鶴瓶快挙!中国版アカデミー賞で最優秀男優賞・最優秀作品賞を『閉鎖病棟』でW受賞


映画情報どっとこむ ralph 笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟―それぞれの朝―』のタイトルで、2019年11月1日(金)より大ヒット上映中。

この度、本作が中国本土最大の映画祭である第28回金鶏百花映画奨(Golden Rooster & Hundred Flowers Film Festival)にて、外国映画部門で見事、最優秀男優賞と最優秀作品賞の2タイトルを受賞しました!
金鶏百花映画祭は、中国版アカデミー賞としても知られ、中国の映画業界関係者、製作者、そして一般の人々からの投票も含め大賞を決定。参加者約4万人規模の映画祭です。開催地は毎年変更され、今年は11月19日から23日まで、廈門(アモイ)にて開催されています。
外国映画部門の授賞式は本日11月22日に行われ、『閉鎖病棟―それぞれの朝―』からは平山秀幸監督、三宅はるえプロデューサーが出席しました。

見事最優秀男優賞を受賞し

笑福亭鶴瓶さん;本当にみんなが望んでいた作品だったものですから、僕が皆さんの代わりに受賞したということで非常に光栄に思います。特に文化の違う中国で選んでいただいたのはありがたいです。

と受賞についての思いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

原作の『閉鎖病棟』は95年に発売され、丸善お茶の水店に掲げられた「感動のあまりむせび泣きました…」というPOPが起爆剤となり、累計100万部に迫る大ベストセラーとなっています。
  主演は国民的落語家・。死刑囚でありながら、刑の執行が失敗し今は精神科病棟にいる秀丸役を演じ、『ディア・ドクター』以来10年ぶりの主演を務めています。また、秀丸と心を通わせる患者・チュウさん役で『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』の綾野剛、DVを受け精神科病院に入院する女子高生・由紀役で『渇き。』『恋は雨上がりのように』の小松菜奈が迫真の演技を見せています。精神科病棟を舞台に、“死にぞこない”が出逢った、心通いあう仲間。その矢先に起きた事件に隠された事実とは―――。生きづらさを抱える人々に贈る「優しさ」が、現代に一石を投じるヒューマンドラマにご期待ください。
『閉鎖病棟―それぞれの朝―』ポスター 【STORY】 
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは―――?

***********************************


公開日:2019年11月1日(金)公開  ※PG-12
キャスト:笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈
坂東龍汰 平岩紙 綾田俊樹 森下能幸 水澤紳吾 駒木根隆介 大窪人衛 北村早樹子
大方斐紗子 村木仁 / 片岡礼子 山中崇 根岸季衣 ベンガル
高橋和也 木野花 渋川清彦 小林聡美

原作:帚木蓬生『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)

監督・脚本:平山秀幸
配給:東映 
©2019「閉鎖病棟」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ