「新藤兼人賞」2019

新藤兼人賞2019 最終ノミネーション監督13名が決定!


映画情報どっとこむ ralph 協同組合 日本映画製作者協会は、今年度公開作品の中から将来性のある新人監督を選出し、『新藤兼人賞』金賞・銀賞を贈ります。2019年度は、230作品が選考対象となり、ノミネーション監督13名が決定しました。

本年24回目を迎える本賞は、歴代受賞者のその後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と新人監督の登竜門として高く評価されるようになりました。

ノミネートされた13名の中から11月25日(月)に金賞と銀賞が決定します。

受賞者には、正賞として故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィー副賞として、金賞には賞金50万円、銀賞には賞金25万円が贈呈されます。授賞式は、12月6日(金)正午より如水会館オリオンルームにて開催の予定です。

≪ノミネート監督と作品≫ ※順不同
(監督)甲斐さやか 『赤い雪 Red Snow』
(監督)照屋年之 『洗骨』
(監督)片山慎三 『岬の兄妹』
(監督)鶴岡慧子 『まく子』
(監督)山崎 裕 『柄本家のゴトー』
(監督)奥山大史 『僕はイエス様が嫌い』
(監督)穐山茉由 『月極オトコトモダチ』
(監督)長久 允 『ウィーアーリトルゾンビーズ』
(監督)村上浩康 『東京干潟』/『蟹の惑星』
(監督)田中征爾 『メランコリック』
(監督)オダギリジョー 『ある船頭の話』
(監督)真利子哲也 『宮本から君へ』
(監督)箱田優子 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

映画情報どっとこむ ralph ≪新藤兼人賞2019年度審査員≫
審査員長:孫家邦(株式会社リトルモア)
審査員:宇田川寧(株式会社ダブ)、松田広子(株式会社オフィス・シロウズ)、山上徹二郎(株式会社シグロ)、山本章(株式会社ジャンゴフィルム)

「新藤兼人賞」2019
WEB:
https://www.nitieikyo.com/  

新藤兼人賞web site:
https://www.nitieikyo.com/shindokanetoawards

TW:
https://twitter.com/nichieikyo
***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ