NMB48の藤江れいな1日限定の舞台挨拶付上映決定「ワールドオブザ体育館」


NMB48の藤江れいな主演×勝又悠監督作品で、10月18日より公開となる『いつかの、玄関たちと、』の

スピンオフ短編「ワールドオブザ体育館」

が本編公開前にWEB映画館「FunTheater(ファンシアター)」で6月30日公開から決定しました。

WEB映画館「FunTheater(ファンシアター)」:http://funtheater.jp/

そして、この公開を記念して、1日限定の舞台挨拶付上映が決定したそうです!

ワールドオブザ体育館
<藤江れいな主演「ワールドオブザ体育館」一日限定上映>

日時:7月13日(日)18:00〜19:30(17:45開場)
場所:シネマートホール(六本木/定員123席)
ゲスト:藤江れいな(NMB48)、森田哲矢(さらば青春の光)、勝又悠監督 他予定

同時上映:短編映画「Do you think about me?」「いつかの、玄関たちと」予告篇など
料金:2000円(税込)※限定ポストカードセット付
※チケットぴあにて6月28日(土)朝10時から一般発売スタート
  (Pコード:553-238)

ワールドオブザ体育館2
「ワールドオブザ体育館」ストーリー

ワールドオブザ体育館3美しい木々に囲まれた町。神奈川県下村。この町には小学校や中学校はあっても、高校がない。高校へ通うためには、バスに乗らなければならない。渇いたチャイムが鳴る。山奥にそびえたつ、北足柄高校。

次の日に卒業式を控えた、大塚あやめ(18)は目を覚ます。しかし、あやめの目にしたものは、変わり果てた体育館の風景だった。無造作に設置されたピアノ、規律正しく並んだベッド、スポットライトが当たったステージ、殺風景ないつもの体育館と別物の体育館。現実なのか夢なのか、見当もつかない、日常とは切り離されたその空間が、あやめを少しだけ大人にする。

いつもいつもひんやりと冷たかった体育館。これは高校生活という世界の終焉。輝かしい過去に向けた惜別の言葉たちが、舞う。ショパンの「ノクターン」よりも相応しい、煌びやかな光たちに囲まれて、一人きりの卒業式が、今、始まる。

********************************************************************


◆「ワールドオブザ体育館」6月30日より
  WEB映画館「FunTheater」にて限定公開

そして本編!
◆「いつかの、玄関たちと、」10月18日より
いつかの、玄関たちと、 
10月18日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開です。

公式HP:http://itsugen.jp

【キャスト】
藤江れいな 
橘麦 
木下ほうか 
山村美智 
勝尾麻結奈
 
五十嵐康陽 森田哲矢(さらば青春の光)円城寺あや 松尾貴史 阿藤快 松原智恵子


【スタッフ】
監督・脚本:勝又悠 プロデューサー:中村勇介 
撮影:古屋幸一 録音:小牧将人 照明:酒井隆英 
美術:渡辺麗子 スタイリスト:部坂尚吾 
助監督:渡辺裕也 ヘアメイク:深山健太郎 
スチール:福田晃弘 車両:蓮本剛 
ラインプロデューサー:藤岡晋介 編集:澤井祐美 
音楽:松本龍之介 キャスティング協力:林芙結子
アシスタントプロデューサー:川邊健吾 
制作プロダクション:STROBO RUSH 
製作:株式会社ファンステージ 
配給:アルゴ・ピクチャーズ
(2014/カラー/94分) 


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ