安達祐実の可愛さに、ゾンビメロメロ!『ゾンビランド:ダブルタップ』公開記念イベント


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日(金)より劇場公開となることを記念して、本日11月14日(木)、アンチエイジングの日に山野美容専門学校で、イベントが開催された。本イベントには日本語吹替版でマディソン役を担当する安達祐実、ゾンビのように復活する“ゾンビ芸人”として知られる小島よしおが登壇。ゾンビメイクを施した山野美容専門学校の約70名の学生を前にトークショーを行ないました!
開催日:11月14日(木)
場所:山野美容専門学校
登壇:安達祐実、小島よしお

映画情報どっとこむ ralph 劇中で“年齢不詳のピンクギャル”ことマディソンを演じる安達は、キャラクターにちなんだピンクの衣裳で登場。

安達さんが登場すると、ゾンビメイクをした約70名の学生から「かわいい!」という黄色い声援が飛んだ。

大勢のゾンビに待ち構えられて

安達さん:逃げなくちゃと思って、ちょっとドキドキします(笑)

と驚いた様子。
それでも会場に集まった学生たちに向けて、
安達さん:ゾンビのクオリティが高くてびっくりしました。怖いけど、可愛いですね。

とコメントし、笑顔を見せた。

MCから本作への出演オファーが来た時のことについて聞かれると、

安達さん:ハリウッド映画の吹替えを担当するのは初めてだったので、不安もあったんですが、すごく面白い映画だったので、“是非やらせていただきます!”と言わせていただきました。

と振り返る。

安達さんが演じるマディソンは、スイーツ店の冷凍庫の中でゾンビから10年間隠れて生き抜いてきたというキャラクターだが、

安達さん:ギャルだった時期がないので、少し不安もありました。

と役作りで感じたという不安を吐露する場面も。そして吹替えをすることの難しさは

安達さん:他人の動きに自分の声をのせること。

と語る安達だが、本編ではすっかりギャルになりきってセクシーでキュートなキャラクターを演じきっている。



またこの日は、ゾンビのように復活する「ゾンビ芸人」として知られる小島よしおもゾンビメイクをしてイベントに参戦!!

会場は大盛り上がり。リズムに乗せて、お馴染みの“そんなの関係ねぇ”を披露し、


小島さん:はいっ、ゾンパッピー!
と締めくくると、大きな拍手が送られた。これまで何度か特殊メイクをした経験があるという小島さんだが、今回のゾンビメイクは

小島さん:なんといってポイントは目!コンタクトを入れているんですが、ここまで本格的なメイクをしたのは初めてです」とポイントを解説。クオリティの高いゾンビメイクに安達も「やっぱりコンタクトがすごいですね!びっくりしました。

と小島のゾンビメイク姿に興味津々だった。

続いて、イベントではゾンビメイクをして登場した小島さんをアンチエイジングの日にちなみ、“ゾン美”に変身させるため、安達さんの手で特別にメイクを施すことに。
小島さん:安達さんにメイクをしてもらえるなんて光栄なことです

と緊張気味の小島さんに、安達さんが次々とメイクを施し完成すると、会場に集まった学生からは「かわいい!」と絶賛の声が。

鏡でメイク後の姿を見て

小島さん:本当だ!かわいい!ゾンビだけど、生き返った感じがする!

と大興奮。
安達さんもは小島さんと学生の高評価に、満足そうな笑みを浮かべていた。

さらに映画の劇中に登場する“ゾンビ社会を生き抜くためのルール”にちなんで“芸能界を明るく楽しく生き抜くためのルール”についての話題になると、

小島さん:それは僕、本当に教えて欲しいです!
と前のめりに。

安達さん:飾らずに素直でいることだと思います。

と答えると、小島さんは大きくうなずいていた。
一方の

小島さん:目の前のことを一生懸命して、努力を忘れずに常にチャレンジすることです。

と普段の芸能生活で心掛けていることを明かした。

最後に、本作の魅力を

安達さん:私が演じるマディソンは可愛くて魅力的なキャラクターです。そして『ゾンビランド』はゾンビ映画なので、もちろんハラハラドキドキする部分もありますが、見終わった後にスッキリ爽快感も持って楽しんでいただける映画になっていると思います。⾊々な方に観ていただけると嬉しいです!

とアピールして、イベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 『ゾンビランド:ダブルタップ』

公式サイト:
http://www.zombie-land.jp/

公式Twitter:
@SPEeiga

#ゾンビランド

Little Rock (Abigail Breslin), Wichita (Emma Stone), Tallahassee (Woody Harrelson) and Columbus (Jesse Eisenberg) in Columbia Pictures' ZOMBIELAND 2: DOUBLE TAP. 2009年、爆発的なウィルス感染により地球上の人類がゾンビと化す中、4人の生存者であるコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)は仲間と共に、明るく楽しく、支え合ったり裏切ったりしながら、かれこれ10年もゾンビ社会を生き抜いていた。そう、生き残るための秘訣は――コロンバスが作り上げた「生き残るための32のルール」。

そして2019年、地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはパワーもスピードもレベルアップした“新種”として進化を遂げていた!どうやら同じく生き残ってきたギャル(ゾーイ・ドゥイッチ)も
参戦し、“ルールさえ守れば何でもアリ!”な人たちが、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく!

***********************************

全⽶公開:10 月18 日
監督:ルーベン・フライシャー(『ヴェノム』『ゾンビランド』)
脚本:レット・リース&ポール・ワーニック(『デッドプール』)、デイヴ・カラハム

出演:ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)、ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)、
エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)、アビゲイル・ブレスリン(『リトル・ミス・サンシャイン』)、ゾーイ・ドゥイッチ
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ