映画情報どっとこむ ralph 「64-ロクヨン-」「クライマーズ・ハイ」などで知られるミステリー界の巨匠・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)。警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の犯罪ミステリーが、ついに映画化!監督に『花戦さ』の篠原哲雄、主演に山崎まさよしを迎え、現在全国の劇場で公開中です!

この度、丸の内TOEIにて大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。舞台挨拶には主演の山崎まさよしさん、共演の北村匠海さん、そしてメガホンをとった篠原哲雄監督が登壇し、3人が姿を現すと溢れんばかりの拍手と大歓声が沸き起こりました。

2階席まで満員となった会場の観客を前に先行公開した群馬を始め、全国で大ヒットスタートを切れたことへの感謝の気持ちを3表しました!

『影踏み』大ヒット御礼舞台挨拶
日程:11月23日(土)
会場: 丸の内TOEI
登壇:山崎まさよし、北村匠海、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph 山崎さん:今日は本当に満員御礼で。あとで大入袋を貰おうかと思います!

と冒頭から山崎節全開のコメントで会場の笑いを誘いました。

篠原監督:ここ丸の内TOEIは日本の中でも古くからある映画館で、今日『影踏み』でここに立つことが出来て本当に嬉しいです。

と感慨深くコメント。
SNSに寄せられた映画観賞後の感想や何度も本作を見てもらっている人の存在について聞いて

北村さん:何回も見てくれている人がいるという事実だけで嬉しい。

と感謝を述べました。

また

山崎さん:ミュージシャン仲間からも映画を見たと言われたんですけど、存在感がすごい!って言われたんですけどなんだか照れくさかったですね(笑)

と話すと、

北村さん:今回はこれまで携わったことのある助監督の方から連絡をいただくことが多いですね!両親もまさよしさんのファンだからか気に入ってくれています。もちろん同世代の友達も見てくれていると思うんですけど、もっと上の世代に見てもらえることが嬉しく思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 2回目以降に映画を見る際のおすすめポイント

山崎さん:最初の久子(尾野真千子)と久能(滝藤賢一)が本屋でデートするシーンですね!よく見ると飾られている一つの絵をずっと同じ距離で見ている女性がいるんです。主題歌と劇伴を作る過程で何回も映画を見ていたんですけど、どのカットからも絶対そこから動かない人がいるんです!

とここでも山崎節を炸裂させ会場は大きな笑いで包まれました。

また11月22日(金)に生放送された「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(テレビ朝日)に山崎さんが書き下ろした主題歌「影踏み」を北村と2人で披露した話題になると、

北村さん:初めてMステに出演したんですけど、山崎さんと一緒ではなかったらいつあの場に立つことができたんだろうと思っていました。歌った後楽屋に戻ると手がびっくりするくらい震えてました(笑)家に帰って改めて放送を見返すと、“俺、まさよしさんの横にいるんだ。凄いことになっているな、北村くん”。

と自らの感想を話すと、すかさず

山崎さん:えらい客観的やな!

とツッコミも入れつつ

山崎さん:オーガスタキャンプでも北村くんとやったんですけど、映画あってこその歌なので僕一人じゃなくて北村君とやることに意味がある。

と熱くコメントした。

その後のお客様からの質問で、一番思い出に残っているシーンについて聞かれ

北村さん:火葬場のシーンです。自分の遺影を見ながら芝居をしたんですけど、笑うのが苦手で遺影も笑えてなくて…修一が忍び込みのプロ“ノビ師”になるための重要なシーンだったことも理由の一つです。

と回答しました。

篠原監督:確かにそこは修一にとって重要なシーンだったので、北村くんはプレッシャーを感じていたと思います。私はラストの丘のシーンですね。前の日まで重たいシーンばかりで天気も良くない日が続いていたんですけど、朝起きると空が抜けるほど晴れていて気持ち良かったです。修一が手が震える様子や涙ぐむところなど撮りながらこの映画は成功した!と感じた瞬間でした。

と本作への手ごたえを熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph イベント終盤に差し掛かると、本日11月23日(土)が“勤労感謝の日”であることと、映画の大ヒット“御礼”にかけて、会場に来たお客様に“感謝”を込めたプレゼント抽選会が実施された!山崎さん、北村さん、篠原監督のサイン入りポスターや原作本、発売中の山崎まさよしさんのNEWアルバム、さらに高崎OPAで展開中の「影踏み」POP UP SHOPで大人気のとなっている“山崎ダルマ”のミニチュアなど、ファンにはたまらない豪華な賞品が抽選で総勢19名にプレゼントされました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

北村さん:この映画を通して役者としてもアーティストとしても、とてもいい経験が出来ました。映画は見てくださる人がいて初めて完成するものだと思います。今後ともこの映画をよろしくお願いします。

と挨拶。

山崎さん:デビュー25周年を迎えることになったこのタイミングで『影踏み』に携われたことを本当に嬉しく思います。皆さん一人一人に好きな映画があると思います。この映画は最高の原作者・横山秀夫さん、最高の監督、最高の共演者の方々と作ることができ、僕が出せる力を最大限出した作品です。皆さんのフェイバリットになるといいなと思います!

と締め、舞台挨拶は大盛況で終了しました。

『影踏み』本ポスター

『影踏み』

Kagefumi-movie.jp

主人公・真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、まだ自分が逮捕された事と、あの時遭遇した事件に対しての疑惑を抱えていた。何故あの日の侵入がバレていたのか?そして、あの時侵入した家の寝室で夫を殺そうとしていた女(中村ゆり)の行方…。幼馴染みで恋仲の久子(尾野真千子)の制止を聞かずに、修一は相棒であり弟の啓二(北村匠海)と共に事件の真相を求め行動を開始する。しだいに事件と女の裏に潜むいくつもの影が浮かび上がっていく。ただ、事件の謎が解き明かされていくにつれ、修一自身が封印した20年前の悲劇もよみがえる…1つの事件が“過去”の事件を呼び醒すとき、修一、啓二、久子の止まったままの運命の歯車も再び動き出す!真実は、いったいどこにあるのか!?

***********************************

山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海
中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次
滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ
監督:篠原哲雄 脚本:菅野友恵 原作:横山秀夫(「影踏み」祥伝社文庫) 音楽:山崎将義
主題歌:「影踏み」山崎まさよし(EMI Records)
企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社 
製作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント 
エグゼクティブプロデューサー:千村良二 岡本東郎 
プロデューサー:松岡周作 
配給:東京テアトル   
©2019「影踏み」製作委員会  
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ