「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」笑福亭鶴瓶登壇

笑福亭鶴瓶 2回目も素晴らしいと太鼓判!熊手で更なる『閉鎖病棟―それぞれの朝―』ヒット祈願!


映画情報どっとこむ ralph 全国公開中の『閉鎖病棟―それぞれの朝―』。

この度、公開から一週間たち、その大ヒットを記念して主演の笑福亭鶴瓶師匠がイベントに登場。
周りからの反響や、公開後だから語れる映画の深い裏話を平山秀幸と共に語っていただきました。また、11月8日は酉の市ということで、熊手を手に“更なるヒット”を祈願しました。
「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」笑福亭鶴瓶登壇
日程:11月8日(金)
場所:丸の内TOEI
登壇:笑福亭鶴瓶、平山秀幸監督

映画情報どっとこむ ralph 平日の朝の上映回にもかかわらず、2階席までお客さんで埋め尽くされており、登壇した2人は感激の表情を浮かべた。
本作で10年振りの主演を努め、死にそこなった元死刑囚、梶木秀丸役を演じた笑福亭鶴瓶は、落語会で小倉を訪れた際に、北九州の劇場にお忍びで足を運んだというエピソードを明かし、会場を驚かせた。また、その際に本作の2度目の鑑賞を果たし

鶴瓶師匠:二回目ですけど、いいですね。感情変わりますね。

と、一度目の鑑賞からの心境の変化があったと語った。つづいて、帚木蓬生の原作と出会ってから、11年かけて念願の映画化を果たし

平山秀幸監督:自分の頭の中だけでずっと考えていた企画が、鶴瓶さんを迎えて大きく動き出し、この時間を迎えられてありがとうございました!

と公開を迎えての心境を吐露した。


公開から1週間経ち、周囲の人から多くの反響をもらったという鶴瓶師匠。

鶴瓶師匠:業界の方も多くみてくださっている。

とし、久米宏さん、古舘伊知郎さんなど大御所の名前が挙がった。

鶴瓶師匠:映画好きな人が観てくれて、こっちが忘れていることまで気付かせてくれます。

と、感想をもらって思い出す感情や新たな発見があったことを嬉々として語った。

鶴瓶師匠の名演が話題になっていることに触れられると、

鶴瓶師匠:平山さんに言われた通りやっているだけや。

と謙遜。本作の撮影にあたり、平山監督からのオーダーで、2週間という短い期間で7キロの減量をして

鶴瓶師匠:今でもサランラップを巻いている。癖になってしまって・・・

とし、監督からの要望に応える“俳優・鶴瓶”としてのプロ意識の高さがうかがえた。

映画情報どっとこむ ralph 本作の舞台となったのは、長野県・小諸。
本物の精神科病棟の一部施設を借りて撮影したため、別のフロアには入院している患者さんもおり、撮影期間中に交流もあったそう。特に綾野剛さんが交流を深めていたようで、入院患者の中学3年生の少年が、平山監督が長野県で凱旋舞台挨拶を行った際に、会場に来てくれたというエピソードが語りました。

平山監督:上映後に、(少年から)「良い映画をありがとうございました」と言われて、グッときました。

とし、こみ上げる思いがあったことを明かした。

本作が中国アカデミー賞と言われる金鶏百花映画賞の外国語映画部門にノミネートされたことに触れ、

鶴瓶師匠:日本の映画を観る目は厳しいでしょ。そこで選ばれるのはすごい。良い映画、作りはりましたで。

と監督を称えながら、本作の感動が国境を越えて広まったことに感激の表情を浮かべた。ここで鶴瓶師匠から、本イベントのMCを務めた元フジテレビアナウンサーの笠井信輔さんに

鶴瓶師匠:(映画について)どない思ってんの?どこがええの?

と、ふると・・・・

笠井さん:非常にしんどい物語です。しかし、観終わった後になんて素晴らしい映画だと思える、その転換がすばらしい。

と本作の感想を答えると、

鶴瓶師匠:これから観るお客さんを前に、最初にしんどいってなんやねん(笑)!!

とツッコミ、会場の笑いを誘った。


映画情報どっとこむ ralph ここで来場した観客へ抽選でのプレゼント企画が行われた。

鶴瓶師匠が演じた秀丸は、陶芸が得意という設定であったため、練習のため実際に作ったという壷がプレゼントとして登場した。この壷は秀丸の作品の一つとして、本編にも映っている一点もの。作った本人である鶴瓶師匠は、
「閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー」笑福亭鶴瓶登壇 鶴瓶師匠:こんなんいらんやろ

と言うが、会場からは大きな拍手が起こり、これには鶴瓶師匠も思わず照れ笑い。


イベントが行われた11月8日は商売繁盛を願うとされる酉の市。
それにちなんで、“幸運金運をかきこむ縁起物”とされる熊手が登場。
鶴瓶が拍子木をうちあわせて、本作の更なるヒットを願った。

最後に、またお忍びで劇場に観に行くとし、

「全国行きますから。こんなん珍しいですけど、2回目も素晴らしいんですよ。皆さんも2回目もみてください。良い映画なので!

と本作への溢れる作品愛を語り、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

因に、来週12日(火)19時~、渋谷TOEIにて渋川清彦、山中崇、平山秀幸監督が登壇するトークイベントが行われる予定です。

映画情報どっとこむ ralph 『閉鎖病棟―それぞれの朝―』

2019年11月1日(金)公開 全国ロードショー

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』ポスター
【STORY】
長野県のとある精神科病院。それぞれの過去を背負った患者たちがいる。母親や嫁を殺めた罪で死刑となりながら、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭鶴瓶)。サラリーマンだったが幻聴が聴こえ暴れ出すようになり、妹夫婦から疎んじられているチュウさん(綾野剛)。不登校が原因で通院してくる女子高生、由紀(小松菜奈)。彼らは家族や世間から遠ざけられても、明るく生きようとしていた。そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こった。加害者は秀丸。彼を犯行に駆り立てた理由とは―――?

***********************************

キャスト:笑福亭鶴瓶 綾野剛 小松菜奈
坂東龍汰 平岩紙 綾田俊樹 森下能幸 水澤紳吾 駒木根隆介 大窪人衛 北村早樹子
大方斐紗子 村木仁 / 片岡礼子 山中崇 根岸季衣 ベンガル
高橋和也 木野花 渋川清彦 小林聡美
※PG-12
原作:帚木蓬生『閉鎖病棟』(新潮文庫刊)
監督・脚本:平山秀幸
配給:東映
2019「閉鎖病棟」製作委員会
    
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ