしてこの度、日本最高峰の頭脳集団を集め、「クイズ王」試写会を実施!

某有名クイズ番組の優勝経験者や、東大・京大・一橋など、超高学歴のクイズ研究会のメンバーやOBたちなど、まさに「クイズ王」の名にふさわしい総勢30名が集結しました。

さらに、試写会後は”謎の作り手”であり、ミステリー賞4冠達成の「屍人荘の殺人」の原作者である今村昌弘氏とのトークイベントを実施し、“謎の作り手”ミステリー賞4冠作家ד謎の読み解き手”クイズ王30名による“謎解き”のスペシャリスト達のための試写会&トークベントが開催されました。

映画情報どっとこむ ralph トークイベント冒頭では、デビュー作にして、ミステリー賞4冠を受賞した今村氏がどのような経緯でミステリー作家になったのか、という話に。今村氏自身、前職の放射線技師の仕事をしながら小説家になるべく、小説をしたためつつ働いていた逸話を披露し、「仕事は簡単にやめないほうがいい」という先生の言葉に会場では、うなづく姿と共に、「なるほど」という声が上がりました。

さらに、「いつもどのように作品の中のトリックや謎を考えているか」についても話がおよび、「最終的には、自分で苦しんで捻りだすんですが、画用紙に色々と書き出して、あれでもない、これでもないと考えたりします。その中で、名作を読んで、こういうのをやってみたいな、というところにも影響を受けます。自分の作りたいものをはっきりと認識するのが大切です。今回も<“密室”がやりたい、でも、やりつくされている、どうしよう?>というところからスタートしました。」と答え、普段は様々な謎を解いていく“クイズ王”たちは、謎の作り手である今村氏ならではの興味深い話に終始聞きいっていました。

更に、今村氏より「以前、僕の「屍人荘の殺人」のサイン会に来てくださった方の中で、クイズをしている方がいらっしゃり、その方が大会に出場した時のウイニングアンサーが先生の作品だった!と言ってくださった方がいたんです!どうやら、冒頭の文章でどの作品かを当てるという問題だったみたいなのですが、「カレーうどん」の、 「カレーう」で当ててくださったみたいで。僕でもわからないぞ、と思い、本当にクイズ王ってすごいなと。発売されたばかりの僕の作品まで知ってらしゃるのかと」と、思わぬ“クイズ王”とのご縁の話に、会場で驚きの声があがりました。さらに、自身も大ファンである、QuizKnock所属の高松慶さんが会場にいるのを知ると、「“密室”か“アリバイもの”のクイズを作って欲しい!」というリクエストをする場面も!

更には、タイムショック21、アタック25優勝経験もあり、現在はアプリゲームやクイズのイベントの開催に携わられている石野将樹氏からは、「原作をすでに読んでいたのですが、トレンドのものがとりいれられていて、テンポもよく読みやすかったです。映画だと、コミカルな要素が足されていて、すごくお正月映画らしくていいなと思いました!すごく面白かったです。」と原作をすでに読んでいる人からも太鼓判を押していただくと共に、終始和やかなトークが繰り広げられました。

さらに!なんと残念ながら会場には駆けつけられなかった、本作で主演を務める神木隆之介からサプライズでクイズの挑戦状VTRが届き、会場のボルテージは一気に上昇!!

自身が本作で、自称ホームズ(明智)とコンビを組むワトソン(葉村)を演じるところから、「コナン・ドイルのシャーロックホームズシリーズでシャーロックとホームズが初めて出会う場所はどこでしょうか」、というクイズを出題しました。
この難問に対して、クイズが全て読みあがられる前に、「聖バーソロミュー病院!」とすぐに回答!更には、このディティールまで答える等、クイズ王たちの知識の広さと深さに今村氏も驚かされていました。さらに、正解した方には、神木隆之介と今村先生のサインサイン入りの特別なプレスシートが授与されました!

トークイベントの最後には「映画『屍人荘の殺人』を純粋に楽しんで欲しいです。そこを入り口に小説も楽しんでもらえたらなと思っていますし、小説で楽しんでもらえるようにするのが小説家としての自分の役割だと思っています。」と今村氏が述べ、締めくくりました。今村氏とクイズ王たちとの集合写真も撮影し、大盛況のうちに幕を閉じました。

試写後にクイズ王たちに実施したアンケートによると、「この映画を観て、驚きましたか?」という質問に対し、約90%のクイズ王たちが「驚いた!」と回答。日本最高峰の“謎の解き手”たちをも驚愕させたようです!

映画情報どっとこむ ralph ≪クイズ王試写会 感想コメント一覧≫

◎大美賀祐貴さん(20代 男性/アタック25優勝)
物々しいタイトルに反して演出がコミカルでいい意味で裏切られた!
ミステリーに馴染みがない人にこそ見て欲しい!このタイトルでこの展開は読めない!

◎中村栄斗さん(20代 男性/高校生クイズ優勝 頭脳王準優勝)
葉村くん、明智さん、比留子の三角関係(?)が絶妙に表現されていて、すごくいいと思いました。
トリックの肝になる部分がワンカット・ワンシーンに過不足なくしこんであって、原作を想起させて良かったと思いました。原作既読者も視聴直前に読み返してくるとより一層楽しめると思いました。

◎高松慶さん(20代 男性/QuizKnock所属)
コミカルかつ本格! ドキドキと笑いの繰り返しが楽しい。密室ORアリバイでの動画企画頑張ってみます!
超楽しかったです。久々に原作を読み返したくなりました。

◎石野将樹さん(30代 男性/タイムショック21 アタック25優勝)
紫湛荘の中のつくりは原作通りという感じで、ミステリの舞台としてとてもよく出来ていると感じました。
映画は、原作よりもコミカルなシーンが多く、それでいて原作の魅力はそこなわれておらず、とても面白かったです。キャストやトレーラーを見てきた人たちは、映画館で予想を裏切られること間違いなしですね!

◎渡辺匠さん(40代 男性/THE クイズ神優勝)
ネタバレになるので詳しくは言えないけれど、原作を読んでいても読んでいなくても、絶対楽しめるよ。

◎池田宜史さん(40代 男性/アタック25年間チャンピオン)
キャスティング完璧です!映像化との相性がとても良い、最高のミステリーでした!
山田杏奈さん、超かわいい!

映画情報どっとこむ ralph 「屍人荘の殺人」

クイズ王たちも驚いた、衝撃の展開とトリックの連続!!

12月13日(金)、「面白いことが起きそうだ…!」

この冬一番のミステリーエンターテイメントに、是非ご期待ください!!

『屍人荘の殺人』

<ストーリー>
神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)は学内の事件を推理する自称【ホームズ】と【ワトソン】。しかし葉村はミステリー小説オタクなのに全く推理が当たらない万年助手。事件の匂いを嗅ぎつけては首を突っ込む会長の明智に振り回される日々を送っていた。

そんなある日、2人の前に剣崎比留子(浜辺美波)という謎の美人女子大生探偵が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。部員宛てに謎の脅迫状が届いたこと、去年の参加者の中に行方知れずの女子部員がいることを伝え、葉村と明智の興味をひく。

3人が向かった先は山奥に佇むペンション【紫湛荘(しじんそう)】。そこに次々と現れるクセモノだらけの宿泊者。しかし葉村たちは想像を絶する異常事態に巻き込まれ、立て篭りを余儀なくされる。
一夜が明け、ひとりの惨殺死体が発見される。
それは死因もトリックも全てが前代未聞の連続殺人の幕開けだった――

映画公式SNS
■『屍人荘の殺人』公式Twitter(『ミステリー愛好会』の会員を大募集中!)
@shijinsou_movie 

■スペシャルサイト『ようこそ屍人荘へ』 
yokoso-shijinsou.jp

***********************************

神木隆之介 浜辺美波
葉山奨之 矢本悠馬 佐久間由衣 山田杏奈 大関れいか 福本莉子
塚地武雅 ふせえり 池田鉄洋 古川雄輝 柄本時生
中村倫也
監督:木村ひさし 
脚本:蒔田光治 
原作:今村昌弘「屍人荘の殺人」(創元推理文庫刊)  
製作:「屍人荘の殺人」製作委員会 
製作プロダクション:東宝映画 ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:東宝 
©2019「屍人荘の殺人」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ