斎藤工「ある意味『ジョーカー』を超えた復讐劇!」『MANRIKI』公開直前イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、11月29日(金)公開の映画『MANRIKI』。

その公開直前イベントFRIDAY+TOKYO×映画『MANRIKI』のコラボイベント、題して「MANRIKI NIGHT」という名のもと、主演の斎藤工をはじめ、永野、SWAY、清水康彦監督が登場。

SNSフォロワー10,000人いかないと公開中止キャンペーンの達成による公開決定宣言をし、公開を直前に控えた想いや、撮影、キャンペーンの裏話などを包み隠さず披露しました。
映画『MANRIKI』公開直前イベント
日時:11 月 22 日(金)
場所: PLUSTOKYO
登壇:斎藤工 永野 SWAY 清水康彦監督
映画情報どっとこむ ralph 斎藤さん:ある意味、今の日本映画に対しての復讐心に燃えた映画となりました!

と満足げ。一方で永野さんは、本イベントのMCを務める後輩芸人のパーティ内山さんをいじり倒し、

斎藤さん:挨拶の前に徹底的に詰めるね(笑)

と突っ込まれるシーンも。
MCから「チーム万力」について聞かれ

斎藤さん:“チーム万力”とは、この作品を成立させるために作られたチームです。永野さんを中心に、永野さんの世界観を本質を理解している監督、金子ノブアキ、僕、そして半強制的に入れられたSWAYのみんなでやってます。

と説明。
続いて企画・プロデュースだけでなく原作も担当した永野さんは、自身の脳内を映像化するというプロジェクトについて、

永野さん:(本作は)もともと小顔矯正サスペンスで進めたんですが、映画化までたどり着かなくて、色々あって3年くらいかかったんですが、最初の小顔矯正という話からどんどん自分自身の深層心理のような方向性に堀下がっていって。そんな時に工君はあえてノータッチで僕の世界に信頼を置いて好きにやらせてくれて、その上で外側へ向けて舵を切ってくれて。映画完成までいろいろ動いて、妥協しなくていい!という環境を作ってくれました。
と政策の裏側を語る。

また実際出来上がった本作を観て

斎藤さん:『鉄男』や『ネオン・デーモン』とかいろいろな意見があるんですが、そういう独特のオリジナリティを醸し出している映像となったのも、監督と永野さんの鬱屈した思いを全部作品に込めて、作品自体が「復讐劇」というような作品になり、ある意味『ジョーカー』を超えたものになったと思います!

と熱い思いを述べた。
“チーム万力”の印象を聞かれ

SWAYさん:パッと見ただけでも同じジャンルの人が誰一人いなくて、全然違う村の人たちが1個に集まったような。みんなそれぞれ好き勝手に走っちゃってる中のが“チーム万力”で、そんなチームで1つの作品が出来上がっていることがとんでもないミラクルをふんだんに持ったチームだと思います。プロの集団のようで、すごいマニアックなことをやっているのが“チーム万力”のパワーだと思います!!
と興奮気味に話した。それを聞いて

斎藤さん:映画を観ると分かると思うんですが、この“チーム万力”にSWAYさんがいることがどれだけ重要か、本当に分かると思います。路地裏テイストなジメっとした4人にとって、太陽のような存在なんです。

と話す。また

清水監督:永野さんの才能は映画になるはず!というところからはじめて、その世界観をどのように映画したらいかということを考えました。その後ずっと2人でLINEをして、でもずっとやり取りをしていると「もう映画ならないんじゃないか?って駄目になる時もあって、そんな時は工くんが諦めないで頑張ろう!と鼓舞してくれたり。さらに3人(斎藤・永野・清水)の心が折れそうになったら、今度は金子くんが曲だけもう完成させてくれたりして。で、こんな疲れ切ったじめじめな4人に対してSWAYくんが爽やかに「お願いします!って入ってきてくれたおかげでまたパワーをもらったりして、本当にこのメンバーは必要だったなと思います。
と、“チーム万力”愛を熱弁。

映画情報どっとこむ ralph 映画公開をかけた「公式SNSフォロワー10,000人いかなかったら公開中止」キャンペーンをしていた本作。

ついにこの度10,000人を突破!
公開決定を記念して、鏡割りを決行!「よいしょ!よいしょ!よいしょ!」の掛け声で、4人が一斉に酒樽を割り、斎藤は「ぜひ皆さん飲んでいってください。この後別の取材があったとて…!」とマスコミに勧める一面も。すかさず永野が、「次の現場でホンネ言っちゃってくださいよ!やってらんないっしょ!」というと会場は大爆笑。
鏡割りの後、最後に・・・

清水監督:こんなに報道の方が来ていただいて、親に自慢できます。

と喜びを語った。

SWAYさん:無事公開が決まって嬉しです。僕自身、公開前にたくさんの事件がおきる作品は初めてて、すでに公開されてるんじゃないかってくらい存在感のある作品でした。たくさんの人に観てももらいたいので、1人1人の力が必要です。観たら5人以上の人におすすめしないと「MANRIKIの呪い」にかかるとか、噂で聞いたので・・・(笑)宜しくお願い致します。

とジョークを交えながらコメント。

永野さん:えらそうですが、自分ってこういう人間だ!っていこうことを込めた作品です。エンタテインメントの作品が溢れている中で、ある種後ろ指さされるような、ここまで格好をつけている映画はなかなかないので、ぜひ観てください!

と本作に込めた思いを語った。

斎藤さん:今の映画界でこの企画書が受理されなかった3年感で、日本はこんなにも自由で不自由なんだと痛感しました。でもそういった圧のおかげで、破裂するようなパッションもこの映画に同時に宿ったと思います。たった1本の映画ですが、映画業界に大きな大きな一石を投じたと思うので、ぜひこのMANRIKIを体感してください!

とコメントし、本イベントは幕を閉じました。
映画情報どっとこむ ralph 映画『MANRIKI』

11月29日(金) シネマート新宿ほか全国順次公開

俳優のみならず、映画プロデューサーや監督などクリエイターとしても注目を集める斎藤工(齊藤工名義で企画・プロデュース)と、その独特の世界観で個性を放つ芸人・永野、さらにミュージシャン、俳優、音楽プロデューサーなど幅広く活躍する金子ノブアキ、映像クリエイター清水康彦が集い動き出したプロジェクト“チーム万力”の長編映画『MANRIKI』。本作は永野の原案・原作に、斎藤工、監督・清水のクリエイティブエッセンスが詰め込まれ、さらに金子が担当した劇中音楽も加わり、独創的な映像で、常識的観念にとらわれず自由なクリエイティブを実現した意欲作となっております。

***********************************


企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野
主演:斎藤工
出演:永野 金子ノブアキ SWAY 小池樹里杏 / 神野三鈴 他

音楽監督:金子ノブアキ
監督・脚本・編集:清水康彦

制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA / 東映ビデオ

©2019 MANRIKI Film Partners
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ